クラス、コンポーネント、その他の要素にインタフェースを追加する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

  1. 静的構造、 コンポーネント、または配置図インターフェイス図形を図面ページにドラッグします。

  2. 接続に円 接続ポイントの画像 - 青い X クラスコンポーネント、またはその他の要素をポイントすることがなく、端点を接着します。

  3. 名前や操作などのプロパティ値を追加するには、[インターフェイス] 図形をダブルクリックします。

ヒント

クラスに類似した長方形の [インタフェース] 図形を使用して、インタフェースを表すこともできます。この図形は、インタフェース操作の一覧を表示する場合に使用します。

インタフェースに表示される図形の種類を変更するには、[インタフェース] 図形を右クリックして、[クラス型インタフェースとして表示] または [ロリポップ インタフェースとして表示] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×