クラッシュした場合に備えてファイルを保護する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

クラッシュが発生します。 パワー送信されます。 ユーザーが誤って保存せずにファイルを閉じることがあります。

ドキュメント クロージャが既に発生しており、[ドキュメントの回復] 作業ウィンドウが表示された場合は、「Office ファイルの回復機能」を参照してください。

その一方で、アプリの動作が停止突然ときに、作業が失われないようにする方法を紹介します。

予期しないような場合は、作業内容を失わないためには、OneDrive または SharePoint にファイルを保存して、継続的に変更を保存する自動保存] 機能を使用します。

重要: 自動保存または OneDrive または SharePoint 上で、ファイルが保存されているされないかどうかは、使っていない場合は、[保存] ボタンがまだ友達にします。 最新の作業が失われるしないことを確認、 ボタンの画像保存] を選びます (または ctrl キーを押しながら S キーを押します) 多くの場合。

余分な安全では、名前を付けて、アプリで自動バックアップを設定することができます。

  1. _Gtオプション_gtファイルの保存に移動します。

  2. [X 分間隔で自動回復用データを保存する] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。

  3. 保存せずに終了する場合は、最後のテンプレートのバージョンを残す] ボックスが選択されていることを確認します。

  1. _Gtオプション_gtファイルの保存に移動します。

  2. [X 分間隔で自動回復用データを保存する] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。

  3. 保存せずに終了する場合は、最後のテンプレートのバージョンを残す] ボックスが選択されていることを確認します。

    重要: 自動セットアップしている場合でも、[保存] ボタンがまだ友達にします。 最新の作業が失われるしないことを確認、 ボタンの画像保存] を選びます (または ctrl キーを押しながら S キーを押します) 多くの場合。

ヒント

回復されたファイルに含まれる新しい情報の量は、Office プログラムで、回復用ファイルを保存する頻度によって異なります。 たとえば、回復ファイルが 15 分ごとにしか保存されない場合、回復されたファイルには、電源障害や他の問題の発生前の最後の 14 分間の作業内容は含まれません。 念のため、[分ごと] ボックスに小さい数値 (5 や 10 など) を入力しておいてください。 そうすれば、5 分または 10 分以上の作業内容が失われることはありません。

その一方で、Office やや高速化する場合は、] ボックスに 20 より大きい数値を入力してみてください。

詳細

自動回復が複数のファイルが保存されます。 また、(そのことができます) 場合、ワークスペースを保存します。 スプレッドシートを Excel で開くし、電源が切れたします。 Excel を再起動すると、自動回復しようとスプレッドシートをもう一度開くと、同じセルを選択する前がレイアウトします。

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×