クロール ルールを管理する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

コンテンツをクロールするときに特定のパスを含める (または除外する) ためのクロール ルールを追加できます。パスを含めるときには、そのパスをクロールするための代替のアカウント資格情報をオプションで指定できます。新しいクロール ルールの追加に加えて、既存のクロール ルールのテスト、編集、削除、または並べ替えも行うことができます。

クロール ルールは、リストの順序どおりに適用されます。

注: クロール ルールを管理するには、まず、[クロール ルールの管理] ページを開きます。[検索管理] ページの [クロール中] の [クロール ルール] をクリックします。

目的に合ったトピックをクリックしてください

クロール ルールを追加します。

URL をクロール ルールをテストします。

クロール ルールを編集します。

クロール ルールを削除します。

クロール ルールの順序を変更します。

クロール ルールを追加する

  1. [クロール ルールの管理] ページの [新しいクロール ルール] をクリックします。

  2. [クロール ルールの追加] ページの [パス] セクションにある [パス] ボックスに、このルールの対象となるパスを入力します。パスには、次の例のように標準ワイルドカード文字を使用できます。

    • http://server1/folder * http://server1/folder で始まる URL を使用してすべての Web リソースが表示されます。

    • *://*.txtには、拡張子が .txt のすべてのドキュメントが含まれています。

  3. [クロールの構成] セクションで、次のいずれかを選択します。

    • [このパスにあるアイテムをすべて除外する]。指定したパスにあるアイテムをすべてクロールから除外する場合に、このオプションを選択します。このオプションを選択した場合、次のオプションを選択して、含めるパスをさらに細かく指定できます。

      • [複合 URL (疑問符 (?) が含まれる URL) を含める]。疑問符 (?) を使用するパラメータが含まれる URL を含める場合、このオプションを選択します。

    • [このパスにあるアイテムをすべて含める]。指定したパスのすべてのアイテムをクロールする場合はこのオプションを選択します。このオプションを選択する場合には、次のいずれかの組み合わせを選択して、対象をさらに絞り込むことができます。

      • [URL 自体をクロールしないで URL のリンクをたどる]。URL に含まれているリンクはクロールするが、URL 自体は含めない場合は、このオプションを選択します。

      • [複合 URL (疑問符 (?) が含まれる URL) をクロールする]。疑問符 (?) で表記されたパラメータを含む URL をクロールする場合はこのオプションを選択します。

      • [SharePoint のコンテンツを HTTP ページとしてクロールする]。通常、SharePoint のサイトのクロールには、特殊なプロトコルが使用されますが、SharePoint サイトを HTTP ページとしてクロールする場合は、このオプションを選択します。HTTP プロトコルを使用してコンテンツをクロールする場合、アイテム アクセス許可は格納されません。

  4. [認証の指定] セクションで、次のいずれかの操作を行います。

    • 既定のコンテンツ アクセス アカウントを使用する場合は、[既定のコンテンツ アクセス アカウントを使用] を選択します。

    • 異なるアカウントを使用する場合は、[別のコンテンツ アクセス アカウントを指定する] をクリックし、次の操作を行います。

      1. [アカウント] ボックスに、このクロール ルールで定義するパスにアクセスできるアカウント名を入力します。

      2. [パスワード] ボックスと [パスワードの確認] ボックスに、このアカウントのパスワードを入力します。

      3. 基本認証を使用しないようにするには、[基本認証を許可しない] チェック ボックスをオンにします。

        サーバーは Windows NTLM 認証の使用を試みます。NTLM 認証に失敗した場合、サーバーは基本認証の使用を試みます ([基本認証を許可しない] チェック ボックスがオンになっている場合は除きます)。

    • 認証でクライアント証明書を使用するには、[クライアント証明書を指定する] を選択し、[証明書] メニューで証明書をクリックします。

    • 認証にフォーム資格情報を使用するには、[フォーム資格情報を指定する] を選択し、[フォームの URL] ボックスにフォームの URL (資格情報を受け付けるページの場所) を入力してから、[資格情報の入力] ボタンをクリックします。

      1. 新しいウィンドウが開き、リモート サーバーへのログオン画面が表示されたら、フォーム資格情報を入力してログオンします。

      2. ログオンできたかどうかを確認するメッセージが表示されます。できた場合は、認証に必要な資格情報がリモート サイトに格納されています。

    • Cookie 認証を使用するには、[クロールで cookie を使用する] を選択し、次のいずれかの操作を行います。

      1. [URL から Cookie を取得] をクリックして Web サイトまたはサーバーから Cookie を取得します。

      2. [クロール用の Cookie を指定] をクリックしてローカル ファイル システムまたはファイル共有から Cookie をインポートします。[エラー ページ (セミコロン区切り)] ボックスにエラー ページを指定することもできます。

  5. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

URL に対するクロール ルールのテスト

クロール ルールを URL でテストして、その URL をクロールしたときにどのルールが適用され、どのような結果になるか (コンテンツが含まれるか除外されるか) を確認できます。クロール ルールを URL でテストするときは、その URL が実際にクロールされるわけではない点に注意してください。

  1. [クロール ルールの管理] ページの [URL を入力してテストをクリックし、ルールに一致するかどうかを確認します。] ボックスで、テストする URL を入力します。

  2. [テスト] をクリックします。

  3. テストの結果が [URL を入力してテストをクリックし、ルールに一致するかどうかを確認します。] ボックスの下に表示されます。

ページの先頭へ

クロール ルールを編集する

クロール ルールを編集した場合、その内容が反映されるのは、次回のフル クロールの開始時からです。

  • [クロール ルールの管理] ページのクロール ルールの一覧で、編集するクロール ルールのメニューの [編集] をクリックします。

    クロール ルールの追加] セクションでは、クロール ルールの設定に関する情報を見つけることができます。

ページの先頭へ

クロール ルールを削除する

クロール ルールを削除した場合、その削除が反映されるのは、次回のフル クロールの開始時からです。

  1. [クロール ルールの管理] ページのクロール ルールの一覧で、削除するクロール ルールのメニューの [削除] をクリックします。

  2. クロール ルールの削除を確認するメッセージ ボックスの [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

クロール ルールの並べ替え

  • [クロール ルールの管理] ページで、クロール ルールの一覧の [順序] 列で、ルールを配置する位置を表す値をドロップダウン リストから選択します。他の値はそれに応じて移動されます。

    クロール ルールは、一覧に示されている順序で適用されます。したがって、同じコンテンツまたは重複するコンテンツに対して複数のルールが該当する場合、最初のルールが適用されます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×