グラフ

グラフの凡例やデータ テーブルの表示/非表示を切り替える

グラフの凡例やデータ テーブルの表示/非表示を切り替える

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

グラフを作成すると凡例が既定で表示されますが、この凡例はグラフの作成後に非表示にしたり、位置を変更したりできます。

また、折れ線グラフ、面グラフ、縦棒グラフ、横棒グラフでは、データ テーブルを表示することもできます。データ テーブルはグラフ下部のグリッドであり、グラフに存在する値が表示されます。データ テーブルには凡例マーカーを含めることもできます。

凡例の表示と非表示を切り替える

  1. 凡例の表示と非表示を切り替えるグラフをクリックします。

  2. グラフの横にあるプラス記号をクリックします。[グラフ要素] メニューが表示されます。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • 凡例を非表示にするは、[凡例] チェック ボックスをオフにします。

      ヒント: グラフから凡例または凡例文字列をすばやく削除するには、凡例または凡例文字列を選び、Del キーを押します。 凡例または凡例文字列を右クリックし、[削除] をクリックすることもできます。

    • 凡例を表示するには、[凡例] チェック ボックスをオンにした後、[凡例] の横にある矢印をクリックします。リストからオプションを選びます。

      場所を選ぶ

      注: 表示オプションの 1 つをクリックすると、凡例が移動し、それに合わせてプロット エリアが自動的に調整されます。マウスを使用して凡例を移動およびサイズ変更した場合は、プロット エリアの自動調整は行われません。

    • その他のオプションを使用する場合は、[その他のオプション] をクリックし、[凡例の書式設定] ウィンドウで使う表示オプションを選びます。

      ヒント: 既定では、凡例はグラフに重ならないように表示されます。スペースの制約がある場合、[凡例をグラフに重ねずに表示する] チェック ボックスをオフにして、グラフのサイズを小さくできます。

ページの先頭へ

データ テーブルの表示と非表示を切り替える

  1. データ テーブルを表示または非表示にする折れ線グラフ、面グラフ、縦棒グラフ、または横棒グラフの内部をクリックします。これにより、[グラフ ツール] が表示されます。

  2. [デザイン] タブの [グラフのレイアウト] グループで、[クイック レイアウト] の横にある矢印をクリックし、[グラフ 5] をクリックします。グラフにデータ テーブルが表示されます。

    データ テーブルを削除するには、[デザイン] タブの [グラフのレイアウト] グループで、[クイック レイアウト] の横にある矢印をクリックし、データ テーブルのないレイアウトを選びます。

    ヒント: グラフからデータ テーブルをすばやく削除するには、データ テーブルを選び、Del キーを押します。データ テーブルを右クリックし、[削除] をクリックして削除することもできます。

    注: 横棒グラフおよび日付軸が表示されるグラフでは、データ テーブルはグラフの横軸には表示されず、軸の下に配置されて、グラフに位置合わせされます。

ページの先頭へ

凡例の表示と非表示を切り替える

  1. 凡例の表示と非表示を切り替えるグラフをクリックします。

    [グラフ ツール] が表示され、[デザイン]、[レイアウト]、[書式] の各タブが表示されます。

  2. [レイアウト] タブの [ラベル] で [凡例] をクリックします。

    Excel のリボン イメージ

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • 凡例を非表示にするには、[なし] をクリックします。

      ヒント: グラフから凡例または凡例文字列をすばやく削除するには、凡例または凡例文字列を選び、Del キーを押します。 凡例または凡例文字列を右クリックし、[削除] をクリックすることもできます。

    • 凡例を表示するには、使用する表示オプションをクリックします。

      注: 表示オプションの 1 つをクリックすると、凡例が移動し、それに合わせてプロット エリアが自動的に調整されます。マウスを使用して凡例を移動およびサイズ変更した場合は、プロット エリアの自動調整は行われません。

    • その他のオプションを使用する場合は、[その他の凡例オプション] をクリックし、使用する表示オプションを選びます。

      ヒント: 既定では、凡例はグラフに重ならないように表示されます。スペースの制約がある場合、[凡例をグラフに重ねずに表示する] チェック ボックスをオフにして、グラフのサイズを小さくできます。

ページの先頭へ

データ テーブルの表示と非表示を切り替える

  1. データ テーブルを表示または非表示にする折れ線グラフ、面グラフ、縦棒グラフ、または横棒グラフをクリックします。

    [グラフ ツール] が表示され、[デザイン]、[レイアウト]、[書式] の各タブが表示されます。

  2. [レイアウト] タブの [ラベル] で [データ テーブル] をクリックします。

    Excel のリボン イメージ

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • データ テーブルを表示するには、[データ テーブルの表示] または [凡例マーカー付きでデータ テーブルを表示] をクリックします。

    • データ テーブルを非表示にするには、[なし] をクリックします。

      ヒント: グラフからデータ テーブルをすばやく削除するには、データ テーブルを選び、Del キーを押します。データ テーブルを右クリックし、[削除] をクリックして削除することもできます。

    • その他のオプションを使用する場合は、[その他のデータ テーブル オプション] をクリックし、使用する表示オプションを選びます。

      ヒント: グラフに既に凡例が表示されている場合は、[凡例マーカーを表示する] チェック ボックスをオフにできます。

注: 横棒グラフおよび日付軸が表示されるグラフでは、データ テーブルはグラフの横軸には表示されず、軸の下に配置されて、グラフに位置合わせされます。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×