クエリ ルールを管理する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

SharePoint Online 管理者としてクエリ ルールを作成および管理することにより、検索結果を向上させることができます。クエリ ルールを作成すると、ユーザーの意図に合った検索を実行できるようになります。

クエリ ルールでは、条件と、条件に関連付けられたアクションを指定します。クエリがクエリ ルールの条件を満たしている場合、ルールで指定されているアクションを検索システムが実行し、検索結果の関連性を向上させます。その方法には、検索結果の絞り込みや検索結果の表示順序の変更などが考えられます。クエリ ルールの条件の例として、クエリ内の用語が SharePoint の用語セットの特定の用語に一致する、またはクエリが検索システム内の特定の検索先 (ビデオなど) で高い頻度で実行される、などがあります。クエリ ルールの条件が満たされると、特定のアイテムを検索結果の最上位に表示するなどの関連するアクションが実行されます。会社のすべてのイベントがライブラリに保持されているイントラネット サイトを運用している会社で、救急セミナーを告知する場合を考えます。これを行うには、"セミナー" または "イベント" で検索したときに救急セミナーが検索結果の最上位に表示されるように、救急セミナーを昇格させるクエリ ルールを作成します。

クエリ ルールは 1 つまたは複数の検索先に対して設定できます。また、クエリ ルールがアクティブになっている期間を指定することができます。

関連項目:クエリ ルールを理解します。

目的に合ったトピックをクリックしてください

クエリ ルールを作成します。

作成および結果のブロックを表示します。

クエリを変更することによってランク付けされた検索結果を変更します。

サイトでクエリ ルールを無効になっていること

サイト コレクションのクエリ ルールをランク付け

クエリ ルールを作成する

クエリ ルールは、テナント全体、サイト コレクション、または 1 つのサイトなど、さまざまなレベルで作成できます。テナント レベルでクエリ ルールを作成すると、すべてのサイト コレクションでクエリ ルールを使用できるようになります。サイト コレクション レベルでクエリ ルールを作成すると、サイト コレクション内のすべてのサイトでクエリ ルールを使用できるようになります。サイト レベルでクエリ ルールを作成すると、そのサイトでクエリ ルールを使用できるようになります。

  1. テナント、サイト コレクション、または 1 つのサイト用の [クエリ ルールの管理] ページに移動します。

    • テナントの場合:

      1. Office 365 管理センターにサインインします。

      2. [管理]、[SharePoint] の順に選びます。SharePoint 管理センターが表示されます。

      3. [検索] をクリックし、検索管理のページで [クエリ ルールの管理] をクリックします。

    • サイト コレクションの場合:

      • サイト コレクションで [設定] に移動し、[サイトの設定] をクリックして、[サイト コレクションの管理] の [検索クエリ ルール] をクリックします。

    • サイトの場合:

      • サイトで [設定] に移動し、[サイトの設定] をクリックして、[検索] の [クエリ ルール] をクリックします。

  2. [クエリ ルールの管理] ページにある [検索先の選択] の一覧で、新しいクエリ ルールの検索先を選択します。

  3. [新しいクエリ ルール] をクリックします。

  4. [クエリ ルールの追加] ページの [一般的な情報] セクションにある [ルール名] フィールドにクエリ ルールの名前を入力します。

  5. クリックして [コンテキスト] セクションを展開します。

  6. [コンテキスト] セクションで、次のいずれかの操作を行います。

    • すべての検索先にクエリ ルールを適用するには、[すべてのソース] を選択します。

    • 1 つまたは複数の特定の検索先にクエリ ルールを適用するには、[これらのソースのいずれか] を選択します。既定では、管理者が以前に指定した検索先が選択されます。クエリ ルールに検索先を追加するには、[ソースの追加] をクリックして、ダイアログ ボックスで検索先を選択してから [保存] をクリックします。

  7. たとえば、管理ナビゲーション用語セット内の用語がクエリに含まれる場合にのみクエリ ルールを実行するなど、カテゴリに対するクエリ ルールを制限するには、次の手順を実行します。

    • カテゴリに対するクエリ ルールを制限するには、[カテゴリの追加] をクリックします。クエリ ルールの実行条件となる用語をクエリに含めるには、[用語ストアからインポート] ダイアログ ボックスで用語を選択して、[保存] をクリックします。

