クラッシュした Office アプリケーションを Office 診断プログラムで診断および修復する

2007 Microsoft Office systemでの Microsoft Office 診断プログラムは、一連のなぜお使いのコンピューターがクラッシュする (異常終了) を見つけ出すのに役立つ診断テストします。診断テストに関する問題を判断して、その他の問題を解決する方法を特定することがあります。

に関するヘルプはエラー メッセージ、メールをダウンロードし、ソリューション センター、サポート オプション、およびMicrosoft ヘルプとサポートhttp://support.microsoft.com/

重要: お使いのコンピューターから収集の診断情報がコンパイルされ、お使いのコンピューターに保存されます。データを診断して問題を解決する方法が、Office 診断プログラムと判断した場合は、情報を Microsoft に送信するかどうか、システムが求められます。アクセスを求められたら、テストが完了したら、Web ページのアドバイスからベースのテストの結果。Microsoft と共有しているすべての情報は完全に匿名であるにもかかわらず、自分と個人情報がないする.情報の機密性に関する詳細については、プライバシーに関する声明を参照してください。

この記事の内容

個々 の診断テストのようにできますか。

Office 診断プログラムの実行方法

どの Office 2007 プログラムを使用していますか。

診断テストの内容

Office 診断プログラムを実行すると、通常、次のテストがすべて実行されます。ただし、Microsoft Windows のサーバー バージョンを実行している場合や、管理者が一部のテストを無効に設定している場合などは、一部のテストが実行されないことがあります。

Office 診断プログラムでは、次のテストが実行されます。

  • セットアップ診断    インストールされている 2007 Microsoft Office system のファイルおよびレジストリ設定が破損していないかどうかを調べます。ファイルや設定は、悪意のあるウイルスやハードウェア構成の誤りが原因で破損することがあります。

    以下は、このテストに関する重要事項です。

    • このテストの実行には、15 分以上かかる可能性があります。

    • このテストは、ターミナル サービスまたはリモート デスクトップを使用してシステムにログオンしている場合は、効果的に実行できない可能性があります。

    • まれに、テストの実行中に Microsoft Office インストール ディスクを挿入するよう求められる場合があります。Office のインストール元のディスクまたはネットワーク共有にアクセスできることを確認してください。

      注: この機能は、以前のバージョンの Office ではアプリケーションの自動修復と呼ばれていました。

  • ディスク診断     ハード ディスクの問題を示す形跡がないかどうかを調べます。具体的には、次の機能によりログに記録されたエラーを調べます。

    • Windows システム イベント ログ。

    • ハード ディスクの Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology (SMART) 機能。SMART は、ハード ディスクのユーザーが故障の徴候を事前に察知できるようにするため、ディスク ドライブの製造元によって提供されている機能です。

  • メモリの診断    コンピュータのランダム アクセス メモリ (RAM) の整合性を調べます。

    注: このテストは、サーバー バージョンの Windows では既定で無効にされています。

  • 互換性診断    競合するバージョンの Microsoft Office Outlook がコンピュータにインストールされていないかどうかを調べます。同じコンピュータに 2 つの異なるバージョンの Outlook をインストールすると、コンピュータが不安定になります。

  • 既知の解決方法の確認     コンピュータで最近発生した 2007 Office リリース のクラッシュのデータを確認します。サーバーに接続し、そのクラッシュの原因となった問題に適用できる解決方法を検索します。

ページの先頭へ

Office 診断プログラムを実行する

Office 診断プログラムを実行する前に、すべてのテストが正常に実行されるように、次の操作を行うことをお勧めします。

  • システムの使用を停止できるときに、テストを実行するよう計画します。特に、メモリの診断の実行中は、システムを使用しないようにしてください。

  • できるだけ多くの実行中のプログラムを終了します。

使用中の 2007 Microsoft Office system プログラムに応じて、次の操作を行います。

使用している Office 2007 プログラム

アクセス

Access の場合

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、[Access のオプション] をクリックします。

  2. [リソース] をクリックします。

  3. [診断] をクリックし、[続行] をクリックします。次に、[診断の開始] をクリックします。

ページの先頭へ

Excel

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、次に [Excel のオプション] をクリックします。

  2. [リソース] をクリックします。

  3. [診断] をクリックし、[続行] をクリックします。次に、[診断の開始] をクリックします。

ページの先頭へ

InfoPath の場合

  1. [ヘルプ] メニューの [Office の診断] をクリックします。

  2. [続行] をクリックし、[診断の開始] をクリックします。

ページの先頭へ

OneNote の場合

  1. [ヘルプ] メニューの [Office の診断] をクリックします。

  2. [続行] をクリックし、[診断の開始] をクリックします。

ページの先頭へ

Outlook

  1. [ヘルプ] メニューの [Office の診断] をクリックします。

  2. [続行] をクリックし、[診断の開始] をクリックします。

ページの先頭へ

PowerPoint

  1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[PowerPoint のオプション] をクリックします。

  2. [リソース] をクリックします。

  3. [診断] をクリックし、[続行] をクリックします。次に、[診断の開始] をクリックします。

ページの先頭へ

Project

  1. [ヘルプ] メニューの [Office の診断] をクリックします。

  2. [続行] をクリックし、[診断の開始] をクリックします。

ページの先頭へ

Publisher

  1. [ヘルプ] メニューの [Office の診断] をクリックします。

  2. [続行] をクリックし、[診断の開始] をクリックします。

ページの先頭へ

SharePoint Designer

  1. [ヘルプ] メニューの [Office の診断] をクリックします。

  2. [続行] をクリックし、[診断の開始] をクリックします。

ページの先頭へ

Visio

  1. [ヘルプ] メニューの [Office の診断] をクリックします。

  2. [続行] をクリックし、[診断の開始] をクリックします。

ページの先頭へ

Word

  1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[Word のオプション] をクリックします。

  2. [リソース] をクリックします。

  3. [診断] をクリックし、[続行] をクリックします。次に、[診断の開始] をクリックします。

ページの先頭へ

Office を実行できない場合に Office 診断プログラムを実行する

必要な場合は、Office 診断プログラムを [スタート] メニューから実行することができます。

  • Microsoft Windows の [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] をポイントします。次に、[Microsoft Office] をポイントし、[Microsoft Office ツール] をポイントして、[Microsoft Office 診断プログラム] をクリックします。

ページの先頭へ

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×