スキップしてメイン コンテンツへ

クラウドストレージから OneNote for iPad または OneNote for iPhone にファイルを挿入する

お気に入りのクラウド ストレージ プロバイダーからノートにファイルを挿入できます。 したがって、クラウドへの接続が中断されているときでも、プロジェクト、旅行、教室などで必要とされるすべての情報を 1 か所にまとめることができます。

この機能の要件:

  • デバイスで iOS 8 以降が実行されている必要があります。

  • OneNote にサインインしており、少なくとも 1 つのノートブックが開いている必要があります。

  • OneDrive、Dropbox など、クラウドベース ストレージのアプリをデバイスにインストールしておく必要があります。

iPad

ファイルを挿入するには、次の操作を行います。

  1. ノート内で、ファイルまたはドキュメントを挿入したいページに移動します。

  2. ファイルを挿入するページをタップします。

  3. [>ファイル挿入] をタップします。

  4. 左側のファイルのソースを検索するか選択して、右側のフォルダーまたはファイルをタップして挿入します。

    ファイルのクラウドストレージの場所が表示されない場合は、[場所] リストの上にある [編集] をタップして、使用するクラウドストレージの場所を [オン] の位置に設定します。

    注: クラウドストレージの場所が一覧に表示されない場合は、クラウドストレージプロバイダーのアプリをデバイスにインストールする必要があります。

  5. 挿入するファイルをタップして選びます。

iPhone

ファイルを挿入するには、次の操作を行います。

  1. OneNote のページで任意の場所をタップすると、キーボードが表示されます。

  2. キーボードの上にあるコマンドバーで、スクロールしてクリップアイコンをタップします。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • 挿入するファイルをタップします。

    • フォルダーをタップして、ファイルを参照します。

    • 上部にある [検索] ボックスを使用してを検索します。

  4. 使用しているクラウドストレージプロバイダーが [ファイルブラウザー] リストに表示されていない場合は、右下隅の [参照] をタップし、[場所] ボックスの一覧の [編集] をタップして、使用するクラウドストレージの場所を [オン] の位置に設定します。

    注: クラウドストレージの場所が一覧に表示されない場合は、クラウドストレージプロバイダーのアプリをデバイスにインストールする必要があります。

  5. 挿入するファイルをタップして選びます。 選んだファイルが Portable Document Format (PDF) 形式である場合、添付ファイルまたは印刷イメージとして挿入することもできます。 PDF ファイルの印刷イメージでは、PDF ファイルのページがイメージに変換されて、ノートブック内に配置されるため、表示やコメントの追加が簡単にできるようになります。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

関連項目

OneNote for iPhone または OneNote for iPad で画像を挿入する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×