クリック可能な InfoPath フォームと SharePoint 2010 を統合する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

8/30/2012 7:16 AM

itgroove (www.itgroove.net) の Sean Wallbridge と Jarrod Ferguson

注:  この記事は、SharePoint のエンド ユーザーを対象とする Get the Point ブログ (英語) で 4 年間にわたって集めた投稿の一部です。

この投稿では、SharePoint 情報を利用する人が、SharePoint と InfoPath をクリエイティブかつ視覚的に利用することでビジネス プロセスをうまく進める方法について紹介します。

たとえば、多忙な診療所を経営しているとき、もっと効率的なシステムを実装しなければならなくなったとします。タッチ画面キオスクを設置し、患者が受付システムに自分の情報を直接入力できるようにします。SharePoint 統合の InfoPath フォームが必要なソリューションであると判断します。要件を並べてみましょう。

受け入れ数:

  • 1 時間に 60 人

  • 各患者が診断を受け取る必要がある

  • 患者は、脳、肩、胸、肘、前腕、手/手首、腹、腿、膝、踝/足という領域にさまざまな問題を抱えている

当医院のチーム:

  • 10 人の医師 (上記の 10 領域に 1 人ずつ)

  • 専門医がそれぞれ、自分の専門領域の標準的患者を 10 分で診断できる

  • 状況によっては、各医師は患者の診断に 20 分を必要とする

人間の受付がいて、患者を列に並ばせていた従来の方法では、最初に訪れた患者を最初にそのとき対応可能な医師に割り当てていました。各患者を適切な専門医に割り当てれば、100% 効率的になります。専門医であれば、患者 1 人につき 10 分で診断し、毎時間、1 つの領域につき 6 人の患者を診断できるためです。しかしながら、たとえば、患者が外国語を話し、怪我をしている部分の呼び名を知らず、病気の分類にガイダンスを必要とすることがあります。古いシステムでは、患者の名前が呼ばれ、医師のいる部屋に入るまで、それがその患者に適切な専門医であるかわかりませんでした。体の部位を示し、ラベルを付ける、クリック可能な InfoPath フォームを導入すれば、この問題を解決できます。読み手の心理状態に合った、共感しやすい概要説明から始めます。目的を明確に提示します。それから、問題を解決するか、解決までの道のりを示します。

フォームに表示された [痛みのある部分を示す] ボタン

それでは、[痛みのある場所を見せる] をクリックすると、何が起こるか確認してみましょう。

[痛みのある部分をクリックしてください] フォーム

患者はさらに操作を続けます。

IT Groove Medical Center - 損傷部位

最後にこのように操作します。

損傷部位の場所

送信されたドキュメントは SharePoint のライブラリに入ります。すべての医師がそれにアクセスできます。体の部位ごとに 1 つのビュー、ビューごとに 1 人の専門医が割り当てられ、提出時刻 (到着順に対応) で整理された一覧を各専門医は確認できます。待合室から呼び出す患者が示されます。

名前

設定方法の概要については、最初に InfoPath を起動します。

InfoPath を使用する方法の詳細については、 https://msdn.microsoft.com/en-us/office/aa905434.aspx

  1. 新しい ‘空白’ InfoPath フォームを作成します。

    空白のフォーム

  2. フォームをデザインします。私はオレンジ/グレーのテンプレートを使用しました。

    ページ デザイン

  3. 表を挿入します。私はここでもテンプレートを使用しました。塗りつぶし、罫線、フォントでカスタマイズできます。私はできるだけ一般的で見やすいものにします (最終的には、オレンジ色を増やし、ロゴを追加します)。ここから、ラベルとコントロールを追加します。

    メディカル フォーム

    ヒント:コントロール フィールドには適切な名前を付けてください。コントロール フィールドのプロパティに進み、名前を付けます。

  4. 新しいビューを作成します。ビューにはクリック可能な画像が入ります。[ページ デザイン] に移動し、[新しいビュー] をクリックし、名前を付けます。

新規ビュー

ビューの追加

  1. リボンの [ページ デザイン] タブで、[ページ設定] を選択します。[プロパティの表示] ウィンドウが開いたら、[全般] タブを選択し、“背景画像を使用する” ボックスを選択します。画像に移動し、[開く] を選択します。

