クロール ログのアクセス許可

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

SharePoint Online 管理者は、ユーザーにテナントのクロール ログ情報への読み取りアクセスを許可することができます。クロール ログはクロールされたコンテンツの状態に関する情報を管理します。

たとえば、電子情報開示のシナリオで、セキュリティ グループにテナントのクロール ログ情報の表示を許可することができます。そのセキュリティ グループのユーザーは、電子情報開示ポータルからクロール ログのデータを表示して、クロールされたコンテンツが検索インデックスに正常に追加されたかどうか、エラーのためにインデックス作成に失敗したかどうかを調べることができます。

クロール ログ情報を表示するアクセス許可をユーザーに与える

  1. グローバル管理者または SharePoint 管理者として Office 365 にサインインします。

  2. 左上隅にあるアプリ起動ツールのアイコン 選択内容に応じて複数のアプリケーション タイルを示すボタン クリックを表す、ワッフルのようなアイコン。 を選択して、[管理者] を選択し、Office 365 管理センターを開きます ([管理者] タイルが表示されない場合は、組織の Office 365 管理者の権限がありません)。

  3. 左のウィンドウで、[管理センター]、[SharePoint] の順に選択します。

  4. [検索] を選択します。

  5. [検索管理] ページで、[クロール ログのアクセス許可] を選択します。

  6. [クロール ログのアクセス許可] ボックスに、名前または電子メール アドレスを入力します。入力を始めると、有効なユーザーやユーザー グループの名前が一覧に表示されます。

  7. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×