クエリ ステップの設定を編集する (Power Query)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

注: Power Query は、Excel 2016 では取得と変換として知られています。ここで提供される情報は両方に適用されます。 詳細については、「Excel 2016 で取得と変換を実行する」を参照してください。

注: クイッククエリ エディターを表示する方法のビデオは、この記事の最後を参照してください。

Power Query のクエリ ステップを追加したときに、選んだステップで行われる一連のステップに挿入されます。フローの最後にある任意の場所以外のステップを追加する場合は、後続のすべての手順が正常に機能を確認してください。

注:  クエリで中間のステップを挿入または削除すると、クエリを破損させる可能性があります。 新しいステップを挿入しようとすると、Power Query では、"ステップの挿入" 警告が表示されます。

必要な作業

クエリ ステップの追加

クエリの設定を使用します。

数式の使用

ステップの編集

クエリの設定を使用します。

数式バーの使用

ステップの削除

ステップの並べ替え

次の画像には、クエリの設定] ウィンドウで、ウィンドウの右側にある [クエリ エディター] が表示されます。クエリ エディターは、Power Query クエリを作成、編集、および洗練します。

作業の開始

クエリ ステップの追加

クエリ ステップをクエリに追加するには、2 つの方法があります。

[クエリの設定] の使用

  1. [クエリの設定] ウィンドウの [適用したステップ] リストで、クエリ ステップをクリックします。

  2. データを再形成するクエリ ステップを完了した後、選んだクエリ ステップの下にクエリ ステップが追加されます。データの再形成について詳しくは、「データを整理する」をご覧ください。

数式の使用

  1. 必要に応じて、[ステップ] ウィンドウでクエリ ステップをクリックします。選んだクエリ ステップの下にクエリ ステップが追加されます。

  2. 数式バーの左側に [数式] アイコン ( 数式 ) をクリックします。
    フォーム= < nameOfTheStepToReference >で、新しい数式を作成

  3. 新しい数式 = Class.Function(ReferenceStep[,otherparameters]) を入力します。
    例: [性別] 列を含むテーブルがあり、性別によって “女性” または “男性” の値を含む列を追加したい場合を考えてみます。数式は = Table.AddColumn(<ReferencedStep>, "Prefix", each if [性別] = "F" then "女性" else "男性") となります。

非表示の列

注:  クエリ ステップを追加すると、その後のステップでエラーが発生する場合があります。新しいステップで、その後のいずれかのステップで使用されるフィールド (列名など) が変更されると、エラーが発生します。

ページの先頭へ

ステップの編集

既存のステップを編集するには、2 つの方法があります。

[クエリの設定] の使用

  1. [適用したステップ] リストで、編集するステップをクリックします。

  2. ギア ( 設定アイコン ) アイコンをクリックするか、または右クリックして、[設定の編集] をクリックします。

  3. 選んだステップのダイアログ ボックスで、クエリ ステップを編集します。

  4. [OK] をクリックします。

数式バーの使用

  1. [適用したステップ] リストで、編集するステップをクリックします。

  2. 数式バーで、必要に応じて値を変更します。Power Query の数式について詳しくは、「Power Query の式について」をご覧ください。

  3. [クエリ エディター] ダイアログで [更新] をクリックします。

ページの先頭へ

ステップの削除

  1. 削除するステップの左の ( ステップの削除 ) アイコンをクリックするか、

  2. ステップを右クリックして、[削除] または [最後まで削除] をクリックします。

ページの先頭へ

ステップの並べ替え

[ステップ] ウィンドウでステップを上下に移動できます。[ステップ] ウィンドウでステップの位置を変更すると、1 つ以上のステップが失敗する可能性があります。並べ替え後に、すべてのステップが正常に機能していることを確認してください。

[ステップ] ウィンドウのステップのリストで、ステップを上下に移動するには

  1. [ステップ] ウィンドウで、移動するステップを右クリックします。

  2. コンテキスト メニューで [上へ移動] または [下へ移動] をクリックして、選んだステップをリスト内で 1 段階ずつ上下に移動します。

    注:  ステップを複数段階移動するには、これらの手順を繰り返します。ステップがリストの最上部や最下部に達すると、移動オプションが淡色表示になります。

ページの先頭へ

注: クエリ エディターは、Power Query を使用して新しいクエリの読み込み、編集、または作成を行うときにのみ表示されます。 次のビデオは、Excel ブックからクエリを編集した後で表示される [クエリ エディター] ウィンドウを示します。 既存のブック クエリを読み込んだり編集したりせずにクエリ エディターを表示するには、[Power Query] リボン タブの [外部データの取り込み] セクションから [その他のデータ ソース]、[空のクエリ] の順に選びます。 次のビデオは、クエリ エディターを表示する 1 つの方法を示します。

Excel でクエリ エディターを表示する方法

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×