    プロパティの表示

    注:  既定で画像はタイル表示されず、左上に配置されます (いずれも、[プロパティの表示] で変更できます)。

  2. フォームと画像の位置を調整します。私は Adobe Photoshop を使い、画像の周りの背景を透明にしました。ページの上のタイトルを維持できます。次に、表の 2 つ目の行 (大きな列) を 2 つの列に分割します。1 つはクリック可能画像用で、もう 1 つはその他用です。

    痛みのある場所をクリックする

    この変更を開始するには、[表のプロパティ] に進みます。

    グリッド線の表示

    必要に応じて、表を調整します (私は左揃えにしました)。

    [表のプロパティ] ダイアログ ボックス

    大きなセルを分割します。カバー セルの背景を透明に変更します。

    セルを分割する

    セルを分割する

    新しい左列を右クリックし、[罫線と網かけの設定] を選択し、[塗りつぶし] タブに進みます。“色なし” ボックスをクリックし、[OK] を押します。

    線種とページ罫線と網かけの設定

    必要に応じてサイズを変更します。これで表が設定されました。

    痛みのある場所をクリックする

  3. 次にクリック可能なボタンを作成します。クリック可能なボタンはさまざまな方法で作成できますが、経験からすると、画像はシンプルなほうが作成は楽です。私が使うような (10 個の “ボタン” の並びが縦でも横でもない)、比較的複雑な画像の場合、少々不格好な表になります。ここでも、この部分は自分で決められます。私は表の利用を推奨しますが、私のように複雑にする必要はありません。

  4. 私は 8x10 表を使用しました

  5. 必要に応じて表のサイズを変更します (“クリック可能領域” を 1 つの四角の中に収めることができます)

  6. 必要に応じて、列/行を結合します

  7. 透明な画像を用意します (私は 50 ピクセル x 50 ピクセルの空の透明な .PNG を使用しました)

    表 (8 行 x 10 列)

    サイズ変更およびマージ済み

    [ホーム] タブをクリックし、“ピクチャ ボタン” コントロールを選択します。

    [ホーム] タブ

    新しいボタンを右クリックし、[プロパティ] に進み、透明な画像を選択し ([全般] タブ)、必要に応じてサイズを変更します。体の部位画像の緑色のドットと黄色のドットがすべて同じサイズになりました。私はすべてのボタンを同じサイズで統一することにしました。[OK] をクリックします。

    画像ボタンのプロパティ

    私が個人的に最も速いと考えるボタン マップの作成方法は、1 つのボタンを作成し、ルールを設定し、ボタンを必要とするすべてのセルにコピーアンドペーストすることです。もちろん、効率性は使用する画像によるので、作成方法はあなたの自由です。

    注:  ボタンの並びを完璧に調整するには、場合によっては、上の図のように、各ボタンに特定の余白セットを与える必要があります。

  8. ボタン ルールを設定します。[全般] タブで、(ボタンを選択している状態で) [ルールの追加] をクリックします。ボタンをコピーアンドペーストする場合、ルールの管理ボタンを使用し、次を変更します。“フィールド値を設定する” ルールを追加し、(おそらく、他のビューの) 変更するフィールドを設定し、値を設定します。

    ルールの詳細

    次に、ビューを戻すための 2 つ目のルールを追加します。この透明ボタンをクリックすると、選択した値が設定され、既定のフォーム ビューに戻ります。'ビューを切り替える' ルールを追加し、切り替えるビューを選択します。

    切り替え

    すべてのボタンで繰り返し、ページを整えます。

    ルールの管理

    これで終わりです。これを SharePoint ライブラリに公開すれば、診療所の効率性が大幅に上がります。

    ご成功をお祈りいたします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×