スキップしてメイン コンテンツへ

クラシックエクスペリエンスの SharePoint チームサイトを新しい Office 365 グループに接続する

サイトコレクション管理者は、既存の SharePoint チームサイトを新しい Office 365 グループに接続できます。 この接続によって、 Office 365 グループのコンテンツとリソースを使用して、チームの生産性を向上させることができます。 これらのリソースには、次のものがあります。

  • Outlook のグループ会話に使用する共有メールボックス

  • 期限、イベント、チーム休暇を追跡できる共有予定表

  • 新しい Planner web パーツで利用できるタスク管理ツール

  • リアルタイムの常設チャットのために Microsoft Teams でチームを追加するためのオプション

  • Office 365 リソース全体でライフサイクルとポリシーが関連付けられた単一の共有グループの id

サイト コレクション管理者

サイトコレクション管理者は、既存のチームサイトコレクションを Office 365 グループに接続できます。 これには、クラシックチームサイトテンプレート (STS # 0) とコミュニティサイトテンプレート (コミュニティ # 0) などの従来のテンプレートが含まれますが、Office 365 グループに接続できないテンプレートもあります。 

  • BICENTERSITE # 0

  • BLANKINTERNET#0

  • ENTERWIKI # 0

  • SRCHCEN#0

  • SRCHCENTERLITE#0

  • POINTはっこう HUB # 0

  • POINTはっこうトピック # 0

また、サブサイトまたは "/sites/ContentTypeHub" サイトを新しい Office 365 グループに接続することもできません。 グループに接続した後、既存のチームサイトは同じ URL、設定、権限を保持します。 その後、管理者は、接続されているグループに他の所有者とメンバーを追加することができます。

ヒント: 近代化準備ツールを使用すると、 Office 365 グループに接続する準備ができたサイトに関する情報など、テナント内のサイトコレクションに関するレポートを生成することができます。 また、レポートでは、 Office 365 グループに接続する前に注意が必要となる可能性があるサイトコレクションも特定します。

重要: SharePoint 管理者がこの機能を有効にしている場合、サイトの所有者は、新しい Office 365 グループに接続するプロセスを開始できます。 詳細については、「サイトコレクションの管理者が従来のチームサイトを新しい Office 365 グループに接続できないようにする」を参照してください。

既存の SharePoint チームサイトが新しい Office 365 グループに接続されている場合、その URL、設定、権限は変更されません。 これは、サイトの所有者、メンバー、訪問者が、中断することなく作業を続けることができることを意味します。 既存のページが自動的に更新されることはありませんが、チームサイトの近代化を始めることができます。 これは、既存のページが変更されるのではなく、新しいモダンチームサイトのホームページが追加されることを意味します。 前のホームページへのリンクが、左側のナビゲーションバーの [ホーム] の下にあるサイトのナビゲーションに追加されます。 カスタマイズした内容を新しい最新のチームサイトのホームページに移動する場合は、前のホームページへのリンクが表示されます。 さらに、新しいページを作成することも、新しいページの1つをサイトのホームページとして設定することもできます。

詳細については、「SharePoint チームサイトと連携して作業を効率化する」を参照してください。 office 365 アプリの統合office 365 グループについて説明します。

既存のサイトを新しい Office 365 グループに接続するには   

  1. 上のスイートのナビゲーションヘッダーの [設定] メニューを開き、[新しい Office 365 グループに接続する] をクリックします。

    この画像は、歯車アイコンメニューを示し、[新しい Office 365 グループに接続する] を選択しています。
  2. グループの作成エクスペリエンスが表示されます。 必要に応じて、グループ名とメールエイリアスを更新し、グループのプライバシーと分類 (テナントで有効になっている場合) を選択します。 次に、[グループの接続] をクリックします。 グループの作成と設定の詳細については、「 Office 365 グループについて」を参照してください。

    これは、新しい O365 グループプロパティページです。

    注: チームサイト内に Office 365 グループに接続するセキュリティグループがある場合、各メンバーを新しいグループメンバーに個別に追加する必要があるという警告が表示されます。 これにより、メンバーは他のグループワークロードにアクセスできます。

