クラスのノートブックの電子情報開示エクスポート ガイド

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

概要

クラス ノートブック、スタッフ用ノートブックの場合は、Skype ノートブック コンテンツをエクスポートすることができますを指定する 2 つの方法。

  1. 教師と生徒向け: O365 Enterprise または教育機関向けのアカウント、または個人の Microsoft アカウントにコピーを保存する、アプリで操作します。 これは、クラス ノートブックのアプリでエクスポート ガイドに記載されています。

  2. 管理者の場合: 電子情報開示一括または O365 のコンテンツのエクスポートを選択します。

このドキュメントの詳細電子情報開示のエクスポート クラスのノートブックの教師、学生の役割に固有のコンテンツの柔軟なクエリを有効にすると、一括エクスポートします。 クラスのノートブックは、ノートブックの特定の構造に適用されている役割ベースのコンテンツの権限を適用します。 したがって構造、役割、およびエクスポートしたコンテンツに対するアクセス許可する必要がありますを維持するための出席依頼をエクスポート ユーザーのこのドキュメントに記載されているとします。

電子情報開示検索用の基本を導入するための O365 のマニュアルを参照し、エクスポートします

この文書の最初のセクションでは、電子情報開示を使用してエクスポートする詳しい手順の後に、クラスのノートブック構造および権限モデルについて説明します。

背景

OneNote の保存形式]

  • ノートブック (SharePoint Online でのフォルダーが SPFolder に対応する)

    • セクション (SharePoint Online でのファイルが SPFile に対応する)

    • セクション グループを (SharePoint Online でのフォルダーが SPFolder に対応する)

      • セクション (SharePoint Online でのファイルが SPFile に対応する)

OneNote ノートブック フォルダーがある場合、セクション グループはノートブック フォルダーのサブフォルダーとします。セクションの内容は、ファイル (.one 拡張子) です。 ページは、SharePoint 内で実際的に表現を持っていない、ページのセクションのファイルの内容は、代わりにします。

クラスのノートブックとは

クラスのノートブックは、教師と学生が (に独自のセクション グループ) の読み取り/書き込みのアクセス権を持つ中にノートブック全体への読み取り/書き込みアクセスと共有セクション グループへのアクセスを R/O 教師を許可するテンプレートです。ツリー、次の 2 番目のレベルでセクション グループには、セクション グループ (教師を後で追加される) 自体ことができます。

クラスのノートブックとは

クラスのノートブックの権限モデル

すべてのフォルダーやファイルを SharePoint Online のアクセス許可が関連付けられていることがあります。

  • 親から継承
    これは、アクセス許可の継承と呼ばれます。親の権限が子渡されていることを意味します。

  • フォルダー/ファイル自体で定義されている
    ファイルまたはフォルダーには、この一連の親から子への継承を解除できます。この時点では、子のアクセス許可は、親の権限に関係なくです。SharePoint Online、追加、編集、およびアクセス許可を削除することができます。元の親の影響を与えるこれらの変更がないです。

クラスのノートブックのルート フォルダーとクラスのノートブック セクション グループ (_Content ライブラリ、スペース、学生の個人的なセクション グループのみ、_Teacher _Collaboration) は、自分で定義されている権限を持っています。これは、継承チェーンからのアクセス許可が壊れているし、独自の権限があることを意味します。

クラスのノートブックのセクションでは、セクション グループのアクセス許可を継承します。

クラスのノートブックがどのように見えるかきた後、は、ユーザーに次のアクセス許可が付与されます。

  • ノートブック フォルダー アクセス許可を与える学生と教師の読み取り/書き込みには読み取り専用

  • "_Content ライブラリ"には、教師の読み取り/書き込みアクセス許可を与えるし、学生に読み取り専用の"_Collaboration スペース"フォルダーが教師読み取りおよび書き込みをするアクセス許可を提供します。学生も読み書きのアクセス許可します。

  • 各学生の個人的なセクション グループは、教師と学生のセクション グループの読み取り/書き込みアクセスのみを提供します。

SharePoint Online の役割に基づくで対応するアクセス許可

ロール

SharePoint の読み取り/書き込みのアクセス権の名前

教師/リーダー

フル コントロール

学生/メンバー

投稿

クラスのノートブックのエディション

クラスのノートブックの現在の段階は次のとおりです。

  • クラスのノートブックの教師)

  • Skype のノートブック (Skype edu で使用)

  • 学校の管理者) (スタッフ用ノートブック


クラスと Skype ノートブックは、上記の構造に従います。スタッフ用ノートブックとは異なるラベルのような構造があります。教師の名前は、リーダー、メンバーの名前を学生が付けられます。

