グラフと図 II: データのグラフ

概要

Charts PowerPoint 2010 を使用してグラフを挿入することによりデータを視覚化する方法について学習します。グラフの基本コンポーネント、および円グラフ、縦棒グラフ、折れ線グラフの操作方法についても説明します。

このコースを完了すると、次のことができるようになります。

  • グラフを使用してデータ視覚化する。

  • 円グラフを使用して、全体の一部を比較する。

  • 縦棒グラフを挿入して経時変化を表示する。

  • データ系列を定義する。

  • 分類を定義する。

  • グラフ要素を選択してカスタマイズする。

このコースの内容は、次のとおりです。

  • 自分のペースで学習できる 1 つのレッスン。

  • コースの最後に印刷可能なクイック リファレンス カード。

その他のコースについては、Microsoft Office トレーニングをご覧ください。

オフライン バージョン (19 MB)

概要 (0:29)

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

グラフを使用してデータを視覚化する (3:48)

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

縦棒グラフを挿入する (3:59)

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

他のグラフの例 (2:50)

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

グラフをカスタマイズする (4:39)

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

ご意見/ご感想

クイック リファレンス カード

参照

グラフを挿入する

アイコンの画像

[挿入] タブの [] で [グラフ] をクリックします。

The Illustrations group on the Insert tab

アイコンの画像

[グラフの挿入] ダイアログ ボックスで、方向キーを押してグラフの種類をスクロールします。

目的のグラフの種類をクリックし、[OK] をクリックします。

You can choose from many different types of graphs in the Insert Chart dialog box

グラフの種類の上にマウス ポインターを置くと、その名前を示すポップ ヒントが表示されます。

ヒント: グラフの種類の詳細については、「利用可能なグラフの種類」を参照してください。

アイコンの画像

Excel 2010 でデータを編集します。

データの編集が終わったら、Excel を閉じてもかまいません。

グラフのサンプル データ

Excel ワークシートのサンプル データ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×