クロス プラットフォームの PowerPoint 互換性

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Geetesh Bajaj 著

Windows と Apple Macintosh を実行しているコンピューター間で PowerPoint 2007 ファイルを共有するための基礎

PowerPoint for Windows で作業していて、Mac を使用しているユーザーとプレゼンテーションを共有する必要がよくありますか? または、Windows と Mac の両方のコンピューターが存在するクロス プラットフォーム環境で作業していますか? あるいは、Windows と Mac OS の両方を起動できる新しい Mac があり、Windows または Mac を実行しているどちらのコンピューターを使用しても、PowerPoint プレゼンテーションを常に同じように表示、再生、印刷できるようにしたいですか?

クロスプラットフォームの細かな問題が発生する原因は、1 つだけではありません。同じ会社で Windows と Mac の両方のマシンを使用することは珍しいことではありません。重要なプレゼンテーションは、クライアントが使用しているどのプラットフォームとも互換性があるように作成する必要があるでしょう。プレゼンテーションやテンプレートの作成を依頼したデザイナーが Mac を使用し、プレゼンターが Windows を使用する場合もあれば、その逆の場合もあるでしょう。いずれにしても、Windows 版と Mac 版の PowerPoint の相違点がプレゼンターの負担となっています。

クロス プラットフォームの互換性の要件が何であれ、まずは良いニュースからお知らせしましょう。PowerPoint ファイルのファイル形式は、Windows OS と Mac OS のどちらを使用しているコンピューターでも同じです。ファイル形式についてもう少し詳しく説明します。

  • PowerPoint 2007 for Windows とPowerPoint 2008 for Mac は、どちらもプレゼンテーション ファイルを PPTX ファイル形式で保存します。これらは古い PPT ファイル形式でも保存することができますが、これを行うと、PowerPoint 2007 および 2008 の新機能の一部が失われる場合があります。

  • 8 つの旧バージョン (Windows 版と Mac 版でそれぞれ 4 つ) は、すべて古い PPT ファイル形式を使用しています。旧バージョンは次のとおりです。

    • Windows:PowerPoint 97、2000、2002、2003

    • Mac:PowerPoint 98、2001、X、2004

  • PowerPoint の一部の旧バージョンでは、PPTX ファイルを保存して読み取れるようにする更新ファイルをダウンロードできる場合があります。

Windows 版と Mac 版の PowerPoint の非互換性のほとんどは、OS 内へのプログラムの組み込み方法から生じます。PowerPoint for Windows が、メディアの再生リストなどの Windows 内に組み込まれているすべてのメディア機能を活用しているのに対し、PowerPoint for the Mac は、同じように QuickTime などの Mac OS レベルで組み込まれた機能を使用します。これは、解決できない何らかの非互換性があることを意味します。幸い、これらの非互換性は、この記事で後ほど説明する、予想される問題の領域を理解することで、最初の段階で簡単に回避することができます。

互換性の問題領域の大部分は、カテゴリ別に並べ替えできます。すぐに解決策が必要な場合は、特定のカテゴリを参照することができます。または将来的に発生する可能性がある互換性問題に取り組むための準備をする場合は、すべてのカテゴリで提供されている情報をお読みください。

知っておくべきこと

フォルダーについて: まず、プレゼンテーションについて考えるのをやめて、フォルダーについて考えてみましょう。どちらのプラットフォームを使用しているかに関わらず、最初にすべきことは、作成するすべてのプレゼンテーションを格納する空のフォルダーを作成することです。そして、リンクされたすべてのコンテンツ (画像ファイル、サウンド ファイル、ムービー ファイルなど) をそのフォルダーにコピーします。アイテムが PowerPoint 内のリンクとして挿入される前でもかまいません。Word 文書、Excel シート、PDF、またはその他のドキュメントにリンクする必要がある場合は、これらすべてをこのフォルダーにコピーしてから、PowerPoint スライドからこれらへのリンクを作成します。

プログラムを更新する: PowerPoint を最新の状態に保ちます。Microsoft Office の最新の Service Pack がインストールされていることを確認します。いくつかの互換性の問題は、これらの更新プログラムで解決されます。お使いのコンピューターで Windows Update を使用して、最新バージョンが確実に入手できるようにします。

