グラフで区分線、降下線、高低線、ローソクを追加したり、削除したりできます。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

いくつかOffice 用アプリのグラフには、定義済みの線またはバーを追加できます。区分線、降下線、高低線、上下のバーを含む行を追加して特定のグラフに役立つ表示されているデータを分析します。線やバーを表示したくない場合は、それらを削除できます。

Excelのグラフの書式設定の新機能無料の 5 分のビデオ トレーニングをここではグラフの書式を設定する方法をクリックします。

Office 2010またはOffice 2013またはOffice 2016で、追加またはExcel、 PowerPoint、 Wordなど、ほとんどのアプリケーションでグラフの線を削除します。

追加またはグラフの線を削除します。

特定の行と補助縦棒グラフの種類が 2-d の積み上げ横棒グラフで使用できると縦棒グラフ、折れ線グラフ、円グラフ補助円グラフ付き円グラフ、面グラフ、株価チャートのバー。

使用するグラフの種類に応じて、次の線または棒のいずれかを追加できます。

  • 区分線   次の行が 2-d の積み上げ横棒グラフでデータ系列を接続して、各データ系列の間の違いを強調する縦棒グラフです。補助円グラフ付き円グラフと補助縦棒グラフ円グラフの既定では、第 2 の円グラフまたは横棒グラフとメインの円グラフを接続する区分線を表示します。 区分線

  • 降下線   2-d と 3-D 面グラフと折れ線グラフで使用でき、次の行を拡張するデータ ポイントから 1 データ マーカーが終了して、次のデータ マーカーの開始を明確にするために横 (項目) 軸にします。 降下線

  • 高低線   2-d 折れ線グラフでは使用して高低を行の最大値からの対象になる各カテゴリ内の最小値で株価チャートでは、既定で表示します。 高低線

  • 上下のバー   折れ線グラフのデータ系列が複数、上下のバーに便利では、最初のデータ系列のデータ要素と最後のデータ系列の違いを示します。既定では、これらのバーも追加株価チャートでは、次のような開く-高値-安値-終値とボリューム-始値-高値-安値-終値します。 上下のバー

  1. 線または棒を追加する、2-D 積み上げ横棒、列、線、補助円グラフ付き円グラフ、補助縦棒グラフ付き円グラフ、面、または株価グラフをクリックします。

    [グラフ ツール] が表示され、[デザイン]、[レイアウト]、[書式] の各タブが表示されます。

  2. [レイアウト] タブの [分析] グループで、次のいずれかの操作を行います。

    • ] をクリックし、[使用する線の種類] をクリックします。

      注: グラフの種類に対してさまざまな線の種類を利用できます。

    • ローソク] をクリックし、[ローソク] をクリックします。 [レイアウト] タブの [解析] グループ ([グラフ ツール])

ヒント: 区分線、降下線、高低線、または線またはバーを右クリックし、[ < 折れ線グラフまたは縦棒種類 > の書式設定] をクリックして、グラフに表示する上下のバーの書式設定を変更することができます。

  1. 事前定義されている線または棒が表示されている、2-D 積み上げ横棒、列、線、補助円グラフ付き円グラフ、補助縦棒グラフ付き円グラフ、面、または株価グラフをクリックします。

    [グラフ ツール] が表示され、[デザイン]、[レイアウト]、[書式] の各タブが表示されます。

  2. [レイアウト] タブの [分析] グループで、またはローソク] をクリックし、[なし]の行またはバー グラフから削除する] をクリックします。 [レイアウト] タブの [解析] グループ ([グラフ ツール])

ヒント: グラフに追加した線や棒は、クイック アクセス ツール バーで [元に戻す] をクリックするか、Ctrl キーを押しながら Z キーを押して、すぐに削除することも可能です。

Excel] で、定義済みの区分線、降下線、高低線、および特定のグラフを読みやすくするためにローソクを追加できます。必要な情報を表示するのには、 Excelグラフなどの 2-d 積み上げ横棒グラフと縦棒グラフ、折れ線グラフ、円、円グラフ、面グラフ、株価チャートのバーを変更できます。不要になった線または棒場合に、それらを削除できます。

独自の線の描画については、「線またはコネクタを描画または削除する」を参照してください。

使用するグラフの種類に応じて、次の線または棒のいずれかを追加できます。

  • 区分線   次の行が 2-d の積み上げ横棒グラフでデータ系列を接続して、各データ系列の間の違いを強調する縦棒グラフです。補助円グラフ付き円グラフと補助縦棒グラフ円グラフの既定では、第 2 の円グラフまたは横棒グラフとメインの円グラフを接続する区分線を表示します。 区分線

  • 降下線   2-d と 3-D 面グラフと折れ線グラフで使用でき、次の行を拡張するデータ ポイントから 1 データ マーカーが終了して、次のデータ マーカーの開始を明確にするために横 (項目) 軸にします。 降下線

  • 高低線   2-d 折れ線グラフでは使用して高低を行の最大値からの対象になる各カテゴリ内の最小値で株価チャートでは、既定で表示します。 高低線

  • 上下のバー   折れ線グラフのデータ系列が複数、上下のバーに便利では、最初のデータ系列のデータ要素と最後のデータ系列の違いを示します。既定では、これらのバーも追加株価チャートでは、次のような開く-高値-安値-終値とボリューム-始値-高値-安値-終値します。 上下のバー

