クライアントの接続

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

概要:    クライアント コンピューターから Office 365 テナントへの接続方法を、クライアント コンピューターと Office 365 テナント データセンターの場所別に説明します。

Office 365 は Microsoft の世界中のデータセンターに存在しているので、ある地域で地震や停電のような大きな問題が発生したとしても、サービスは実行し続けることができます。ユーザーが Office 365 テナントに接続すると、クライアント接続はテナントがホストされている適切なデータセンターに転送されます。テナントをホストできる場所を決定するルールは、ユーザーと Microsoft との契約によって定義されます。クライアントがそのデータセンターの場所からデータを取得する方法を決定するルールは、ユーザーが使用しているサービスのアーキテクチャによって異なります。

たとえば、Office 365 ポータルにログインするときは通常、クライアントに最も近いデータセンターに接続された後、次に使用するサービスに応じて転送されます。メールを起動した場合、UI を表示する最初の接続は最も近いデータセンターとの間で行われ、メールの内容を表示する 2 番目の接続は最も近いデータセンターとテナントが配置されているデータセンターの間に開かれる、といった処理が行われる可能性があります。Microsoft は全世界で 10 本の指に入るネットワークの 1 つを運用しており、非常に高速のデータセンター間接続を提供します。

この記事を読むと、Microsoft がデータセンターごとに Office 365 の URL と IP アドレス範囲を提供しない理由をおわかりいただけるはずです。そのような方法は相互接続が多すぎ、相互依存が強すぎます。

Office 365 向け Azure ExpressRoute を使用している場合、ほとんどの場合は、ここに記載されているパブリック接続ではなく、Office 365 へのプライベート接続を使用します。クライアントの接続方法に関する原則は、正確なままです。詳細については、「Office 365 向け Azure ExpressRoute」を参照してください。

Skype for Business のネットワーク要求の詳細については、「Skype for Business Online でのメディア品質とネットワーク接続パフォーマンス」を参照してください。

この記事は、ネットワーク計画と Office 365 のパフォーマンスのチューニング

注: 細心の安全性とプライバシーのデータ センターには、お客様のデータを管理します。セキュリティ センターしてプライバシーを管理するための手順の詳細は表示されます。

最も近いデータセンターへの接続

これは、最も一般的な接続タイプで、Office 365 ポータルと Exchange Online の両方に使われています。この場合、クライアントから Office 365 への接続が行われると、コンピューターの DNS クエリにより、そのコンピューターが存在する地域が特定され、Office 365 はそのリクエストを最も近いデータセンターにリダイレクトします。

ポータルへの接続は最も近いデータセンターで停止し、クライアント コンピューターにはその場所から、クライアントのテナントに関する情報が表示されます。

Exchange Online はさらに処理を行います。クライアント コンピューターが最も近いデータセンターに接続されると、そのデータセンターの Exchange サーバーは、テナントが実際に存在するデータセンターに接続します。後の動作のしくみに関するセクションを参照してください。最も近いデータ センターの Exchange Online サーバーは、クライアント コンピューターからのリクエストをメールボックス サーバーにプロキシします。これにより、メールと予定表アイテムを取得する処理が Microsoft ネットワークに移動するため、クライアント コンピューターのエクスペリエンスが高速化します。

この接続プロセスは、Office 365 のようなトラフィックが多く、価値の高い Web アプリケーションの標準です。このセクションでは、接続プロセスの各ステップを図に示しながら説明します。クライアント コンピューターがテナントと同じ地域にない場合は、クライアントの接続先のサービスによって接続は大きく異なります。

この図は、北米にあるテナントで標準的な Office 365 サービスを使用するユーザーを示したものです。このシナリオでは、要求を行っているユーザーはヨーロッパに出張し、そこから Office 365 を使用しています。

  1. クライアント コンピューターがローカル DNS サーバーに対し、Office 365 に関連付けられている IP アドレスを問い合わせます。

  2. クライアント コンピューターのローカル DNS サーバーは、Microsoft の DNS サーバーに対し、Office 365 に関連付けられている IP アドレスを問い合わせます。

  3. Microsoft の DNS サーバーは (クライアントの DNS サーバーの場所を基に) 地域のサーバー名を返し、クライアント コンピューターは手順 1 と 2 を繰り返して、地域の Office 365 データセンターの IP アドレスを取得します。