現在のバージョンにアップグレード: 常に移動するには、最新バージョンの PowerPoint を検討してください。Support.office.comに新しいバージョンの Office について説明します。

互換性チェックを使いこなす: PowerPoint 2008 for Mac には互換性チェック オプションが含まれています ([表示] | [互換性チェック])。これは、開いているプレゼンテーションに対し、Windows 版と Mac 版のすべてのバージョン (PowerPoint 97 および 98 まで遡ります) のプロファイルとの互換性の問題をチェックし、支障が出る可能性がある機能と、機能しない機能を正確に報告します。

PowerPoint 2007 にも同様の互換性チェック ([Office] ボタン、[準備]、[互換性チェックの実行] の順に選択してアクセス) がありますが、このオプションはWindows 版の PowerPoint の旧バージョンとの互換性だけをチェックし、Mac 版の PowerPoint との互換性問題は報告されません。

編集なし、完全表示: PowerPoint 作成者の多くがクロスプラットフォームのプレゼンテーションをシンプルにして、互換性の問題を回避しようとしますが、これがそれほど制限的ではないことに留意してください。どちらのプラットフォームでも、新しいバージョンの PowerPoint では、特定の機能の編集は認められていませんが、スライド ショー モードでこれらの機能を表示することができます。この良い例が、PowerPoint for Windows のアニメーションの軌跡アニメーションです。Mac 上の PowerPoint 2004 と 2008 では、アニメーションの軌跡アニメーションを追加または編集することはできませんが、再生することはできます。

次のガイドラインに従う

Windows 版と Mac 版の両方の PowerPoint で表示や編集することを意図して PowerPoint プレゼンテーションを作成する場合に、従うことができるガイドラインがいくつかあります。これらのガイドラインを幅広いカテゴリに分類しています。

基本的なガイドライン

  • 物事をシンプルにしておきます。サード パーティ製のアプリケーションのコンテンツを使用するよりも、PowerPoint の描画ツールを使用して図形や描画を作成します。

  • 常にプレゼンテーションではなく、フォルダーを考えます。作成するすべてのプレゼンテーションに新しいフォルダーを作成します。このフォルダーには、実際のプレゼンテーションとサウンド ファイルやムービー ファイル、その他のリンクされたドキュメントなどのリンク ファイルを含めます。サブフォルダーには何も含めず、すべてを 1 つのフォルダーに収めます。

メディアの使用

  • プラットフォーム固有ではない、業界標準のメディア形式を常に使用します。WindowsMedia や Quicktime のファイル形式ではなく、MPEG ビデオを使用します。同様に、WindowsMedia の音声や iTunes の曲やファイルではなく、DRM フリーの MP3 ファイルを使用します。

  • PowerPoint for Windows でナレーションやサウンド ファイルをリンクすると、PowerPoint for Mac でもその音声を聞くことができますが、その逆はできません。PowerPoint for Windows では、Macintosh 版で録音され、リンクされたナレーションやサウンドを再生することはできません。これは、Apple コンピューターが QuickTime AIFF 形式を使用して録音を保存し、AIFF ファイルの拡張子も含まれていないからです。Microsoft PowerPoint for Windows では、これらが何のファイルなのか認識できません。

  • PowerPoint for Mac で録音されたサウンド ファイルを 、Windows コンピューターに移動する必要がある場合は、プレゼンテーションの一部としてオーディオ ファイルを埋め込みます。幸運なことに、どちらのプラットフォームの PowerPoint も、代わりにオーディオ ファイルをリンクする設定を ([ナレーションの録音] ダイアログ ボックスで) 変更しない限り、既定でオーディオ ファイルが埋め込まれます。

  • ActiveX は、同じ Windows ベースのテクノロジーで、Internet Explorer や PowerPoint などのその他のアプリケーション内で Adobe Flash および Director ムービーを再生することができます。ActiveX は、Microsoft のテクノロジで、Mac プラットフォームでは利用できません。つまり、PowerPoint for Windows を使用して Flash ムービーをプレゼンテーションに挿入すると、その Flash ファイルは Mac では再生されません。