    この画像は、新しい Office 365 作成ウィザードの最初の画面を示しています。
  3. [ユーザーの追加と割り当て] パネルが表示されます。 これは、既存のサイトの検査に基づいて、所有者とメンバーの一覧です。 新しい所有者とメンバーを追加したり、提案されたリストからユーザーを削除したりすることができます。 完了したら、[完了] をクリックします。

    新しい O365 グループに所有者とメンバーを追加します。
  4. 新しいサイトのホームページが表示されます。

    新しい最新のホームページには、次のものが含まれます。

    • 左側のナビゲーションバーの [ホーム] の下に表示されている前のホームページへのリンク

    • 左側のナビゲーションバーにある [会話] へのリンク。グループの Outlook メールボックスに移動します。

    • サイトでの実際の使用状況が表示されるサイトアクティビティの web パーツ

    • ニーズに合わせて簡単に変更できる最新のページレイアウト

    • プライバシー、分類 (設定されている場合)、メンバーの写真など、ヘッダー内のグループ情報

    いつでも、新しいグループのメンバーシップを管理できます。

    新しい Office 365 グループに接続して、古いチームサイトへのリンクが含まれている場合に、チームサイトが表示されます。

サイトの権限とグループメンバーシップ

サイトの権限とグループメンバーシップは個別に管理されます。 グループのメンバーは常にチームサイトにアクセスできますが、チームサイト自体は、グループメンバーではない他のユーザーと共有することができます。

サイトとグループには、さまざまな種類の権限があります。 次のリストは、サイトの権限とグループメンバーシップの間の関係を示しています。

サイト コレクション   

次に、サイトコレクションの既定のアクセス許可グループ (既定のアクセス許可レベル) を示します。

  • チームサイトの所有者 (フルコントロール)

  • チームサイトのメンバー (編集)

  • チームサイトの閲覧者 (閲覧)

これらのグループは、 Azure Active Directory グループや Office 365 セキュリティグループなどの入れ子になったメンバーシップをサポートします。

Office 365 グループ   

以下に、グループの役割を示します (アクセス許可レベルが含まれています)。

  • グループの所有者 (フルコントロール)

  • グループメンバー (編集)

これらの役割は、Azure Active Directory グループや Office 365 セキュリティグループなどの入れ子になったメンバーシップをサポートしていません。 これらのロールにユーザーを追加すると、関連するサイトコレクションのアクセス許可グループに自動的に追加されます。グループの所有者は、サイトの所有者になり、グループのメンバーはサイトのメンバーになります。

グループを既存のサイトに接続する    

既存のチームサイトを新しい Office 365 グループに接続した場合、次のアクセス許可の変更が発生します。

  • チームサイトを新しいグループに接続するサイトコレクション管理者は、グループの所有者になります。

  • SharePoint Online は、サイトの現在のユーザーに基づいて、グループの所有者とグループメンバーグループに追加されることをユーザーに提案します。 [サイトのアクセス許可] グループにセキュリティグループまたは Azure Active Directory グループが含まれている場合は SharePoint Online 、これらのグループの内容に基づいてグループメンバーを提案することはできません。これらのユーザーをグループに手動で追加する必要があります。

  • 指定した新しいグループメンバーが、関連付けられたサイトコレクションのアクセス許可グループに追加され、グループの所有者がチームサイトの所有者グループに追加され、グループメンバーがチームサイトのメンバーグループに追加されます。

    これらの変更は、サイトコレクションレベルで行われます。 サブサイトがあり、アクセス許可の継承が解除されている場合、アクセス許可のモデルは変わりません。 [アクセス許可] は、作成したモデルに基づいて、新しいグループ所有者とメンバーを含む、サイトコレクションレベルから下位にフィルターを適用します。

  • 新しいグループのプライバシーレベルを [パブリック] に設定した場合は、組織内のすべてのユーザー (外部ユーザーを除く) にグループメンバーアクセス権が割り当てられます。

関連項目

ユーザーがクラシックチームサイトを新しい Office 365 グループに接続できるようにする

SharePoint チーム サイトとは?

SharePoint Online でチーム サイトを作成する

SharePoint チーム サイト設定を管理する

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×