クラシックなページにビデオ、オーディオ、または画像を追加します。

クラシックなページにビデオ、オーディオ、または画像を追加します。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

クラシックSharePointページにメディア (ビデオ、オーディオ、画像など) を追加することができます。メディア ファイルは、お使いのコンピューターから、SharePoint、またはファイル共有などの別の場所から取得できます。ビデオを YouTube、Vimeo、Hulu などの web サイトを共有しているビデオを埋め込むことができます。

警告: オーディオ ファイルをアップロードする場合、します。WAV 形式のほとんどのブラウザーが正しくないをメッセージが表示する可能性があります。メッセージの状態を「メディア プレーヤーの Web パーツは、この形式でファイルを再生できません」Chrome を除くすべてのサポートされるブラウザーの正しいはありません。メッセージを無視し、[ファイルのアップロードを続行します。

重要: この手順を実行するには、ページを編集するための権限が必要です。

クラシックな SharePoint Online にビデオを挿入、2016 または 2013 のページ

  1. メディアを追加するページに移動します。

  2. [ページ] タブを選びます。リボンの [編集] をクリックします。

  3. ページの編集可能な領域内をクリックします。

  4. [挿入] タブを選択し、リボンの [メディア] グループで [ビデオとオーディオ] をクリックします。

    [編集] リボンのビデオまたはオーディオ] ボタンを挿入します。

  5. 次のオプションが表示されます。

    • コンピューターから

    • 埋め込む

    • SharePoint から

    • [アドレスから

    これらのオプションのいずれかでメディアを挿入する方法については、以下のリンクのどれかをクリックしてください。

コンピューター上からファイルをアップロードするには、次の手順に従います。

  1. [コンピューターから] をクリックします。

  2. ブラウザーでファイルの場所を確認してファイルを選び、[開く] をクリックします。

  3. 宛先ライブラリ ファイルを保存する場所を指定します。
    メディア ライブラリは、インポート先として指定することをお勧めします。メディア ライブラリは、特に、メディアと、ビデオのサムネイル画像プレビューなどの機能が自動的に追加します。これらの機能を簡単にすると、メディア ファイルを操作します。
    メディア ファイルをメディア ライブラリを設定する方法については、イメージ、オーディオ、またはビデオ ファイルを保存するメディア ライブラリを設定するを参照してください。

  4. [OK] をクリックします。

ビデオ共有 web サイトなど、YouTube、Vimeo、Hulu、または類似したサイトからビデオを埋め込む、基本的な手順に従います。

ビデオのサイトでは、次の操作を行います。

  1. 使用するビデオを表示します。

  2. 検索し、[ビデオの [共有] をクリックします。

  3. によっては、サイト、埋め込みのリンクをクリックする必要がありますかがあります。キーを押して、埋め込みコード] をクリックします。Ctrl + Cコピー、または右クリックし、ショートカット メニューから [コピー ] をクリックします。

セキュリティ メモ:  セキュリティ上の理由から、SharePoint では <iframe> タグという埋め込みコードのみをサポートしています。

SharePoint サイトでは、次の操作を行います。

  1. [埋め込み] をクリックします。

  2. 次に、] ダイアログ ボックスで、埋め込みコードを貼り付けます。

    ビデオ共有サイトからコピーされたビデオを埋め込む <iframe> 埋め込みコードのスクリーンショットです。 この埋め込みコードは架空のものです。

    ヒント:  通常、大手のビデオ共有 Web サイトでは、容易にビデオの埋め込みコードを確認することができます。[埋め込み] または [共有] オプションを確認し、画面に表示される指示に従って、埋め込みコードを表示します。埋め込みコードが表示されたらコピーして、上で示した画像のように、コードを貼り付けます。

  3. [挿入] をクリックします。

SharePoint サイト上にあるビデオを追加するには、次の手順に従います。

  1. クリックしてSharePoint から。[メディアの選択] のフォルダーまたはライブラリを参照することができますが開きます。

  2. ビデオや音声ファイルが保存されている、[メディア ライブラリ] などの場所を表示します。

  3. 目的のファイルを選び、[挿入] をクリックします。

ビデオを追加するには、web 上の別の場所から、次の手順に従います。

  1. [アドレスから] をクリックします。

  2. 使用するには、ファイルの URL を入力し、[ OK] をクリックします。URL は、ビデオ ファイルに直接ポイントする必要があります。例: http://contoso.com/VideoFile.wmvします。

