グラフに凡例を追加する

ほとんどのグラフでは、チャートのデータを理解しやすくするため、何らかの凡例を使用します。Excel では、グラフを作成すると、凡例が自動的に生成されます。グラフから手動で凡例を削除すると凡例のないグラフになりますが、もう一度凡例を取得することができます。

このグラフの例では、各色がそれぞれ 2013 年、2014 年、2015 年を表していることを示す凡例が付けられています。

この記事の内容

個々のバーに指定された色 Excel の横棒グラフ

グラフの凡例を追加する

  1. グラフをクリックします。

  2. 表の横にある [グラフ要素] プラス記号 をクリックします。

    [要素] アイコンは、グラフの右上にあります。
  3. [凡例] チェック ボックスを選択します。

    グラフのさまざまな要素の一覧

    グラフに凡例が追加されました。

凡例のテキストを編集する

グラフの凡例の名前が正しくない場合は、凡例項目の名前を変更することができます。

  1. グラフをクリックします。

  2. グラフの横にある [グラフ フィルター] フィルター をクリックして、[データの選択] をクリックします。

    [データの選択] をクリックします。
  3. [凡例項目 (系列)] 一覧内でエントリを選び、[編集] をクリックします。

    [データ ソースの選択] ダイアログ ボックス
  4. [系列名] フィールドに新しい凡例のエントリを入力します。

    [系列の編集] ダイアログ ボックス

    ヒント: セルを選択してその中のテキストを取得することもできます。[セルを特定する] アイコン セルを特定する をクリックし、セルを選択します。

    [系列の編集] ダイアログ ボックス
  5. [OK] をクリックします。

関連トピック

グラフを作成する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×