  4. クライアント コンピューターは、地域のデータセンターの IP アドレスに接続します。

  5. Exchange Online サーバーは、お客様のテナントが配置されているアクティブなデータセンターへの接続を確立します。

地域の最も近いデータセンター

この接続は、21 Vianet によって運用される Office 365 などの主権クラウド サービスでは少し異なります。Office 365 の主権インスタンス内のテナントでは、ポータル接続を受け付ける最も近い Office 365 サーバーは、テナントが存在する主権領域内のサーバーです。同様に、主権クラウドまたは標準サービスの SharePoint Online にアクセスするユーザーは、テナントが存在するフロントエンド サーバーに転送されます。後の「アクティブ データセンターへの接続」を参照してください。

  1. クライアント コンピューターがローカル DNS サーバーに対し、Office 365 に関連付けられている IP アドレスを問い合わせます。

  2. クライアント コンピューターのローカル DNS サーバーは、Microsoft の DNS サーバーに対し、Office 365 に関連付けられている IP アドレスを問い合わせます。

  3. Microsoft の DNS サーバーは (クライアントの DNS サーバーの場所を基に) 地域のサーバー名を返し、クライアント コンピューターは手順 1 と 2 を繰り返して、地域の Office 365 データセンターの IP アドレスを取得します。

  4. クライアント コンピューターは、地域のデータセンターの IP アドレスに接続します。

  5. Exchange Online サーバーは、お客様のテナントが配置されているアクティブなデータセンターへの接続を確立します。

地域の最も近い US データセンター

アクティブ データセンターへの接続

アクティブ データセンターへの接続は、データ転送の多いワークロードを想定したものであり、現在、SharePoint Online が使用しています。 この場合、クライアントから Office 365 への接続が行われると、ブラウザーは、SharePoint Online テナントのアクティブ データセンターにリダイレクトされます。

クライアント コンピューターが別の地域から SharePoint Online に接続しようとすると、接続はアクティブな SharePoint Online データセンターにリダイレクトされます。このシナリオでは、ユーザーは標準サービスを使用しているので、ポータル接続はローカルのままになり、SharePoint Online の接続はアクティブなデータセンターに転送されます。

  1. クライアント コンピューターがローカル DNS サーバーに対し、Office 365 に関連付けられている IP アドレスを問い合わせます。

  2. クライアント コンピューターのローカル DNS サーバーは、Microsoft の DNS サーバーに対し、Office 365 に関連付けられている IP アドレスを問い合わせます。

  3. Microsoft の DNS サーバーは (クライアントの Office 365 テナントの場所を基に) アクティブな SharePoint Online データセンターのサーバー名を返し、クライアント コンピューターは手順 1 と 2 を繰り返して、アクティブな Office 365 データセンターの IP アドレスを取得します。

  4. クライアント コンピューターは、アクティブなデータセンターの IP アドレスに接続します。

アクティブな US データセンター

仮想プライベート ネットワーク (VPN) 経由での接続

このタイプの接続は、クライアント コンピューターで仮想プライベート ネットワーク (VPN) が使われている場合にのみ適用します。実際、VPN が使われているからといって、Office 365 の動作が変わることはありませんが、VPN はクライアント コンピューターから Office 365 への接続の確立を制御するのに広く使われている手段であり、一般にエクスペリエンスが低下するため、あえて取り上げます。

クライアント コンピューターが、別の地域にある企業のオフィスに対して VPN 接続を確立する場合、クライアント コンピューターがある場所の DNS サーバーではなく、オフィスにある DNS サーバーが使われます。ほとんどの場合、VPN 経由でのこの余分な接続により、Office 365 のエクスペリエンスが悪化します。Office 365 サービスは、可能な限りエンド ユーザーに近い接続でサービスを提供するように最適化されています。多くのサービスは、Azure 境界ネットワーク、コンテンツ配信ネットワーク、Microsoft ネットワークの信頼できるネットワーク機能を利用して、Office 365 サービスに対するネットワーク要求がクライアント コンピューターの可能な限り近くで行われたときに、最善のユーザー エクスペリエンスを提供します。

  1. クライアント コンピューターが VPN DNS サーバーに対し、Office 365 に関連付けられている IP アドレスを問い合わせます。

  2. クライアント コンピューターの VPN DNS サーバーは、Microsoft の DNS サーバーに対し、Office 365 に関連付けられている IP アドレスを問い合わせます。

  3. Microsoft の DNS サーバーは (VPN DNS サーバーの場所を基に) 地域のサーバー名を返し、クライアント コンピューターは手順 1 と 2 を繰り返して、地域の Office 365 データセンターの IP アドレスを取得します。

  4. クライアント コンピューターは、VPN 接続の確立先である企業のオフィスに最も近いデータセンターの IP アドレスに接続します。

VPN データセンター接続

戻る場合は、ショート リンク https://aka.ms/o365clientconnectivity をご利用ください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

Office 365 の管理の端点

Office 365 へのネットワーク接続

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×