グラフで区分線、降下線、高低線、ローソクを追加したり、削除したりできます。

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Excel では、(2-D の積み上げ横棒グラフと縦棒グラフ、折れ線グラフ、補助円グラフ付き円グラフ、補助縦棒グラフ付き円グラフ、面グラフ、株価チャートなど) 特定のグラフを見やすくするために、事前定義されている区分線、降下線、高低線、およびローソクを追加することができます。不要になった線または棒は、削除できます。

独自の線の描画については、「線またはコネクタを描画または削除する」を参照してください。

目的に合ったトピックをクリックしてください

グラフに追加する事前定義された線や棒について

グラフに事前定義された線または棒を追加する

グラフから事前定義された線または棒を削除する

グラフに追加する事前定義された線や棒について

使用するグラフの種類に応じて、次の線または棒のいずれかを追加できます。

  • 区分線    これらの線は、データ系列を 2-D の積み上げ横棒グラフおよび縦棒グラフでつなげ、各データ系列間の測定の違いを強調します。補助円グラフ付き円グラフおよび補助縦棒グラフ付き円グラフには、元の円グラフと 2 次の円グラフまたは縦棒グラフをつなげる区分線が既定で示されます。

    区分線

  • 降下線    2-D および 3-D の面および折れ線グラフで使用可能です。これらの線は、データ ポイントから水平の (項目) 軸に伸び、1 つのデータ マーカーが終了し、次のデータ マーカーが始まるところを明確にします。

    降下線

  • 高低線    2-D の折れ線グラフで使用可能です。この株価チャートに既定で表示される高低線は、各項目の最大値から最小値を結びます。

    高低線

  • ローソク    複数のデータ系列がある折れ線グラフで便利です。ローソクは、1 番目のデータ系列と最後のデータ系列のデータ ポイント間の違いを示します。既定では、これらの棒は OHLC や VOHLC などの株価チャートにも追加されています。

    上下のバー

ページの先頭へ

グラフに事前定義された線または棒を追加する

  1. 線または棒を追加する、2-D 積み上げ横棒、列、線、補助円グラフ付き円グラフ、補助縦棒グラフ付き円グラフ、面、または株価グラフをクリックします。

    [グラフ ツール] が表示され、[デザイン]、[レイアウト]、[書式] の各タブが表示されます。

  2. [レイアウト] タブの [分析] グループで、次のいずれかの操作を行います。

    • [] をクリックして、希望の線の種類のオプションをクリックします。

      注: グラフの種類によって使用できる線の種類は異なります。

    • [ローソク]、[ローソク] の順にクリックします。

ヒント: 区分線、降下線、高低線、またはローソクをグラフに表示形式を変更することができます。詳細については、グラフの要素の書式設定を参照してください。

ページの先頭へ

グラフから事前定義された線または棒を削除する

  1. 事前定義されている線または棒が表示されている、2-D 積み上げ横棒、列、線、補助円グラフ付き円グラフ、補助縦棒グラフ付き円グラフ、面、または株価グラフをクリックします。

    [グラフ ツール] が表示され、[デザイン]、[レイアウト]、[書式] の各タブが表示されます。

  2. [レイアウト] タブの [分析] グループで [] または [ローソク] をクリックし、[なし] をクリックし、グラフから棒や線を削除できます。

    Excel のリボンのイメージ

    ヒント: グラフに追加した線や棒は、クイック アクセス ツール バーで [元に戻す] をクリックするか、Ctrl キーを押しながら Z キーを押して、すぐに削除することも可能です。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×