ページにビデオまたはオーディオを追加すると、SharePoint メディア Web パーツが挿入されます。メディアを追加した後には、Web パーツをカスタマイズできます。などのサイズや位置を変更、タイトルを編集またはロゴを追加するカタログをする可能性があります。

ページにビデオを追加するたびに、コンテンツのキャプションおよびオーディオ説明を必ず含めてください。キャプションを使用すると、聴覚障碍のあるユーザーがコンテンツを知ることができるほか、また、ネイティブ スピーカー以外のビデオの視聴者を支援できます。

ページ上のメディア Web パーツに変更を加えたい場合は、次の手順に従います。

  1. ビデオを含むページに移動します。

  2. [ページ] タブを選び、[編集] をクリックします。

  3. ビデオでは、ページが表示されたら、ビデオ画像を開き、[メディア] タブのリボンを任意の場所をクリックします。

    [編集] リボンの [メディア] タブ

  4. リボン上の [プレビュー] グループで [イメージの変更] をポイントし、音声 ファイルまたはビデオ ファイルのプレビューとして表示するイメージ ファイルを選びます。プレビュー イメージを更新しない場合は、ファイルの形式に基づいた既定のイメージが表示されます。

  5. [プロパティ] グループでは、表示されるタイトルの入力や変更ができます。また、ページがロードされたときに自動的にファイルを再生するかどうかや、停止するまで繰り返し再生するかどうかなどを指定することもできます。

  6. リボンの [プレーヤーのスタイル] で [スタイル] をポイントすると、プレーヤーに設定するスタイルを選べます。

  7. リボンの [サイズ] でプレーヤーの横と縦のサイズを変更することもできます。

  8. メディア Web パーツを編集するには、メディア タイトルにマウス ポインターを置くし、[メディア Web パーツ] メニューを開くに表示される矢印をクリックします。

    [Web パーツ メニュー] で [Web パーツの編集] を選択

  9. [Web パーツの編集] を選び、画面の横で編集ウィンドウを開きます。

  10. Web パーツの編集] パネルを変更するプロパティを選択します。変更が完了したら、[適用を] をクリックします。

    メディアの Web パーツの [編集] パネルに、構成するプロパティの一部が表示されているスクリーンショット

  11. [OK] をクリックして編集ウィンドウを閉じ、元のページに戻ります。

  12. ページに対する変更が完了したら、[ページ] タブを選び、[保存] をクリックします。ページがチェックアウトされている場合は、警告のメッセージとリンクが表示されるので、チェックインします。

Web ページに多くの小さい、フルバージョンのコントロール バーを配置する方法を示します。このコントロール バーはポッド キャスト、大きすぎるすると、完全なメディア web パーツなどのオーディオ ファイルに最適です。

  1. オーディオ ファイルおよびトランスクリプト ファイルを [サイトのリソース ファイル] フォルダーにアップロードします。

    1. 右上隅にある、[設定] メニューを開くには、[設定] を選びます。

    2. [サイト コンテンツ] リンクを選択します。

    3. [サイトのリソース ファイル] フォルダーに移動します。

    4. オーディオ デバイスとのトラン スクリプト ファイルをフォルダーにドラッグします。

    5. ファイルの URL を取得します。ファイル操作メニューを開くには、ファイル名の横にある省略記号を選択します。操作メニューからリンクをコピーして、別のファイルに貼り付けます。このリンクは、後でオーディオ埋め込みコードに必要になります。

  2. [編集] リボンを開き、[編集] モードにするには、ビデオを表示するページで [編集] リンクを選択します。

  3. ビデオを表示する場所にフォーカスを移動します。

  4. [埋め込み] ダイアログ ボックスを開くには、[挿入] タブで [ビデオとオーディオ] グループを開き、[埋め込み] を選択します。

    スクリプトを貼り付けるか、ビデオやオーディオ ファイルのコードを埋め込んでからコードを挿入するための、SharePoint Online の [埋め込み] ダイアログのスクリーンショット。
  5. 埋め込みコードをフィールドに貼り付けて、"src =" の後にオーディオ ファイルの URL を引用符で囲んで挿入します。