このため、構造になりますとおり スタッフ用ノートブック

クラスのノートブックは、SharePoint Online サイトに保存されます。

クラスのノートブックは、"Class Notebooks"、"Staff Notebooks"、「Skype ノートブック」フォルダー] の下の既定の一覧で、SharePoint サイトに保存されます。これらのフォルダー名は、クラスのノートブックの言語を基に変換されます。

チームのクラスのノートブックですが、チームごとに 1 つのクラスのノートブックがあります。さらに、[リソース] ライブラリに格納されている既定のノートブックにプロビジョニングされます。

タイトル"EduOneNoteAppDocuments"の一覧で、古い OneNote Class Notebook Creator SharePoint ストア アプリのノートブックが保存されています。各教師には、タイトルを表示したサブフォルダーは必要があります「< メール > 名前」で自分のノートブックが保存されています。

例:

EduOneNoteAppDocuments

< JohnDoe > @contoso.org_Courses

電子情報開示の管理ポータルの手順ガイド

  1. 管理ポータルでのプライベート Edge ブラウザーを使用してにログインします。

  2. 管理者を選択します。
    管理] ボタン

  3. 管理センターを選択します。
    管理センター

  4. 管理センターから、ドロップダウンを展開し、[セキュリティとコンプライアンスを選択します。
    [セキュリティとコンプライアンス

  5. ドロップダウン リストで、[検索と調査をオンにして電子情報開示を選びます。
    電子情報開示を選択します。

  6. ケースを作成] を選択を名前と、ケースの説明を入力します。
    メモ:
    ケースを作成する] を選択

    • 電子情報開示ケース内のデータには、各クエリに作成する必要があります。

    • この用語は、この管理関数は通常の大文字と小文字の法的または組織の大文字と小文字のコンテキストで使用するために使用されます。

  7. 新しく作成した場合は、下に保存されます。
    完了したケースを作成します。

  8. 開いている場合は、 [エクスポートするにはを選んで新しい検索クエリを作成するのには+をクリックします。
    プラス記号を選択します。

  9. クエリの名前を入力し、[検索場所でダイヤルをオンにします。

  10. 選択、' SharePoint] チェック ボックス"[次へ] を選びます。
    共有ポイント

  11. クラスのノートブックの名前を選択するかまたはだけに学生の名前がフォルダー。 クラスのノートブックの階層クラスの名前が、最上位レベルのフォルダーはどこには、SharePoint ドキュメント ライブラリ フォルダーを使用するように指定することが生まれますすべてのサブフォルダーに学生セクションごとに 1 つのサブフォルダーします。 このクエリで、学生の名前を指定するとだけ結果が返しますされた学生のセクションのサブフォルダーの。  ここでは検索ノートブック全体については、"テストのクラス 1 6 ~ 20"します。 次にヒット.
    検索キーワード

  12. クエリ保存されます (強調表示されている) と、右側のウィンドウに結果。 9 項目の一覧に表示されて注目してください。"検索結果のプレビュー] を選んで
    検索結果のプレビュー

  13. 検索結果 9 項目の一覧が表示されます。 左側のウィンドウで、リスト内のアイテムのうちいずれかをクリックすると、そのアイテムの情報が表示されます。  選択したノートブックは SharePoint 上のフォルダー パス クラスのノートブックのルート フォルダーに対するです。  それを使う 2 番目のクエリでそのフォルダー内の内容をそのフォルダーのパスを CLIPBORD にコピーします。 フォルダーでは、この項目をダウンロードすることはできませんに注意してください。  このウィンドウを閉じます。
    検索結果のプレビュー 2

  14. ウィンドウを閉じる前の検索ページに戻ります。 鉛筆をクエリの編集] をクリックして
    検索を編集します。

  15. 条件を追加する新しいクエリ] をクリックして:
    条件を追加します。

  16. 「表示キーワード リスト」をクリックすると、前の手順でクラスのノートブックのルート フォルダーのパスを含めるようにクエリを絞り込みます。 これは、キーワードの一覧を下方向にドロップします。  置換するには、"テストのクラス 1 6 ~ 20"キーワードを使用して、クラスのノートブックのフォルダーのパスを持つクエリ パス:"< クラスのノートブックのフォルダーへのパス/"します。  注意パスは、および必要があります終了 IN A スラッシュ下引用符で囲まれたなければなりません。 パスでスラッシュ、せずに、クエリは失敗します。
    誤入力のクエリを確認します。

  17. One Note (.one) ファイルの種類のみを検索を絞り込む上から、"条件の追加] を選択します。 ドロップダウン リストの種類の条件が表示されます。 "ファイルの種類] の下にある、強調表示されている
    ドロップダウン リスト

  18. OneNote のファイルの拡張子であるため、「一」ファイルの種類を選択します。 [検索] をクリックします。
    ファイルの種類

  19. このクエリでは、すべての .one ファイルの結果をここでは 14 アイテム] フォルダーで返します。 ["検索結果のプレビュー] をクリックして、フォルダー内の .one ファイルの一覧を表示する:
    検索結果のプレビュー

