クラシックとモダンな web パーツのエクスペリエンス

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

SharePoint の Web パーツでは、すべてのエクスペリエンスレベルのユーザーが、強力でカスタマイズ可能な機能をページに追加できるようになりました。 モダンな web パーツは、使いやすいように設計されており、モバイル対応であり、見栄えがよいです。

多くのモダンな web パーツは、従来の web パーツと同じ目的を果たしますが、外観や機能の違いが表示されます。

モダンなページでは、モダンな web パーツのみを使用でき、従来のページでは従来の web パーツしか使用できないことに注意してください。例外は、モダンなページで使用するように特別に設計されたカスタム web パーツです。開発者は、 SharePoint フレームワークを使用して、web パーツのツールボックスに適切に表示されるカスタムのモダンな web パーツを作成することができます。開発者は、従来の SharePoint サイトの近代化でガイダンスやツールを見つけることもできます。

セキュリティ上の理由から、最新の web パーツでは、JScript のようなコードを挿入できないことに注意することが重要です。

モダン/クラシック web パーツを比較する

クラシックからモダン web パーツへの1:1 マッピングはありませんが、同じような目的を持つ web パーツがあります。 ここでは、一般的に使われている web パーツを目的に基づいて見ています。また、現在の web パーツの違いについても説明します。

注: これは、web パーツの包括的なリストではありません。特定の web パーツについて迷っている場合は、[はい] または [いいえ] をクリックして、ページの下部にある [この情報は役に立ちました] というフィードバックを残して、通知を送信します。または、 SharePoint ユーザー音声の [Web パーツ] セクションにフィードバックを残すこともできます。

用途

クラシック

モダン

テキストやその他のコンテンツを追加する

コンテンツエディター web パーツ
テキストやその他のコンテンツを Wiki ページに直接追加する

テキストの Web パーツ

テキスト web パーツを使うと、ページ上のテキストや表を簡単に追加したり、書式を設定したりすることができます。書式設定ツールバーを使用して、テキストの書式設定、スタイルの変更などを行うことができます。ただし、コンテンツエディター web パーツとは異なり、web パーツ内で HTML を編集することはできません。入れ子になったテーブルはまだサポートされていません。ページやテキスト web パーツでは、リンクを作成するために使用されるような Wiki 構文はサポートされていませんが、テキスト web パーツ内にリンクを作成するのは簡単です。テキスト web パーツ内に画像をインラインで追加することはまだできませんが、イメージ web パーツを使用して、テキスト web パーツと一緒に画像を追加することはできます。

ドキュメントライブラリを表示する

ライブラリ

ドキュメント ライブラリ

クラシックサイトでライブラリを作成すると、ライブラリ web パーツが自動的に作成され、ページに表示するように選択することができます。最新のドキュメントライブラリ web パーツを使用すると、ライブラリを選択して表示したり、ライブラリの特定のビューやライブラリ内のフォルダーを表示したりすることができます。適切な権限を持つユーザーは、web パーツから直接ファイルを追加、表示、または編集できます。また、ドキュメントをライブラリの上部に固定し、ファイルのダウンロード、削除、名前の変更を行うこともできます。さらに、[詳細] ビューまたは [タイル] ビューにファイルを表示したり、ソースリストに作成された列の書式設定や入れ子になったフォルダーを表示したりすることができます。

リストを表示する

リスト

リスト

クラシックサイトにリストを作成すると、そのリスト用にリスト web パーツが自動的に作成され、ページに表示するように選択することができます。モダンなリスト web パーツを使用すると、リストを選択し、独自のタイトル、ビュー、さらにサイズを使用してカスタマイズすることができます。ユーザーはリストを表示、フィルター処理、並べ替え、グループ化することができます。さらに、書式設定された列と、ソースリストで作成した入れ子になったグループが web パーツに表示されます。

ファイルを表示する

ページビューアー

ファイルビューアー

最新のファイルビューアー web パーツを使うと、使い慣れた Word、Excel、PowerPoint ファイルだけでなく、3d モデルや医用画像などの高度なファイルの種類を含め、270を超えるファイルの種類を埋め込むことができます。

web パーツを埋め込む

埋め込み web パーツを使用すると、埋め込みを許可するサイト (YouTube など) からページのコンテンツを表示できます。web サイトによっては、サイトの web アドレスを使用することも、サイトに用意されているコードを埋め込むこともできます。