    • ユーザー セグメントに対するクエリ ルールを制限するには、次の操作を行います。

      1. [ユーザー セグメントの追加] をクリックします。

      2. ダイアログ ボックスの [タイトル] フィールドにこのルールの名前を入力して、[ユーザー セグメントの用語の追加] をクリックします。

      3. [用語ストアからインポート] ダイアログ ボックスで、クエリに含めてクエリ ルールの実行条件とする、ユーザー セグメントを表す用語を選択します。

      4. [保存] をクリックします。

  8. [クエリの条件] セクションで、次のいずれかの操作を行います。

    • 次の表に一覧表示されている条件から 1 つを選択します。

    • [条件の削除] をクリックして、管理者がルールを作成しているレベルでユーザーが入力したすべてのクエリで、このクエリ ルールが実行されるように設定し、次の手順に進みます。たとえば、サイト コレクションに対してこのルールを作成している場合、ユーザーがサイト コレクションの検索ボックスに入力したすべてのクエリでこのルールが実行されるようにするには、[条件の削除] をクリックします。

クエリの条件

説明

Configuration

使用例

キーワードに正確に一致するクエリ

管理者が指定した単語や語句にクエリが正確に一致する場合に、クエリ ルールが実行されます。

[これらの語句の 1 つに正確に一致するクエリ] テキスト ボックスに、1 つまたは複数の語句を入力します (複数の場合はセミコロンで区切ります)。

テキスト ボックスに「picture; pic」と入力します。ユーザーが検索ボックスに「picture」または「pic」と入力した場合に、クエリ ルールが実行されます。ユーザーが「pictures」または「sunny picture」と入力した場合、ルールは実行されません。

アクション用語を含むクエリ

ユーザーが実行したいアクションの用語がクエリに含まれる場合に、クエリ ルールが実行されます。用語はクエリの先頭または末尾に置く必要があります。

次のいずれかの操作を行って、クエリ ルールの実行条件とするアクション用語を入力します。

  • [アクション用語はこれらの語句の 1 つです] を選択して、1 つまたは複数の語句を入力します。

  • [アクション用語はこの辞書内のエントリです] を選択して、[用語ストアからインポート] をクリックします。ダイアログ ボックスで用語セットから用語を選択し、[保存] をクリックします。

[アクション用語はこれらの語句の 1 つです] ボックスに「download」という単語を入力します。ユーザーが検索ボックスに「download Contoso Electronics datasheet」と入力した場合、"download"、"Contoso"、"Electronics"、および "datasheet" の各単語を含むドキュメントを検索したいのではなく、おそらく Contoso Electronics データシートをダウンロードしたいのでしょう。クエリ ルールが実行され、"Contoso"、"Electronics"、および "datasheet" の各単語のみが検索インデックスに送信されます。

辞書に正確に一致するクエリ

クエリが辞書エントリに正確に一致する場合に、クエリ ルールが実行されます。

[この辞書のエントリに正確に一致するクエリ] の一覧から辞書を選択します。別の辞書を指定するには、[用語ストアからインポート] をクリックして、ダイアログ ボックスの用語セットから用語を選択し、[保存] をクリックします。

ユーザーが検索ボックスに入力した単語が、設定済みの [ひとの名前] 辞書に完全に一致します。

ソースでよく使用されるクエリ

管理者が指定したソースとは別のソースからユーザーがこのクエリを頻繁に送信した場合に、クエリ ルールが実行されます。

[このソースでよく使用されるクエリ] の一覧で検索先を選択します。

管理者は一覧から [ローカル ビデオの結果] を選択しました。ユーザーが検索ボックスに「training」という単語を入力し、その単語が既にビデオの専門分野の検索ボックスに頻繁に入力されている場合に、クエリ ルールが実行されます。

よくクリックされる検索結果の種類

同じクエリを入力した後、他のユーザーが特定の結果の種類を頻繁にクリックしていた場合に、クエリ ルールが実行されます。

[よくクリックされる結果と一致する結果の種類] の一覧で結果の種類を選択します。

管理者は一覧から [SharePoint ミニブログの投稿] を選択しました。ユーザーが検索結果でミニブログの投稿を頻繁にクリックしている場合については、最新のミニブログの投稿を 1 番目に昇格させる結果として設定し、次に新しいミニブログの投稿を 2 番目に昇格させる結果として設定することを検討してください ([アクション] セクション)。

詳細なクエリ テキスト照合

管理者がクエリ ルールの実行条件となる語句または辞書エントリを使用し、クエリ ルールがいつ実行されるかに関するより詳細な条件を定義します。

次のいずれかの操作を行って、クエリ ルールの実行条件となる語句または用語を入力します。

  • [クエリには、これらの語句のいずれかが含まれます] を選択して、1 つまたは複数の語句を入力します。

  • [クエリには、この辞書内のエントリが 1 つ含まれています] を選択して、[用語ストアからインポート] をクリックします。ダイアログ ボックスで用語セットから用語を選択し、[保存] をクリックします。