    <audio src="your-audio-file-URL-here.mp3"controls="controls"></audio>

    このコードにより、ページ上にメディア コントロール バーが配置されます。ユーザーはこのバーを使用して、再生を開始および停止できます。

    ヒント: 埋め込みコードが正しく書式設定されていないか、または存在しないファイルの場所をポイントしている場合、[挿入] ボタンはアクティブになりません。

  6. 完了したら、挿入するページ上に、音声コントロールを配置する] を選びます。次のように埋め込まれた音声コントロールが表示されます。

    オーディオ ファイルの全時間長が示され、ファイルの再生を開始および停止するコントロールがある、SharePoint Online の [スニペット] オーディオ コントロール バーのスクリーンショット。
  7. オーディオ コントロール スニペットの最後にフォーカスを移動します。次の行に移動するには、Enter キーを押します。

  8. オーディオ トランスクリプト ファイルにリンクを挿入します。

    1. [メディアの選択] ダイアログ ボックスを開くには、[挿入] タブで [リンク]、[SharePoint から] の順に選択します。

    2. オーディオ トランスクリプト ファイルを選択し、Insert キーを押します。これにより、ファイルの名前がリンクのテキストとなるハイパーリンクが挿入されます。

    3. リンク内のファイル名の最後の文字の直前に、フォーカスを移動します。Backspace キーをゆっくり押して、ファイル名の最初と最後の文字を除くすべての文字を削除します。

      ヒント: これにより、リンクはそのままの状態で、リンクのテキストを変更するために必要な正確な位置にカーソルを保持できます。

    4. リンクに適切なテキストを入力します。たとえば、オーディオ トランスクリプトの場合、「オーディオ トランスクリプトを表示する」と入力します。

    5. ファイル名の残りの文字を削除します。

  9. 完了したら、ページの上部にある [保存] をクリックして、すべての変更を保存します。

SharePoint Online クラシックを使用して、ページにOffice 365 ビデオまたはMicrosoft Streamを追加できます。Office 365 ビデオからビデオを埋め込むまたはストリーム web パーツを使用するを参照してください。

写真、画像、クリップアート、または音声を使用している場合は、ユーザーの責任において著作権遵守ができました。

  1. [編集] リボンを開き、[編集] モードにするには、編集するページで [編集] リンクを選びます。

  2. 画像を表示する場所にフォーカスを移動します。

  3. [イメージのアップロード] ダイアログ ボックスを開くには、[挿入] タブで [画像] グループを開き、[コンピューターから] を選択します。

    SharePoint Online のリボンのスクリーンショット。[挿入] タブを選択し、[画像] を選択して、ファイルをコンピューター、Web アドレス、SharePoint の場所のいずれからアップロードするかを選択します。

    ヒント: 画像の URL を貼り付けることによって、インターネットから画像を挿入するからアドレスを選択します。SharePointサイトから画像を挿入するには、[ SharePoint から] を選びます。

  4. ファイルを選択するには、(既定の選択肢は、[サイトのリソース ファイル] フォルダーは) SharePointサイト] 先のフォルダーを選択し、別の画像のバージョンについてのメモを追加します。

  5. 自分の写真を挿入して、[画像] タブを有効にする]、 [ok]を選択します。

    [画像] タブが選択された SharePoint Online のリボンと、[選択]、[プロパティ]、[スタイル]、[配置]、[サイズ]、[間隔] の各グループの選択項目が示されているスクリーンショット。

    ヒント: [イメージ] タブは、イメージの選択時にのみ表示されます。

  6. [イメージ] タブの [代替テキスト] ボックスに移動し、イメージの代替テキストを入力します。

  7. 作業が終了したら、[保存] をクリックします。

アクセシビリティに関するヒント   

  • 代替テキストは、簡潔かつわかりやすい必要があります。

  • 適切な代替テキストは、その画像が重要な理由をリスナーに伝えます。

例や詳細情報へのリンクを含む代替テキストの詳細については、「WebAIM Alternative Text (WebAIM 代替テキスト)」を参照してください。

メディア Web パーツをページに追加します。

[メディア Web パーツを使用すると、ページにオーディオまたはビデオ クリップを再生します。[メディア Web パーツでサポートされている特定のビデオと音声の形式の詳細については、サポートされているメディア形式と silverlight プロトコルを参照してください。