連絡先の追加

連絡先の詳細 web パーツ

People web パーツ

従来の [連絡先の詳細] web パーツでは、一度に1つの連絡先を手動で追加できます。モダンな People web パーツを使用すると、ビジュアルと組織の情報と共に、ユーザープロファイルから複数の連絡先を追加することができます。連絡先の詳細の外観は、コンパクトからわかりやすいものに変更できます。そのため、連絡先についての詳細は、ページの右に表示されることがあります。

画像を追加する

イメージ web パーツ
コンテンツエディター web パーツ
画像ライブラリ

イメージ web パーツ

イメージ web パーツは、[最近使用した画像]、[web 検索]、[OneDrive] などのその他のソースを追加します。画像のサイズを変更するには、標準およびユーザー設定の比率を指定します。

画像ギャラリー web パーツ

画像ギャラリー web パーツを使うと、タイルまたはカルーセルレイアウトに画像を追加できます。 カルーセルレイアウトの画像は、使い慣れた比率のサイズに設定できます。小さい画像は塗りつぶしの比率に合わせてサイズが変更されますが、拡大した画像はリサイズされません。

ヒーロー web パーツ

ヒーロー web パーツは、タイルまたはレイヤーの配置で最大5つの要素を表示し、必要に応じて個々の要素にフォーカスを移すように設定できます。個々の要素には、タイトル、特定の画像、代替テキストを設定できます。 必要に応じて要素を配置することもできます。

ファイルビューアー

3d モデルを表示するには、ファイルビューアーを使用します。これは、医療モデルに特に役立ちます。

ページにビデオを表示する

メディア web パーツ

ファイルビューアー

ファイルビューアー web パーツを使用すると、SharePoint サイトからローカルビデオを表示できます (like.MOV、.MP4、および.WMV)。

web パーツを埋め込む

埋め込み web パーツを使用すると、埋め込みを許可するサイト (YouTube など) から、ページにビデオ (またはその他のコンテンツ) を表示できます。埋め込む web サイトによっては、サイトの web アドレスを使用するか、サイトに用意されているコードを埋め込むことができます。 SharePoint Onlineのみです。

ストリームビデオ

stream video web パーツは、チャネルと呼ばれる複数のビデオ形式、または単一のビデオとして、 Microsoft stream サービスからビデオを再生します。これにより、最新のソーシャルと高度な再生設定 (好み、再生速度の変更、生成された字幕 (英語とスペイン語のみ) の視聴、プレイリストの作成など) を追加できます。追加のブラウザープラグインは必要ありません。ビデオ固有のメタデータとアクセス許可は、Microsoft Stream サービス内で設定されます。

Office 365 ビデオ

office 365 ビデオ web パーツを使用して、組織のoffice 365 ビデオポータルのページにビデオを表示することができます。

今後の会議やイベントの日付と時刻を表示する

予定表

イベント

イベント web パーツは、カスタマイズ可能な日付範囲カードまたはフィルムストリップ形式でイベントを表示します。展開されたイベントデータには、イベントの画像、Bing マップ、会議データを設定することもできます。を使って会議をダウンロードすることができます。ICS 形式ですが、イベント web パーツは Exchange の予定表サービスから接続または読み取りを行うことはできません。イベント web パーツは、予定表 web パーツと同じリストを使用しますが、カスタマイズした列はイベント web パーツには表示されません。

グループ予定表

グループ予定表 web パーツでは、Office 365 グループ予定表アプリを使ってイベントを保存します。グループ予定表 web パーツを使用して、新しいグループイベントを追加することはできません。イベントは、各イベントの拡張された詳細を最大化するためのリスト形式で表示されます。各ページに表示されるイベントの数を指定したり、ページをスクロールしたりすることができます。SharePoint Onlineのみです。