次に、一覧のオプションにチェックを入れて、条件をさらに追加します。

[クエリには、これらの語句のいずれかが含まれます] を選択し、次に [クエリの最初には一致しますがクエリ全体には一致しません] を選択しました。このクエリ ルールは、指定した語句がクエリの最初にある場合に実行されますが、クエリの最後にある場合は実行されません。

条件を追加するには、[代替条件の追加] をクリックします。

注: 条件が満たされると、ルールが実行されます。

  1. [アクション] セクションで、クエリ ルールが実行されるときに行うアクションを指定します。次のいずれかを指定します。

    • 結果が検索結果の最上位に表示されるように個々の結果を昇格させるには、[昇格した結果の追加] をクリックします (SharePoint 2010 製品では、これは「おすすめコンテンツ」と呼ばれます)。

      1. ダイアログ ボックスの [タイトル] フィールドに、この昇格させる結果に付ける名前を入力します。

      2. [URL] フィールドに、昇格させる結果の URL を入力します。[URL をハイパーリンクの代わりにバナーとしてレンダリングする] を選択します。

      3. [保存] をクリックします。

        昇格させる個々の結果をいくつか追加できます。昇格させる結果が複数ある場合は、相対的なランク付けを指定します。

    • 検索結果のグループを昇格させるには、[結果のブロックを追加] をクリックします。詳細については、下の方にある「結果ブロックを作成および表示する」をご覧ください。

    • ランク付けされた検索結果を変更するには、変更には、クエリを変更することによって結果がランク付けされたをクリックします。詳細については、少し先に下方向を変更するには、クエリを変更することによって、検索結果がランク付けされたを参照してください。

  2. クエリ ルールを特定の期間中にアクティブにするには、[発行] をクリックして、その期間を指定します。

  3. [保存] をクリックします。

ページの一番上

結果ブロックを作成および表示する

結果ブロックは、グループとして表示される複数の検索結果です。指定したクエリの条件が適用される場合は、特定の結果を昇格させるのと同様に、結果ブロックを昇格させることができます。

結果ブロックのクエリの条件を設定する場合は、クエリ変数を使用します。クエリ変数は、クエリを指定する時点ではまだ明らかになっていない値を保持するプレースホルダーのようなものです。ただし、この情報はクエリの実行時には使用可能になっており、システムはそれを使用してインデックスにクエリを送信します。たとえば、{User.Name} はクエリに入力したユーザーの表示名を表します。もう 1 つの {searchBoxQuery} は、検索ボックスにユーザーが入力したクエリを表します。クエリ ビルダーを使用してクエリを設定する場合は、クエリ変数の一覧が表示されます。(以下の手順 3 をご覧ください。)

  1. 手順 9 の「クエリ ルールを作成する」では、[クエリ ルールの追加] ページの [アクション] セクションで [結果のブロックを追加] をクリックします。

  2. [ブロックのタイトル] セクションの [タイトル] フィールドに結果ブロックの名前を入力します。

  3. [クエリ] セクションで [クエリ ビルダーを起動します] をクリックしてクエリを指定します。

  4. [クエリの作成] ダイアログ ボックスで、次の手順を実行します。

    • [基本] タブで、次のオプションを選択して結果ブロックのクエリを定義します。

リスト ビュー

オプション

クエリの選択

検索先を選んで、検索対象のコンテンツを指定します。

キーワード フィルター

クエリにクエリ変数を追加するのにには、キーワード フィルターを使用します。利用可能なクエリ変数の一覧については、 SharePoint Server 2013 のクエリ変数を参照してください。

一覧から定義済みのクエリ変数を選び、[キーワード フィルターの追加] をクリックして、クエリにそのクエリ変数を追加します。

プロパティ フィルター

プロパティ フィルターを使って、検索スキーマ内で [クエリ可能] に設定されている管理プロパティのコンテンツを照会します。

[プロパティ フィルター] の一覧から管理プロパティを選びます。[プロパティ フィルターの追加] をクリックして、クエリにフィルターを追加します。

注: プロパティ フィルターの一覧では、ユーザー設定の管理プロパティは表示されません。クエリ テキスト] ボックスで、クエリにユーザー設定の管理プロパティを追加するには、 MyCustomColorProperty:Greenなど、クエリの条件が続く、ユーザー設定の管理プロパティの名前を入力します。