  1. 線または棒を追加する、2-D 積み上げ横棒、列、線、補助円グラフ付き円グラフ、補助縦棒グラフ付き円グラフ、面、または株価グラフをクリックします。

    [グラフ ツール] が表示され、[デザイン]、[レイアウト]、[書式] の各タブが表示されます。

  2. [レイアウト] タブの [分析] グループで、次のいずれかの操作を行います。

    • [] をクリックして、希望の線の種類のオプションをクリックします。

      注: グラフの種類によって使用できる線の種類は異なります。

    • [ローソク]、[ローソク] の順にクリックします。

ヒント: 区分線、降下線、高低線、またはローソクをグラフに表示形式を変更することができます。詳細については、グラフの要素の書式設定を参照してください。

  1. 事前定義されている線または棒が表示されている、2-D 積み上げ横棒、列、線、補助円グラフ付き円グラフ、補助縦棒グラフ付き円グラフ、面、または株価グラフをクリックします。

    [グラフ ツール] が表示され、[デザイン]、[レイアウト]、[書式] の各タブが表示されます。

  2. [レイアウト] タブの [分析] グループで [] または [ローソク] をクリックし、[なし] をクリックし、グラフから棒や線を削除できます。

    ヒント: グラフに追加した線や棒は、クイック アクセス ツール バーで [元に戻す] をクリックするか、Ctrl キーを押しながら Z キーを押して、すぐに削除することも可能です。

領域、バー、列、行、株価チャート、xy (散布)、またはと 2-d の積み上げされませんが、バブル チャートのデータ系列に他の線を追加することができます。

  1. [表示] メニューの [印刷レイアウト] をクリックします。

  2. グラフでは、線を追加するデータ系列を選択し、グラフのデザイン]タブをクリックします。

    [グラフ デザイン] タブ

    たとえば、折れ線グラフの場合、グラフ内の折れ線のいずれかをクリックすると、そのデータ系列のすべてのデータ マーカーが選択されます。

  3. グラフ要素を追加] をクリックし、[枠線] をクリックします。

    グラフ要素のメニューに追加します。

  4. 挿入するか、[その他の枠線のオプション] をクリックする線のオプションを選びます。

    目盛線を追加する

    グラフの種類によっては、一部のオプションは使用できないことがあります。

  1. [表示] メニューの [印刷レイアウト] をクリックします。

  2. 線のあるグラフをクリックし、[グラフ デザイン] タブをクリックします。

    [グラフ デザイン] タブ

  3. [グラフ要素を追加] をクリックして、枠線] をクリックし、[その他の枠線のオプション] をクリックします。

    目盛線を追加する

  4. 線なし] を選びます。

    枠線を削除します。

    線をクリックして Delete キーを押すこともできます。

Word

  1. [表示] メニューの [印刷レイアウト] をクリックします。

  2. 線を追加するデータ系列をグラフから選び、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。 

    たとえば、折れ線グラフの場合、グラフ内の折れ線のいずれかをクリックすると、そのデータ系列のすべてのデータ マーカーが選択されます。

  3. [解析] で [] をクリックし、目的の線をクリックします。

    [グラフ レイアウト] タブの [分析] グループ

    グラフの種類によっては、一部のオプションを使用できない場合があります。

  1. [表示] メニューの [印刷レイアウト] をクリックします。

  2. 線のあるグラフをクリックし、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。

  3. [解析] で [] をクリックし、[線なし] をクリックします。

    [グラフ レイアウト] タブの [分析] グループ

    線をクリックして Delete キーを押すこともできます。

PowerPoint

  1. 線を追加するデータ系列をグラフから選び、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。 

    たとえば、折れ線グラフの場合、グラフ内の折れ線のいずれかをクリックすると、そのデータ系列のすべてのデータ マーカーが選択されます。

  2. [解析] で [] をクリックし、目的の線をクリックします。

    [グラフ レイアウト] タブの [分析] グループ

    グラフの種類によっては、一部のオプションを使用できない場合があります。

  1. 線のあるグラフをクリックし、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。

  2. [解析] で [] をクリックし、[線なし] をクリックします。

    [グラフ レイアウト] タブの [分析] グループ

    線をクリックして Delete キーを押すこともできます。

Excel

  1. 線を追加するデータ系列をグラフから選び、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。 

    たとえば、折れ線グラフの場合、グラフ内の折れ線のいずれかをクリックすると、そのデータ系列のすべてのデータ マーカーが選択されます。

  2. [解析] で [] をクリックし、目的の線をクリックします。

    [グラフ レイアウト] タブの [分析] グループ

    グラフの種類によっては、一部のオプションを使用できない場合があります。

  1. 線のあるグラフをクリックし、[グラフ レイアウト] タブをクリックします。

  2. [解析] で [] をクリックし、[線なし] をクリックします。

    [グラフ レイアウト] タブの [分析] グループ

    線をクリックして Delete キーを押すこともできます。

関連項目

既存のグラフのデータを更新します。

アニメーションのテキスト、オブジェクト、および PowerPoint for Mac のグラフ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×