クエリ デザイナーのレイアウト (ADP) について

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

注: このトピックの情報は、Microsoft Access プロジェクト (.adp) にのみ適用されます。

クエリ デザイナーは、3 つのウィンドウで構成される: ダイアグラム ウィンドウ、グリッド] ウィンドウで、および SQL ウィンドウ。

クエリ デザイナーの 3 つのウィンドウ

クエリ デザイナーの図、グリッド、SQL ウィンドウ

  • ダイアグラム ウィンドウには、テーブル、ビュー、およびクエリを実行する行の関数が表示されます。それぞれの四角形では、テーブル、ビュー、または行で関数を表し、利用可能なデータの列に、クエリ内の各列の使用方法を示すアイコンに表示されます。結合は、四角形の間の線で示されます。

  • グリッド ウィンドウに表示するにはどのような行を選択する方法と、行のグループにデータ列などのオプションを指定するスプレッドシートのようなグリッドが含まれています。

  • SQL ペインには、クエリの SQL ステートメントが表示されます。クエリ デザイナーによって作成された SQL ステートメントを編集するまたは SQL ステートメントを入力することができます。ウィンドウを使用する、図、グリッド、ユニオン クエリなどを作成できない SQL ステートメントを入力するために特に便利です。

クエリを作成するには、ウィンドウ枠のいずれかの操作を: ダイアグラム ペインで選択するか、[グリッド] ペインに入力すること、またはできるようにして表示する列を指定した SQL ペインで SQL ステートメントの一部です。図、グリッド、SQL ウィンドウは、同期、他のウィンドウが自動的に変更を反映して 1 つのウィンドウで、変更を行うときにします。

ダイアグラム ウィンドウ

ダイアグラム ウィンドウの概要

ダイアグラム ウィンドウには、クエリでのテーブル、ビュー、ユーザー定義関数、またはサブクエリされた画像の表示が表示されます。また、それらの結合関係も表示されます。

[図] ウィンドウで、次のことができます。

  • 追加し、テーブル、ビュー、ユーザー定義関数、またはサブクエリを削除または出力データ列を指定します。

  • クエリの並べ替えに列を指定します。

  • 結果セット内の行をグループ化することを指定します。

  • 作成または、テーブル、ビュー、ユーザー定義関数、またはサブクエリ間の結合を変更します。

ダイアグラム ウィンドウで、変更を行うときに、自分の変更を反映するように、グリッドおよび SQL ペインが更新されます。たとえば、テーブル、ビュー、ユーザー定義関数、または図のウィンドウのサブクエリで出力する列を選択した場合、クエリ デザイナー データ列を追加グリッド ウィンドウおよび SQL ペインで SQL ステートメントにします。

ダイアグラム ウィンドウのアイコン、チェック ボックス、および記号と特殊文字について

各テーブル、ビュー、ユーザー定義関数、またはサブクエリは、[図] ウィンドウで別のウィンドウとして表示されます。それぞれの四角形のタイトル バーにアイコンは、次の表に示すように、四角形を表しているオブジェクトの種類を示します。

アイコン

オブジェクトの種類

アイコンの画像

テーブル

アイコンの画像

表示

アイコンの画像

インライン関数

アイコンの画像

サブクエリ (の FROM 句)


各四角形は、テーブル、ビュー、またはユーザー定義関数のデータ列を表示します。クエリで列を使用する方法を示すために列の名前の横にあるチェック ボックスおよび [記号と特殊文字が表示されます。ヒントは、データ型や列のサイズなどの情報を表示します。

[入力ソース] ウィンドウ

次の表には、チェック ボックスおよび各テーブル、ビュー、またはユーザー定義関数の四角形で使用される記号と特殊文字が一覧表示します。

チェック ボックスまたは [記号と特殊文字

説明

チェック ボックス
アイコンの画像
アイコンの画像
アイコンの画像

データ列をクエリの結果セット (選択クエリ) で表示することや、更新、追加、テーブル作成、または高度な値クエリで使用かどうかを指定します。結果に追加する列を選択します。(すべての列)が選択されている場合は、出力にすべてのデータ列が表示されます。

クエリの種類に応じて、チェック ボックスをオンの変更に使用されるアイコンを作成します。削除クエリを作成するには、個別の列を選択することはできません。

アイコンの画像
アイコンの画像

データ列がクエリ結果の並べ替えに使用されていることを示します (ORDER BY 句の一部である)。並べ替え順序は昇順または降順の並べ替え順序を降順である場合は、A から Z としてアイコンが表示されます。