この手順を実行するには、ページを編集するための権限が必要です。

  1. 更新する] ページに移動します。

  2. [ページ] タブのリボンの [編集] をクリックします。

  3. 次の操作のいずれかを行います。

    • Wiki ページまたは発行ページを編集している場合は、メディア Web パーツを追加、編集ツールの [リボンの挿入] タブをクリックし、[ビデオとオーディオ] をクリックするページで編集可能な場所をクリックします。

    • Web パーツ ページを編集している場合は] 列で [ Web パーツの追加] をクリックしてまたはゾーンの埋め込みメディアします。[カテゴリ] の [メディアおよびコンテンツをクリックします。[ Web パーツ]メディア Web パーツ] をクリックし、[追加] をクリックします。

  4. [メディア Web パーツは、[ページが表示されたら、ここをクリックすると、構成することを示すテキストをクリックします。
    新しく挿入されたメディア Web パーツ

  5. リボンの [メディアのオプション] タブをクリックします。

  6. 特定のオーディオまたはビデオ ファイルを表示するメディア Web パーツを構成するには、するには、メディアの変更] をポイントし、次のいずれかを選択します。

    • お使いのコンピューターからファイルをアップロードするには、コンピューターから] をクリック、し、[ OK] をクリックし、目的のファイルの場所を参照します。

    • SharePoint サイトに既に保存されているビデオを埋め込むには、 SharePoint から] をクリックし、アセット ライブラリ] などのビデオとオーディオ ファイルの保存場所をサイト上の場所を参照します。、必要なファイルを選択し、[ OK] をクリックします。

    • ビデオ共有 web サイトのビデオを埋め込むには、[アドレスから] をクリックし、使用するファイルの URL を入力し、し、[ OK] をクリックします。

      [メディア Web パーツには、ビデオ ファイルを直接ポイントの URL アドレスからのファイルの再生がサポートしています。例: http://contoso.com/VideoFile.wmvします。使っている場合は、埋め込みコードまたはビデオをホストしているページへのリンクを共有するは機能しません。については、使用するビデオの埋め込みコードを埋め込む埋め込みコードを使用してページ上のビデオを埋め込むを参照してください。

  7. 必要なファイルを選択したら、[ OKを] をクリックします。

  8. [プレビュー ] グループのイメージの変更] をポイントし、[音声またはビデオ ファイルのプレビューを表示する画像ファイルを選択します。プレビュー イメージを更新しないと、ファイルの種類の既定の画像が表示されます。

  9. [プロパティ] グループでは、Web パーツを表示するタイトルを指定します。ファイルをページを読み込むときに自動的に再生するかどうか、または停止するまで、繰り返す必要がある場合も指定できます。

  10. リボンの [プレーヤーのスタイル] グループで、スタイルをポイントし、プレーヤーのスタイルを選択します。

  11. リボンの [サイズ] グループで、プレーヤーの横と縦のサイズに必要な変更を指定することができます。

コンテンツ クエリ Web パーツを使用すると、ビデオまたはオーディオ ファイルの動的な表示をページに追加します。これは、機能は、「と評価上部」ビデオ、または特定のメタデータ タグが付いたすべてのビデオの機能をページにセクションを追加する場合に便利です。

コンテンツ クエリ Web パーツの例

コンテンツ クエリ Web パーツをページに追加するときに、サイトで特定の条件に一致するすべてのコンテンツ アイテムに対するクエリを構成できます。ページで、そのクエリの結果が表示されます。新しいコンテンツがサイトに追加し、クエリの抽出条件を満たしている場合、Web パーツにも表示されます。コンテンツ クエリ Web パーツ戻ることがコンテンツを個々 のリストまたはライブラリ、または複数のリストとライブラリからサイト コレクション全体で。

