グラフのレイアウトやスタイルを変更する

グラフを作成した後で、その外観を変更できます。さまざまな書式を手動で設定しなくて済むように、Microsoft Office Excel には、定義済みの便利なクイック レイアウトやクイック スタイルが多数用意されており、それらをグラフに適用できます。その後で、個々のグラフ要素のレイアウトと書式スタイルを手動で変更すると、レイアウトやスタイルをさらにカスタマイズできます。

カスタムのレイアウトや書式を保存することはできませんが、そのグラフをグラフ テンプレートとして保存すると、カスタムのレイアウトや書式を再利用できます。

重要です   次の手順を実行するには、既存のグラフが必要です。グラフを作成する方法の詳細については、最初から最後までグラフを作成するを参照してください。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

定義済みのグラフのレイアウトを選択します。

定義済みのグラフのスタイルを選ぶ

グラフ要素のレイアウトを手動で変更します。

グラフ要素の書式を手動で変更します。

グラフをグラフ テンプレートとして保存します。

定義済みのグラフのレイアウトを選択する

  1. 書式を設定するグラフをクリックします。

    [グラフ ツール] が表示され、[デザイン]、[レイアウト]、および [書式] の各タブが表示されます。

  2. [デザイン] タブの [グラフのレイアウト] で、使用するグラフの書式をクリックします。

    リボン イメージ

    メモ   Excel のウィンドウを縮小と、グラフのレイアウトがグラフのレイアウト] の [クイック レイアウト] でに利用できるようです。

    ヒント:    使用できるレイアウトをすべて表示するには、[その他] をクリックします。 ボタンの画像

ページの先頭へ

定義済みのグラフのスタイルを選択する

  1. 書式を設定するグラフをクリックします。

    [グラフ ツール] が表示され、[デザイン]、[レイアウト]、および [書式] の各タブが表示されます。

  2. [デザイン] タブの [グラフのスタイル] で、使用するグラフのスタイルをクリックします。

    ヒント:    定義済みのグラフの書式をすべて表示するには、[その他] をクリックします。 ボタンの画像

    リボン イメージ

    メモ   Excel ウィンドウのサイズを縮小と、グラフのスタイル] がグラフのスタイル] のグラフ クイック スタイルギャラリーでに利用できるようです。

ヒント   グラフのスタイル] では、現在のブックに適用されているドキュメント テーマの色を使用します。色を変更するには、別のドキュメントのテーマに切り替えます。希望する正確な色にグラフを表示するドキュメントのテーマをカスタマイズすることもできます。

ページの先頭へ

グラフの要素のレイアウトを手動で変更する

  1. グラフ上の任意の場所をクリックするか、または変更するグラフの要素をクリックします。

    [グラフ ツール] が表示され、[デザイン]、[レイアウト]、および [書式] の各タブが表示されます。

  2. [レイアウト] タブで、次の 1 つ以上の操作を行います。

    • [ラベル] で、変更するグラフのラベルのレイアウト オプションをクリックします。

      リボン イメージ

    • [] で、変更する軸または目盛線のレイアウト オプションをクリックします。

      リボン イメージ

    • [背景] で、変更する背景のレイアウト オプションをクリックします。

      グラフの壁面、床面、および 3-D 回転のオプションは、3-D グラフでのみ使用できます。

      リボン イメージ

    • [分析] で、追加または変更する線または棒のレイアウト オプションをクリックします。

      使用しているグラフの種類に応じて、使用できる分析オプションは一部異なる場合があります。

  3. メモ   選択したレイアウトのオプションは、選択した要素に適用されます。たとえば、グラフ全体が選択されている場合は、データ ラベルはすべてのデータ系列に適用します。選択されている 1 つのデータ ポイントを使う場合、データ ラベルは選択したデータ系列やデータ ポイントにのみ適用されます。

ヒント    

  • [レイアウト] タブの [挿入] で、図、図形、またはテキスト ボックスを追加することもできます。また、同じタブの [プロパティ] では、グラフの名前を変更することもできます。

  • 特定のグラフ要素の書式を変更するには、グラフ要素を右クリックし、[<グラフ要素> の書式設定] をクリックします。

ページの先頭へ

グラフの要素の書式スタイルを手動で変更する

  1. 変更するグラフ要素をクリックするか、次の操作を行ってグラフ要素の一覧から要素を選択します。

    1. グラフをクリックします。

      [グラフ ツール] が表示され、[デザイン]、[レイアウト]、[書式] の各タブが表示されます。

    2. [書式] タブの [現在の選択範囲] で、[グラフの要素] ボックスの矢印をクリックし、書式スタイルを変更するグラフの要素をクリックします。

      リボンの画像

  2. [書式] タブで、次のいずれかの操作を行います。

    1. [現在の選択範囲] で [選択対象の書式設定] をクリックし、[<グラフ要素> の書式設定] ダイアログ ボックスで目的の書式のオプションを選択します。

    2. 図形のスタイル] では、その他] ボタン ボタンの画像 をクリックし、スタイルを選択します。

      Excel のリボン イメージ

    3. [図形のスタイル] で、[図形の塗りつぶし]、[図形の枠線]、または [図形の効果] をクリックして、目的の書式のオプションを選択します。

    4. [ワードアートのスタイル] で、ワードアートのスタイルのオプションをクリックするか、[文字の塗りつぶし]、[文字の輪郭]、または [文字の効果] をクリックして、目的の書式のオプションを選択します。

ヒント   特定のグラフ要素の書式設定を変更するには、そのグラフの要素を右クリックし、[ < グラフ要素 > の書式設定] をクリックできます。

ページの先頭へ

グラフをグラフ テンプレートとして保存する

作成したグラフと似たグラフを作成する必要がある場合は、そのグラフをテンプレートとして保存すると、同様のグラフを作成するときの基礎として使用できます。

  1. テンプレートとして保存するグラフをクリックします。

    [グラフ ツール] が表示され、[デザイン]、[レイアウト]、および [書式] の各タブが表示されます。

  2. [デザイン] タブの [種類] で [テンプレートとして保存] をクリックします。

    Excel のリボンのイメージ

  3. [ファイル名] ボックスで、テンプレートの名前を入力します。

    ヒント   別のフォルダーを指定した場合を除き、テンプレート ファイル (.crtx) は、[グラフ] フォルダーに保存され、テンプレートが [グラフの挿入] ダイアログ ボックス ([挿入] タブ、グラフ]ダイアログ ボックス起動ツール ボタンの画像 ) と、グラフの種類の変更] ダイアログ ボックス (デザイン] タブの [種類] グループで [グラフの種類の変更) の両方でテンプレートの [使用可能になります。

メモ   グラフ テンプレートは、グラフの形式が含まれているし、グラフをテンプレートとして保存するときに使用されている色を保存します。新しいグラフがグラフ テンプレートの色を使用して別のブックでグラフを作成するグラフ テンプレートを使用するときに、現在のブックに適用されているドキュメントのテーマのカラーではなくします。ドキュメントのテーマの色を使用して、グラフ テンプレートの色ではなくには、グラフ エリアを右クリックし、[スタイルに合わせるにリセット] をクリックします。

ページの先頭へ

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×