テキストとフォント

  • Windows と Mac で標準のフォントを使用します。これには、Arial、Times New Roman、Courier New、Verdana、Tahoma、Trebuchet MS などが含まれます。PowerPoint 2007 と 2008 では、Calibri などの新しいフォントも使用できます。

  • Windows 版の PowerPoint では、TrueType フォントをプレゼンテーションに埋め込むこともできます。ただし、これらの埋め込まれたフォントは、Mac 版の PowerPoint では表示できません。

  • 一部の OpenType フォント (特に Adobe の Pro フォント コレクション) は、PowerPoint for Windows と PowerPoint 2001 (X) for Mac の両方で問題なく表示できます。ただし、これらの OpenType フォントは、Mac 版の PowerPoint 2004 または 2008 では機能しない場合があります。

  • テキストのスペースを詰め過ぎないようにします。フォント レンダリングの違いにより、Windows 版または Mac版のいずれかの PowerPoint でテキスト ボックスに余分な行が追加される場合があります。

画像とグラフィックス

  • Mac で、PICT グラフィックスを使用しないでください。どちらの OS プラットフォームでも、GIF、PNG、JPG が最適です。イラストには、WMF または EMF ファイルを使用します。

  • Mac 版の PowerPoint には、Windows 側では終了した、Microsoft の PhotoDraw プログラムの一部に含まれていた特殊な写真効果が付属しています。いずれにしても、これらの効果の画像を含む Mac プレゼンテーション ファイルは、PowerPoint for Windows の任意のバージョンに移動することができ、すべての特殊効果はそのまま残ります。唯一の注意点は、プレゼンテーションを Windows 版の PowerPoint に移動すると、これらの効果を画像に適用できなくなることです。

その他

  • Windows で作成したPowerPoint プレゼンテーションに埋め込まれたほとんどのオブジェクトは、Mac 版の PowerPoint ではうまく変換されません。たとえば、埋め込まれた Word 文書または Excel スプレッドシートに強調文字がある場合、これらの文字はクロスプラットフォーム プレゼンテーションでは表示されないことがあります。これらのファイル (Word、Excel、PDF など) を埋め込むのではなく、ハイパーリンクを使用してプレゼンテーション ファイルにリンクします。これらのファイルが PowerPoint プレゼンテーションと同じフォルダーにあることを確認します。

  • 一部のファイル形式 (Microsoft Visio や CAD など) はうまく変換されない場合があります。このような場合は、ファイルをそのネイティブ アプリケーション内で、イメージや PDF ファイルに変換できる場合がよくあります。新しく変換したこれらのファイルを PowerPoint ファイルにリンクすると、どちらのプラットフォームでも認識され、正しく表示されます。

  • PowerPoint 内に貼り付けられた Microsoft Word の表と Excel スプレッドシートは、クロスプラットフォームの問題を引き起こす場合があります。PowerPoint のネイティブのテーブル エンジンを使用してテーブルを再作成するか、Word 文書または Excel ドキュメントへのリンクを作成します。これは PowerPoint 2007 for Windows と PowerPoint 2008 for Mac との間ではそれほど問題にはなりませんが、両方の OS の旧バージョンでは問題となる場合があります。

  • Visual Basic (VBA) は引き続き、クロスプラットフォームの PowerPoint 開発者にとって最適なプログラミング ソリューションです。しかし、Visual Basic を使用して PowerPoint のプログラミング オプションを試したい開発者にとっては、Mac 版では非常に失望することになります。PowerPoint 2004 for Mac では VBA 5 をサポートしていますが、Windows の最新バージョンにある一部のプログラミング機能が、Mac 版にはありません。PowerPoint 2008 for Mac では VBA をまったくサポートしていませんが、Microsoft では、Mac 版の PowerPoint の次のリリースで VBA サポートを戻すことを確認しています。

  • 両方のプラットフォームで機能しない機能がいくつかあります。Mac 版の PowerPoint には、アニメーションの軌跡アニメーションがいまだにありませんが、Windows で作成されたプレゼンテーション内のアニメーションの軌跡アニメーションは表示できます。ただし、編集はできません。

  • プラットフォーム間での色ガンマの違いに注意してください。Windows コンピューターで作成されたプレゼンテーションの色は、Mac では明るく見えます。これは、PowerPoint 内で解決できる問題ではなく、プラットフォームの問題です。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×