この手順を実行するには、ページを編集するための権限が必要です。

この手順では、ビデオなどを表示するが、オーディオ、または画像のファイルの動作もを使用します。

  1. 更新する] ページに移動します。

  2. [ページ] タブのリボンの [編集] をクリックします。次のいずれかの操作を行います。

    • Wiki ページまたは発行ページを編集している場合は、コンテンツ クエリ Web パーツを追加するページの編集可能な領域をクリックします。編集ツールのリボンの [挿入] タブをクリックし、[ Web パーツ] をクリックします。[カテゴリ] の [おすすめコンテンツ] をクリックします。Web パーツ] の下コンテンツ クエリ] をクリックし、[追加] をクリックします。

    • Web パーツ ページを編集する場合] 列で [ Web パーツの追加] をクリックしてまたはゾーンのコンテンツ クエリ Web パーツを追加します。[カテゴリ] の [おすすめコンテンツ] をクリックします。Web パーツ] の下コンテンツ クエリ] をクリックし、[追加] をクリックします。

  3. コンテンツ クエリ Web パーツ] では、矢印をクリックし、[ Web パーツの編集] をクリックします。

  4. ツール ウィンドウを開くリンクをクリックします。

  5. コンテンツ クエリ] ツール ウィンドウでクエリを展開する] をクリックします。

  6. [ソース] を表示するアイテムの保存場所を指定します。必要に応じて、特定のサイト、サブサイト、またはリストの場所を参照します。

  7. サイトに、クエリに限定している場合は、[リストの種類] でアイテムを表示するリストの種類を指定します。手順 6 で特定のリストまたはライブラリを選択した場合、このフィールドに自動的に表示されます。

  8. [コンテンツ タイプ] で [このコンテンツ タイプのグループのアイテムを表示するデジタル メディア コンテンツ タイプを選択します。

  9. このコンテンツ タイプのアイテムを表示するには、ビデオを選択します。組織が作成した場合、デジタル資産のバージョンをカスタマイズしたコンテンツ タイプ、子コンテンツ タイプを含める] チェック ボックスをオンにすることもできます。

  10. 必要に応じて、[対象ユーザーの設定] は、対象ユーザーをフィルター処理、サイトの対象ユーザーの設定を構成する方法に応じて、特定の対象ユーザーを特定の項目を表示することもできます。

  11. [追加フィルター] の下に表示される内容をフィルター処理するアイテムのメタデータを使用できます。たとえば、特定のキーワードでタグ付けされているビデオを表示する場合は、演算子のいずれかが含まれているエンタープライズ キーワードを選択し、必要な値を入力します。

  12. 複数のフィルターを追加する場合は、 AndまたはOr ] をクリックし、フィルターを追加します。

  13. プレゼンテーションを展開し、[グループ化と並べ替えスタイル、および表示するフィールドをカスタマイズします。[スタイル] で、サイトの閲覧者は、ブラウザーで直接メディア クリップを再生することができる場合は、ブラウザーでメディア リンクを鳴らす] チェック ボックスが選択されていることを確認すると便利です。

    コンテンツ クエリ Web パーツを最初に構成するときに知らなくてもプレゼンテーションの下の項目を構成する方法。まず、Web パーツでクエリをプレビューして、情報の外観をカスタマイズするには、もう一度編集すると便利なポイントがある場合があります。

    たとえば、プレゼンテーションの設定をカスタマイズしない場合ビデオでページのデザインが動作しない、大きなプレビューの画像を含む表示可能性があります。[スタイル] で、固定イメージ サイズを選択する場合は、|アイテムのスタイルsmall のプレビュー イメージのビデオを再生するためにクリックしてできるようにサイトの訪問者を提供します。次の例では、次の 3 つのビデオが表示されているコンテンツ クエリ Web パーツを示します。固定イメージ サイズが構成されました。
    固定画像サイズを使用して構成されたコンテンツ クエリ Web パーツ

  14. [OK] をクリックします。

  15. ページに変更を保存します。

コンテンツ クエリ Web パーツの詳細については、ビューを表示する動的コンテンツ クエリ Web パーツを追加して、ページ上のコンテンツを参照してください。

サード パーティのビデオ共有 web サイトから埋め込みコードを使ってページにビデオを追加する場合は、これを行うコンテンツ エディター Web パーツに、埋め込みコードを追加します。