アイコンの画像

グループ化された結果セットを作成するのには、データの列が使用されていることを示します (GROUP BY 句の一部である) 集計クエリ。

アイコンの画像

クエリの検索条件にデータ列が含まれていることを示します (WHERE 句または HAVING 句の一部である)。

アイコンの画像

データ列の内容を出力集約されていることを示します (合計、平均、またはその他の集計関数に含まれている)。

注: クエリ デザイナーまたはデータベース ドライバーがに関する情報を返すできないかどうかに、十分なアクセス権があるない場合は、テーブル、ビュー、またはユーザー定義関数のデータの列が表示されません。このような場合は、クエリ デザイナーには、テーブル、ビュー、またはユーザー定義関数のタイトル バーのみが表示されます。

ダイアグラム ウィンドウでテーブルを結合します。

クエリには、結合が含まれている場合、結合に関連するデータ列の間の結合線が表示されます。クエリ デザイナーが、テーブルを表す四角形のタイトル バーに結合線を配置する場合は、結合されたデータの列が表示されていない (例、テーブル、ビュー、ユーザー定義関数、またはサブクエリ ウィンドウが最小化または結合式が含まれる)、ビュー、ユーザー定義関数、またはサブクエリします。クエリ デザイナーでは、結合条件ごとに 1 つの結合線が表示されます。

2 つのテーブル間の 1 本の結合線

図形の結合線の中央にあるアイコンは、テーブルまたはテーブル構造のオブジェクトを結合する方法を示します。Join 句は、等号 (=) 以外の演算子を使用している場合は、結合線アイコンにオペレーターが表示されます。次の表には、結合線で表示できるアイコンが一覧表示します。

結合線アイコン

説明

アイコンの画像

内部結合 (等号 (=) を使用して作成)。

"次の値より大きい" 演算子に基づく内部結合の記号

「より大きい」演算子に基づく内部結合します。(結合線のアイコンで表示される演算子に結合に使用する演算子が反映されます)。

アイコンの画像

外部結合の左側に表示されるテーブルからどのすべての行が含まれるでも [関連テーブルで一致するものはありません。

アイコンの画像

外部結合の右側に表示されるテーブルからどのすべての行が含まれるでも [関連テーブルで一致するものはありません。

アイコンの画像

完全外部は、関連テーブル、ビュー、ユーザー定義関数、またはサブクエリで一致がない場合でも、すべての行が 2 つのテーブルに表示されるに参加します。


結合線の端にアイコンは、結合の種類を示します。次の表では、結合の種類と結合線の端に表示されるアイコンが一覧表示します。

結合線の端のアイコン

説明

アイコンの画像

1 対 1 の結合

アイコンの画像

一対多の結合

アイコンの画像

クエリ デザイナーは結合の種類を確認することはできません。

グリッド ウィンドウ

グリッド ウィンドウの概要

[グリッド] ウィンドウでは、クエリ オプションを指定することができます: データ列を表示、結果の並べ替え方法を選択する行など、スプレッドシートのようなグリッドに選択した内容を入力しています。[グリッド] ウィンドウでは、次の指定できます。

  • 表示する列と列名のエイリアスを実行します。

  • 列に属しているテーブル。

  • 計算列の式。

  • クエリの並べ替え順序。

  • 検索条件。

  • サマリー レポートを使用する集計関数などの条件をグループ化します。

  • 更新クエリまたは値の追加クエリの新しい値。

  • 追加クエリは対象の列名です。

[グリッド] ウィンドウで行った変更は、ダイアグラム ウィンドウと SQL ペインに自動的に反映されます。同様に、[グリッド] ウィンドウが他のウィンドウで行った変更を反映するように自動的に更新されます。

グリッド ウィンドウ列について

[グリッド] ウィンドウ内の行をクエリで使用されるデータの列を表示します。[グリッド] ウィンドウでの列には、クエリのオプションが表示されます。

[グリッド] ウィンドウ

[グリッド] ウィンドウに表示される特定の情報を作成しているクエリの種類によって異なります。選択クエリを作成する場合、[グリッド] ウィンドウには、更新クエリを作成している場合、別々 の列が含まれています。

次の表は、[グリッド] ウィンドウに表示されるグリッド列を一覧表示します。

クエリの種類

説明

すべて                  

クエリまたは計算列の式を使用するデータ列の名前が表示されます。水平方向にスクロールするときに常に表示されるように、この列をロックされています。

エイリアス

選択、追加、更新、テーブルの作成

列の代替名をまたは計算列で使用する名前を指定します。

選択、追加、更新、テーブルの作成

関連するデータ列のテーブル、ビュー、ユーザー定義関数、またはサブクエリの名前を指定します。この列では、計算列の空白です。

出力

選択、追加、テーブルの作成

データ列をクエリ出力に表示するかどうかを指定します。

注: データベースが許可されている場合は、結果セット内に表示されないようにする並べ替えまたは検索句のデータ列を使用することができます。

並べ替えの種類

選択し、追加します。

クエリの結果と並べ替えを昇順または降順するかどうかを並べ替えるには関連するデータ列を使用することを指定します。

並べ替え順序

選択し、追加します。

結果セットの並べ替えに使用されるデータの列の並べ替えの優先順位を指定します。データ列の並べ替え順序を変更する場合は、他のすべての列の並べ替え順序が適切に更新されます。