  20. メモ、結果の一覧には、クラスのノートブックのルート フォルダー パスの下にある階層全体ですべての .one ファイルが含まれます。 これにより、各学生のフォルダーが含まれます。    1 つの .one ファイルを選択する場合は、可能であること、"をクリックしてくださいここ"を使用します。 必要な場合は、これを使って、一度に 1 つのファイル、ノートブックのフォルダー/ファイル階層は反映されず、だけを選択する場合は、1 つの .one ファイルをダウンロードします。  必要になるよう、有効な OneNote 完全なファイルではないために、.one ファイルを OneNote で開くことができないことを確認します。有効なファイル階層内の目次 (OneNote チームは、インポートからノートブックをもう一度取り込むにします。階層) を 1 つです。
    プレビューでサポートされていません。

  21. [クエリ] ページに戻るにはダイアログ ボックスを閉じます。  強調表示されている下向き矢印をクリックすることが必要になる (hover が表示されます「エクスポート」) ノートブック全体のどの全体のフォルダー階層のエクスポートを開始します。 下向き矢印をクリックすると、「結果をエクスポートする」が表示されます。 このオプションを選択します。
    エクスポート

  22. 今すぐエクスポートのオプションを求めるページが表示されます。 「を除くすべてのアイテムが認識されない形式...」、1 番目のラジオ ボタンを選択し、"エクスポートの開始] をクリックしてください

  23. エクスポートが完了すると、結果が右側のウィンドウに表示されます。 今すぐ選択「エクスポート結果のダウンロード」
    エクスポートされた結果をダウンロードします。

  24. ページは、結果の確認のダウンロードを表示しを次の手順で電子情報開示エクスポート アプリ内で使用するクリップボードにコピーする必要があるエクスポート キーを表示します。 クリップボードにコピーした後に、「結果のダウンロード」を選択
    結果をダウンロードします。

  25. 「結果のダウンロード] をクリックしたとき以前エクスポートを実行していない場合、電子情報開示エクスポート ツールをインストールするようにを求められます。 インストールを選択します。
    インストール

  26. セキュリティの検証メッセージが表示されたら、ダウンロードを開始するのには、次の「開く」をクリックして
    開く

  27. エクスポート ツールを開いた後が求められることから、上のキーとファイルをダウンロードするまで選択範囲にペーストする:
    キーのエクスポート

  28. エクスポート ツールは、プロセスでは、ダウンロードするファイルの数に応じて時間がかかるの中に進捗状況を報告します。
    close

  29. エクスポートの結果は、いくつかのサブ フォルダーが含まれている、選択したフォルダーに格納されます。最初のサブフォルダーにエクスポート] の概要が含まれているし、"SharePoint"フォルダーには、リーフ ノード] フォルダーにある OneNote ファイルの内容が含まれています:
    エクスポートされたクラスのノートブック ファイルの場所

  30. 「サイトのリソース ファイル」フォルダーに移動すると、ノートブックとセクションの最初のノートブック内の開始] ページでセクション グループの各フォルダーが表示されている、クラスのノートブックのルート フォルダーが含まれます。 コンテンツ ライブラリと共同作業スペースの下にあるノートブックの共有、コンテンツは、(学生 48 ビクター、および学生 50 x 線は、2 つの学生) 学生の各フォルダーがある
    エクスポートするクラス ntoebook サイトのリソース ファイル

  31. 「学生 48 ビクター」のフォルダー (セクション グループ) に移動すると、学生のセクション グループ内のセクション (.one ファイル) が表示されます。
    エクスポートするクラス ntoebook サイトのリソース ファイル 2

そのノートブックを再作成するには、学生は、次の手順を実行できます。

  1. OneNote 2016 を開いて (可能であれば、OneDrive) 上の新しいノートブックを作成します。

  2. OneNote 2016 のいずれかで各 .one セクションを開きます。

    • .One ファイルをダブルクリック

    • 2016 では、ファイルに > 開く > 参照 > すべてファイルを表示する (*. *) > 選択、します。1 つのファイル > 開く] をクリックして

  3. いずれかで新しいノートブックにセクションをコピーします。

    • クリックし、新しいノートブックにセクションをドラッグします。

    • セクション タブと [移動またはコピーを右クリックしてください、新しいノートブックを選択およびコピー] をクリックしてください

ユーザーを開く方法の OneNote 業者ストーリーはどこにします。いずれかのファイルです。

メモ: API のアクセス権を OneNote には、OneNote ドキュメントの構造を特定のアクセス許可を設定するユーザーができるようにします。クラスのノートブックのようなので、します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×