グラフに凡例を追加して書式を設定する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

この記事では、Office 2016 でグラフの凡例を追加する方法と、フォント、罫線、背景など、凡例の外観をカスタマイズする方法についても説明します。

  1. 凡例を追加するグラフをクリックします。[グラフ要素] ボタン [グラフ要素] ボタン 、[凡例] の順にクリックします。

    Excel で [グラフ要素]、[凡例] の順に選ぶ
  2. 凡例の位置を変更するには、[凡例] の横にある矢印をクリックしてから、目的の位置をクリックします。

ヒント: 

  • 既定では、凡例はグラフに重ならないように表示されます。 スペースの制約がある場合、[その他のオプション] をクリックして、[凡例をグラフに重ねずに表示する] チェック ボックスをオフにすると、グラフのサイズを小さくできます。

  • 凡例を削除するには、その凡例を右クリックして、[削除] をクリックします。

    Excel の [凡例の書式設定] ショートカット メニューの [削除] コマンド

グラフの凡例を追加したら、その外観をさまざまに変更できます。

フォントまたはフォント サイズを変更する

  1. 凡例を右クリックして、[フォント] をクリックします。

    グラフ凡例フォントの変更に使用するショートカット メニューの [フォント]
  2. [フォント] タブで、フォントまたはフォント サイズを変更します。

    Excel の [フォント] ダイアログ ボックス

凡例の境界線または背景を変更する

  1. 凡例を右クリックして、[凡例の書式設定] をクリックします。

  2. [凡例の書式設定] 作業ウィンドウで、必要なオプションを選びます。

    [凡例の書式設定] の [罫線] 作業ウィンドウ

ヒント: 効果を追加すると、凡例を目立たせることができます。 [効果] をクリックして、目的の効果を選びます。 影、光彩、ぼかしなど、幅広い効果を利用できます (ただし効果を追加しすぎて、データのプレゼンテーションが煩雑にならないように注意してください)。

[凡例の書式設定] の [文字飾り] 作業ウィンドウ

凡例を使用するとグラフが読みやすくなります。これは、グラフのプロット エリアの外側にデータ系列のラベルが配置されるためです。 凡例の位置を変更したり、凡例の色やフォントをカスタマイズしたりすることができます。 凡例内の文字列を編集したり、凡例内のエントリの順序を変更したりすることもできます。

  1. この手順を使えるのは Word 2016 for Mac だけです。[表示] メニューの [印刷レイアウト] をクリックします。

  2. グラフをクリックし、[グラフ デザイン] タブをクリックします。

  3. [グラフ要素の追加]、[凡例] の順にクリックします。

  4. 凡例の位置を変更するには、[]、[]、[]、または [] を選びます。凡例の書式を変更するには、[その他の凡例オプション] をクリックし、必要な書式設定を変更します。

    グラフの種類によっては、一部のオプションは使用できないことがあります。

凡例を使用するとグラフが読みやすくなります。これは、グラフのプロット エリアの外側にデータ系列のラベルが配置されるためです。 凡例の位置を変更したり、凡例の色やフォントをカスタマイズしたりすることができます。 凡例内の文字列を編集したり、凡例内のエントリの順序を変更したりすることもできます。

  1. この手順を使えるのは Word for Mac 2011 だけです。[表示] メニューの [印刷レイアウト] をクリックします。

  2. グラフをクリックし、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。

  3. 凡例の位置を変更するには、[ラベル] で [凡例] をクリックし、目的の凡例の位置をクリックします。

    [グラフ レイアウト] タブの [ラベル] グループ

  4. 凡例の書式を変更するには、[ラベル] で [凡例] をクリックし、[凡例のオプション] をクリックしてから、書式の変更を加えます。

    グラフの種類によっては、一部のオプションを使用できない場合があります。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×