グループ化

選択、追加、テーブルの作成

集計クエリを作成するのには、関連するデータの列が使用されているかを指定します。このグリッド列には、グループ化] 、[ツール] メニューから選択するか、 SQLペインに GROUP BY 句を追加した場合にのみが表示されます。

既定では、この列の値に設定] グループで、および列 GROUP BY 句の一部になります。

この列のセルに移動して関連するデータの列に適用する集計関数を選択すると、既定では結果の式は、結果セットの出力列として追加します。

抽出条件

すべて                  

関連するデータ列の検索条件 (フィルター) を指定します。検索するには、(既定では「=」) 演算子と値を入力します。テキスト値を単一引用符で囲みます。

関連付けられたデータ列が GROUP BY 句の一部である場合は、HAVING 句の式を入力して表示されます。

論理 AND で抽出条件のグリッド列の 1 つ以上のセルの値を入力する場合、結果の検索条件は自動的にリンクします。

1 つのデータベースの列の複数の検索条件式を指定するのには (たとえば、 (fname > 'A') AND (fname < 'M')グリッドウィンドウに 2 回データ列を追加し、データ列のインスタンスごとに、抽出条件のグリッド列に別の値を入力します。

または.

すべて                  

論理 OR を前の式にリンクされている [データ] 列の追加の検索条件式を指定します。など…グリッド列を追加するには、一番] タブの [キーを押すと[または]列。

追加

追加

関連するデータ列のデータ列の名前を指定します。追加クエリを作成すると、クエリ デザイナーは、適切なターゲット データ列をソースと一致しようとします。クエリ デザイナーでは、一致するものを選択できない、列の名前を入力する必要があります。

新しい値

更新、値を追加します。

関連する列に格納する値を指定します。リテラル値または式を入力します。

SQL ウィンドウ

SQL ウィンドウの概要

SQL ペインには、現在のクエリの SQL ステートメントが表示されます。クエリを作成すると、SQL ウィンドウは自動的に更新され、読みやすくなるように再レイアウトします。

SQL ペインで、次のことができます。

  • 新しいクエリを作成するには、SQL ステートメントを入力します。

  • 図のグリッド ウィンドウで行った設定に基づいて、クエリ デザイナーによって作成された SQL ステートメントを変更します。

  • Microsoft SQL Server に固有の機能を利用する文を入力します。

SQL ペイン内のステートメント

SQL ペイン内で直接の現在のクエリを編集することができます。別のウィンドウに移動すると、クエリ デザイナーはステートメントを自動的に書式し、[、ステートメントに合わせて図グリッド ウィンドウを変更します。

注: SQL ステートメントの最適化ヒントを入力することができますが、クエリ デザイナーがフォーマット可能性があります。

図グリッド ウィンドウで、ステートメントを表示できない場合は、ペインが表示されている場合、クエリ デザイナー エラーが表示し、2 つの選択肢が提供されます。

  • SQL ウィンドウに戻って、ステートメントを編集する.

  • 変更を破棄して、SQL ステートメントの最新バージョンに戻します。

SQL ウィンドウに戻って、ステートメントの編集を続ける場合は、クエリ デザイナーを SQL ペインの内容を反映していないことを示す、その他のウィンドウ枠を淡色で表示します。

クエリ デザイナーで視覚的に表すことができない SQL ステートメントを入力するのに SQL ウィンドウを使用することもできます。このような場合は、クエリ デザイナーに表示される、同様の問題は、エラーが検出されると、現在のステートメントを非表示にすることを示す図グリッド ウィンドウに淡色で表示します。ステートメントを編集し、任意の SQL ステートメントと同様に実行するには、引き続きことができます。

注: SQL ステートメントを入力し、さらに変更するクエリ図グリッド ウィンドウを変更することによって場合は、クエリ デザイナーが再構築し、SQL ステートメントを再表示します。場合によっては、この操作の結果が異なる (ただし、同じ結果が得られることが常に) 入力した最初から作成されますが、SQL ステートメントでします。この違いはでリンクされている、いくつかの句が含まれている検索条件を使用している場合は特に可能性が高い AND と OR します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×