グラフ、画像、オブジェクトをグリッドに合わせて揃える、または書式設定する

画像やグラフなどのオブジェクトをページ上で揃えて配置する、または互いを基準として揃えるには、位置合わせコマンドを使います。

Office プログラム別の設定方法

Excel

PowerPoint

Word

Excel

位置合わせのオプションを有効にする

  1. ワークシート上のグラフ、画像、またはオブジェクトをクリックします。

  2. 次のいずれか、または両方の操作を行います。

    • 図形またはオブジェクトを最も近い枠線交点のところに配置するには、[書式]、[配置]、[グリッドに合わせる] の順にクリックします。

    • 図形またはオブジェクトを他の図形またはオブジェクトに揃えるには、[書式]、[配置]、[図形に位置を合わせる] の順にクリックします。

ヒント: これらの位置合わせオプションを一時的に無効にするには、Alt キーを押しながらグラフ、画像、またはオブジェクトをドラッグします。

位置合わせのオプションを無効にする

  1. ワークシート上のグラフ、画像、またはオブジェクトをクリックします。

  2. [書式]、[配置] の順にクリックし、[グリッドに合わせる] と [図形に位置を合わせる] のうち、無効にするオプションをクリックします。

PowerPoint

位置合わせのオプションを有効にする

  1. [表示] をクリックし、[表示] グループのダイアログ ボックス起動ツールをクリックします。
    [表示] グループのダイアログ ボックス起動ツール

  2. 図形またはオブジェクトを最も近いグリッド交点のところに配置するには、[位置合わせ] の下の [描画オブジェクトをグリッド線に合わせる] チェック ボックスをオンにします。画面上にグリッドを表示するには、[グリッドの設定] の下の [グリッドを表示] チェック ボックスをオンにします。
    PowerPoint の [グリッドとガイド] ダイアログ ボックス

    注記: 

    • これらの位置合わせオプションを一時的に無効にするには、Alt キーを押しながらグラフ、画像、またはオブジェクトをドラッグします。

    • 画面上に描画ガイドを表示するには、[グリッドの設定] の下の [ガイドを表示] チェック ボックスをオンにします。描画ガイドが表示されているときは、ドラッグしたオブジェクトがガイドから数ピクセルのところまで近づくと、オブジェクトは自動的にその線に合わせて配置されます。

    • [グリッドとガイド] ダイアログ ボックスの現在の設定をすべてのプレゼンテーションの既定の設定とするには、[既定値に設定] をクリックします。

    • [描画オブジェクトをグリッド線に合わせる] チェック ボックスがオンの場合は、フリーフォーム図形 ボタンの画像 を描くときに直線を描くことができます。

位置合わせのオプションを無効にする

  1. [表示] をクリックし、[表示] グループのダイアログ ボックス起動ツール アイコンの画像 をクリックします。[グリッドとガイド] ボックスが表示されます。

  2. [描画オブジェクトをグリッド線に合わせる] チェック ボックスをオフにします。

    注: [グリッドとガイド] ダイアログ ボックスの現在の設定をすべてのプレゼンテーションの既定の設定とするには、[既定値に設定] をクリックします。

Word

位置合わせのオプションを有効にする

  1. ドキュメント内のグラフ、画像、またはオブジェクトをクリックします。

  2. [書式]、[配置]、[グリッドの設定] の順にクリックします。[グリッドとガイド] ダイアログ ボックスが表示されます。
    Word の [グリッドとガイド] ダイアログ ボックス

  3. 次のいずれか、または両方の操作を行います。

    • グラフ、画像、またはオブジェクトを、グリッドが非表示のときでも最も近いグリッド交点のところに配置するには、[グリッドの表示] の下の [グリッド線が非表示のときに描画オブジェクトをグリッド線に合わせる] チェック ボックスをオンにします。

    • 図形またはオブジェクトを、他の図形またはオブジェクトに揃えるには、[オブジェクトの位置合わせ] の下の [描画オブジェクトをほかのオブジェクトに合わせる] チェック ボックスをオンにします。

      注記: 

      • これらの位置合わせオプションを一時的に無効にするには、Alt キーを押しながらグラフ、画像、またはオブジェクトをドラッグします。

      • [グリッドとガイド] ダイアログ ボックスの現在の設定をすべてのドキュメントの既定の設定とするには、[既定に設定] をクリックします。

      • 既定の設定では、図形などのオブジェクトが最も近いグリッド線交点のところに配置されるのはグリッドが表示されているときに限られます。この動作を変更するには、[グリッド線が非表示のときに描画オブジェクトをグリッド線に合わせる] チェック ボックスをオンにします。

位置合わせのオプションを無効にする

  1. ドキュメント内のグラフ、画像、またはオブジェクトをクリックします。

  2. [書式]、[配置]、[グリッドの設定] の順にクリックします。[グリッドとガイド] ダイアログ ボックスが表示されます。

  3. [グリッド線が非表示のときに描画オブジェクトをグリッド線に合わせる] または [描画オブジェクトをほかのオブジェクトに合わせる] の設定を無効にするには、該当するボックスをオフにします。

    注: [グリッドとガイド] ダイアログ ボックスの現在の設定をすべてのドキュメントの既定の設定とするには、[既定に設定] をクリックします。

関連項目

枠線の表示と非表示を切り替える

ワークシートの枠線を表示または非表示にする

線やコネクタを描画または削除する

マスターレベル ガイドを利用し、スライド全体でオブジェクトを揃える

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×