この手順を実行する者の権限が必要です。

  1. ページで、埋め込むビデオを検索し、[埋め込みコードをコピーします。

  2. 更新する] ページに移動します。

  3. [ページ] タブのリボンの [編集] をクリックします。次のいずれかの操作を行います。

    • Wiki ページを編集している場合は、コンテンツ エディター Web パーツを追加、編集ツールのリボンの [挿入] タブをクリックして、 Web パーツ] をクリックするページ上の場所をクリックします。[カテゴリ] の [メディアおよびコンテンツをクリックします。Web パーツ] の下には、コンテンツ エディター] をクリックし、[追加] をクリックします。

    • Web パーツ ページを編集している場合は] 列で [ Web パーツの追加] をクリックしてまたはゾーンの埋め込みメディアします。[カテゴリ] の [メディアおよびコンテンツをクリックします。Web パーツ] の下には、コンテンツ エディター] をクリックし、[追加] をクリックします。

  4. コンテンツ エディター Web パーツでは、矢印をポイントし、[ Web パーツの編集] をクリックします。

  5. コンテンツ エディター Web パーツで紹介するビデオを表示するテキストを入力します。

  6. [編集ツール] リボンの [変更履歴/コメント] グループのテキストの書式設定] タブでは、 HTMLをクリックし、[ HTML ソースの編集] をクリックします。
    HTML ソースの編集

  7. HTML ソース] ダイアログ ボックスに、埋め込みコードを貼り付けるし、[ OK] をクリックします。
    コンテンツ エディター Web パーツの HTML ソース エディターとビデオの埋め込みコード

  8. ページ (または [保存し、チェックイン、チェック アウトがサイト上のページに必要な場合)。

  9. ビデオを再生する場合は、埋め込まれたビデオ プレーヤーの [再生] ボタンをクリックします。

画像に代替テキストを追加します。

内容をすべてのユーザーにアクセスするには、次のガイドラインに従います。

写真、画像、クリップアート、または音声を使用している場合は、ユーザーの責任において著作権遵守ができました。

  1. [編集] リボンを開き、[編集] モードにするには、編集するページで [編集] リンクを選びます。

  2. 画像を表示する場所にフォーカスを移動します。

  3. [挿入] タブから画像を追加、画像のグループ] を選ぶとコンピューターからします。

    リボンの [画像] ボタンをクリックし、コンピューター、アドレス、または SharePoint から選択します。

    ヒント: 画像の URL を貼り付けることによって、インターネットから画像を挿入するからアドレスを選択します。SharePointサイトから画像を挿入するには、[ SharePoint から] を選びます。

  4. ファイルを選択するには、(既定の選択肢は、[サイトのリソース ファイル] フォルダーは) SharePointサイト] 先のフォルダーを選択し、別の画像のバージョンについてのメモを追加します。

  5. 自分の写真を挿入して、[図ツール] タブを有効にする]、 [ok]を選択します。

    [図ツール] タブの [により画像のサイズ、スタイル、位置、および代替テキストを設定します。

    ヒント: [図ツール] タブを表示されているは、画像が選択されている場合のみです。

  6. [イメージ] タブの [代替テキスト] ボックスに移動し、イメージの代替テキストを入力します。

  7. 作業が終了したら、[保存] をクリックします。

アクセシビリティに関するヒント   

  • 代替テキストは、簡潔かつわかりやすい必要があります。

  • 適切な代替テキストは、その画像が重要な理由をリスナーに伝えます。

例や詳細情報へのリンクを含む代替テキストの詳細については、「WebAIM Alternative Text (WebAIM 代替テキスト)」を参照してください。

サポートされているビデオ形式

[メディア Web パーツは、HTML5 のビデオを使用し、.asf、.avi、.mpg、.mp3、.mp4、.ogg、.ogv、.webm、.wma、.wmv ビデオ形式をサポートします。

クラシック Silverlight メディア Web パーツには、.asf、.mp3、.mp4、.wma、.wmv がサポートしています。

メモ:上のすべての形式がサポートされている場合は、すべてはそのまま (.wmv など) にアクセスします。アクセシビリティ性の最も高いソリューションの .mp4 形式を使用してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×