他のコンテンツへのリンクを表示する

昇格され
たリンク、リンク
コンテンツエディター web パーツ
お知らせ
概要リンク

クイック リンク

クイックリンク web パーツは、「フィルムストリップ」または「小さいコンパクト形式」と呼ばれるカルーセル形式として表示するように設定できます。コンパクト形式の各リンクは、画像の有無にかかわらず配置および表示できます。リストに基づいてクイックリンクを設定することはまだできません。

リンク

リンク web パーツには、1つの完全な URL リンクが表示され、リンクターゲットでプレビューウィンドウを表示または非表示にする機能を追加します。SharePoint Onlineのみです。

テキストの Web パーツ

テキスト web パーツでは、ツールバーを使用してコンテンツ内にリンクを追加できます。

コンテンツを検索して表示する

コンテンツクエリ
コンテンツ検索

強調表示されたコンテンツ

強調表示されたコンテンツ web パーツを使用すると、高度で紛らわしい検索/クエリオプションの多くが、クエリオプションの合理化に置き換えられました。ただし、従来のものとは異なり、カスタム表示テンプレートを使用することはできません。

チームにニュースを通知する

お知らせ

ニュース

従来のお知らせ web パーツでは、リストを使用して、ページにアナウンスを表示します。ニュース web パーツは、リッチで書式設定されたページやニュースへのリンクを使用して、SharePoint のホームページ、サイト、ハブサイトのニュース投稿をロールアップする、広範なコンテンツ配信システムです。web パーツをカスタマイズして、さまざまな方法で結果を表示することができます。これにより、静的なお知らせリストをより豊かかつ動的に行うことができます。

プロジェクトを管理する

タスク

Planner

モダンなプランナ web パーツは、office 365 グループと office 365 プランナーサービスを使用して動作します。プランは Office 365 プランナーサービスに保存されているため、より高度なカスタマイズが可能になります。既定のタイムラインは、ボードと呼ばれる読み取り専用の概要ダッシュボード、またはバケットと呼ばれるかんばんレイアウトを含む、より柔軟な表示オプションのために削除されます。バケットレイアウトを使用すると、バケット、割り当て先、進捗状況、期限、ラベルの分類項目をグループ化することができます。さらに、バケットレイアウトでは、Office 365 プランナーサービスに格納されているプラン内のタスクを直接追加したり変更したりすることができます。この web パーツは、 SharePoint Onlineグループに接続されているサイトでのみ使用できます。

ページにサイトとリンクを表示する

サイトアグリゲーター

サイト

従来のサイトアグリゲータ web パーツは、サイトを視覚的に簡略化したビューに重点を置いています。サイト web パーツを使用すると、ファイルの長いリストは、最後に表示された、最後に変更された、および最も一般的なファイルを示す情報カードに置き換えられます。サイトは、カルーセル機構を使用して、選択したサイトをスクロールして、カードまたは写真のレイアウトで表示できます。SharePoint Onlineのみです。

ページに会話を表示する

サイトフィード

Yammer

yammer が SharePoint ニュースフィード機能を置き換えたため、最新の yammer web パーツは従来のサイトフィード web パーツを置き換えます。Yammer web パーツには、特定の、上位、または最新の会話が表示され、Office 365 の社会的な利便性が向上しています。

別のページのコンテンツを表示する

ページビューアー

埋め込み

ページビューアー web パーツと埋め込み web パーツの両方を使用すると、埋め込みを許可している他のサイトのコンテンツを表示できます。埋め込みコードは iframe ベースである必要があり、< script > tags を使うコードはサポートされていません。さらに、セキュリティで保護された web サイトのみを埋め込むことができます。

フォームからデータを収集して表示する

InfoPath フォーム

PowerApps

PowerApps を使用すると、コードを使わずにデータを収集、保存、表示するための強力なフォームを作成することができます。PowerApps を使用して、 SharePoint リストのフォームをカスタマイズすることもできます。SharePoint Onlineのみです。

Microsoft Forms

Microsoft Forms web パーツを使用すると、フォームまたはフォームの結果をページに追加できます。また、ページの右上にあるグラフの集計結果を表示することもできます。SharePoint Onlineのみです。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×