  • [並べ替え] タブで、結果ブロック内で検索結果を並べ替える方法を指定します。

    [結果の並べ替え] セクションの [並べ替え] の一覧で、次の手順を実行します。

    • 検索スキーマ内で [並べ替え可能] に設定されている管理プロパティを並べ替えるには、一覧から管理プロパティを選択して、[降順] または [昇順] を選択します。さらに並べ替えレベルを追加するには、[並べ替えレベルの追加] をクリックします。

    • 関連性ランク付けによって並べ替えるには、[ランク] を選択し、次の手順を実行します。

      • [ランク付けモデル] の一覧で、検索結果の並べ替えに使用するランク付けモデルを選択します (この選択は任意です)。

      • [動的順序付け] セクションで、特定の条件が適用されたときに検索結果の順序を変更するルールを追加して追加のランク付けを指定するには、[動的順序付けルールの追加] をクリックして条件付きルールを指定します。

  • [テスト] タブでは、送信されたクエリをプレビューできます。

オプション

説明

クエリ テキスト

コンテンツ検索 Web パーツによって実行される最終的なクエリを表示します。これは、動的変数が現在値に置き換えられる元のクエリ テンプレートに基づきます。結果的に、クエリに対する他の変更をクエリ ルールの一部として作成していることがあります。

詳細表示

クリックすると追加オプションを表示します。

クエリ テンプレート

クエリに適用されるクエリ テンプレートのコンテンツを表示します。

クエリ テンプレート変数

クエリに適用されるクエリ変数および現在のページに適用される変数の値を表示します。別の値を入力して、クエリに対する効果をテストできます。[クエリのテスト] をクリックして、検索結果をプレビューします。

  1. [OK] をクリックして、[クエリの作成] ダイアログ ボックスを閉じます。

  2. [クエリ] セクションの [このソースを検索] の一覧で、結果ブロックに適用したい検索先を選択します。

  3. [アイテム] ドロップダウン リストで結果ブロックに表示する結果の数を選択します。

  4. クリックして [設定] セクションを展開します。

結果ブロックには、前の手順で指定した検索結果の数のみが表示されます。ただし、結果ブロックのすべての検索結果を表示する結果ブロックの一番下に [詳細表示] を追加できます。[詳細表示] を追加するには、[[詳細] を選択すると、次の URL に移動します] を選択し、URL を入力します。たとえば、http://www.<site>/search/results.aspx?k={subjectTerms} のように、この URL にはクエリ変数を使用できます。

  1. [OK] をクリックします。

ページの一番上

クエリを変更することによってランク付けされた検索結果を変更する

ランク付けモデルでは、検索結果のランク付けの順序を計算します。このランク付けは、検索結果内でアイテムを昇格または降格することによって変更できます。たとえば、"download toolbox" を含むクエリの場合、"download" をアクション用語として認識するクエリ ルールを作成できます。これが終了したら、ランク付けされた検索結果を変更できます。これにより、イントラネット上で特定のダウンロード サイトの URL が昇格します。また、ファイル名拡張子または特定のキーワードに基づいて、検索結果の並べ替え順序を動的に変更することもできます。ランク付けされた検索結果をクエリを変更することによって変更すると、結果がセキュリティ トリミングされて、絞り込み可能になります。さらに、既にドキュメントが存在していない場合は、検索結果は表示されません。

  1. 手順 9 の「クエリ ルールを作成する」では、[クエリ ルールの追加] ページの [アクション] セクションで [クエリの変更によるランク付けされた結果の変更] をクリックします。

  2. [クエリの作成] ダイアログ ボックスで、次の手順を実行します。

    • [基本] タブで、次のオプションを選択してランク付けされた検索結果を変更します。

リスト ビュー

オプション

クエリの選択

検索先を選んで、検索対象のコンテンツを指定します。

キーワード フィルター

クエリにクエリ変数を追加するのにには、キーワード フィルターを使用します。利用可能なクエリ変数の一覧については、 SharePoint Server 2013 のクエリ変数を参照してください。

一覧から定義済みのクエリ変数を選び、[キーワード フィルターの追加] をクリックして、クエリにそのクエリ変数を追加します。

プロパティ フィルター

プロパティ フィルターを使って、検索スキーマ内で [クエリ可能] に設定されている管理プロパティのコンテンツを照会します。

[プロパティ フィルター] ドロップダウン リストから管理プロパティを選びます。[プロパティ フィルターの追加] をクリックして、クエリにフィルターを追加します。

  • [並べ替え] タブで、並べ替える検索結果の数を指定します。
    [並べ替え] ドロップダウン リストで、次の手順を実行します。

    • 検索スキーマ内で [並べ替え可能] に設定されている管理プロパティを並べ替えるには、一覧から管理プロパティを選択して、[降順] または [昇順] を選択します。さらに並べ替えレベルを追加するには、[並べ替えレベルの追加] をクリックします。

    • 関連性ランク付けによって並べ替えるには、[ランク] を選択し、次の手順を実行します。

      • [ランク付けモデル] の一覧で、検索結果の並べ替えに使用するランク付けモデルを選択します (この選択は任意です)。

      • [動的順序付け] セクションで、特定の条件が適用されたときに検索結果の順序を変更するルールを追加して追加のランク付けを指定するには、[動的順序付けルールの追加] をクリックして条件付きルールを指定します。

  • [テスト] タブでは、送信されたクエリをプレビューできます。

オプション

説明

クエリ テキスト

コンテンツ検索 Web パーツによって実行される最終的なクエリを表示します。これは、動的変数が現在値に置き換えられる元のクエリ テンプレートに基づきます。結果的に、クエリに対する他の変更をクエリ ルールの一部として作成していることがあります。

詳細表示

クリックすると詳細情報を表示します。

クエリ テンプレート

クエリに適用されるクエリ テンプレートのコンテンツを表示します。

クエリ テンプレート変数

クエリに適用されるクエリ変数および現在のページに適用される変数の値を表示します。別の値を入力して、クエリに対する効果をテストできます。[クエリのテスト] をクリックして、検索結果をプレビューします。

  1. クリックして[ok][クエリの作成] ダイアログ ボックスを閉じます。

  2. [保存] をクリックします。

ページの一番上

サイトでクエリ ルールを非アクティブにする

テナント レベルで作成されたクエリ ルールは、サイト コレクションおよびサイトには継承されません。同様に、サイト コレクション レベルでされたクエリ ルールは、サイト コレクション内のサイトには継承されません。クエリ ルールを継承するサイトにクエリ ルールを適用したくない場合は、そのサイトでクエリ ルールを非アクティブにすることができます。

  1. サイトの [設定] メニューで、[サイトの設定] をクリックします。

  2. [サイトの設定] ページの [検索] セクションで、[クエリ ルール] をクリックします。

  3. [クエリ ルールの管理] ページの [検索先の選択] メニューで、非アクティブにするクエリ ルールが含まれる検索先を選択します。

  4. [名前] 列で、非アクティブにするクエリ ルールをポイントして、表示された矢印をクリックして、[非アクティブにする] をクリックします。

ページの一番上

サイト コレクションのクエリ ルールをランク付けする

テナント、サイト コレクション、またはサイトで複数のクエリ ルールがアクティブになっている場合、そのレベル実行されるクエリに対して複数のルールを実行できます。既定では、ルールが特定の順序で実行されることはありません。ただし、ルールが実行される順序を制御する場合は、クエリ ルールを作成してクエリ グループに追加する必要があります。これを行うには、グループに追加するルールを選択して、トリガーされた場合にグループのルールが実行される順序を指定します。グループで最も低くランク付けされているクエリ ルールが、トリガーされても実行されないようにすることができます。

  1. サイト コレクションの [設定] メニューで、[サイトの設定] をクリックします。

  2. [サイトの設定] ページの [サイト コレクションの管理] セクションで、[検索クエリ ルール] をクリックします。

  3. [クエリ ルールの管理] ページの [検索先の選択] メニューで、グループ化するクエリ ルールが含まれる検索先を選択します。

  4. グループに追加する作成済みのそれぞれのクエリ ルールについて、ルールをポイントして、チェック ボックスを選択します。

    注: このサイト コレクションに対して作成したクエリ ルールが、[このサイト コレクションに対して定義] セクションに一覧表示されます。

  5. [選択したルールを整理] をクリックします。

  6. [選択したルールを整理] ダイアログ ボックスで、次のいずれかを実行して、[OK] をクリックします。

    • [ルールをこの名前の新しいグループに移動する] を選択して、グループの名前を入力します。

    • [ルールを既存のグループに移動する] を選択して、一覧からグループを選択します。

  7. [クエリ ルールの管理] ページで、次の手順を実行します。

    1. グループ内のルールがトリガーされたときの実行順序を変更するには、ルールの順序付けの番号を変更します。

    2. グループで最も低くランク付けされているクエリ ルールが実行されないようにするには、グループで最後に実行するクエリ ルールの行に移動して、[続行/停止] の一覧の [アクション] 列で [停止] を選択します。

ページの一番上

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×