クエリ文字列 (URL) フィルタ Web パーツを他の Web パーツに接続する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

クエリ文字列 (URL) フィルタ Web パーツを使用して、[Web パーツ ページを表示して、そのページには、他の Web パーツを自動的にフィルターをリンク] をクリックします。たとえば、ユーザーが別のリンク (標準的な顧客を表示優先顧客を表示プロフェッショナル顧客を表示およびすべてのユーザーを表示) をクリックするたびに、さまざまな (標準、優先、エリート、およびすべて)、顧客の組み合わせを表示する Web パーツ ページを作成することができます * します。

* リンクがアクティブではありませんし、サンプルの目的でのみします。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

クエリ文字列 (URL) フィルタ Web パーツについてください。

クエリ文字列 (URL) フィルタ Web パーツを別の Web パーツに接続します。

クエリ文字列 (URL) フィルタ Web パーツの詳細

クエリ文字列 (URL) フィルタ Web パーツは、Web パーツ ページ上でユーザーに表示されないコンテキスト フィルタで、ユーザー入力は受け取りません。クエリ文字列 (URL) フィルタ Web パーツを使用すると、URL クエリ文字列で 1 つ以上の名前と値のペアを使用することで、Web パーツ ページ上にある接続済みの Web パーツのデータをフィルタできます。URL クエリ文字列は、通常、別の Web ページ上のリンクで定義し、そのリンクに配置します (ただし、リンクは同じページ上に配置することもできます)。名前と値のペアは、Web パーツ ページ上の他の Web パーツに対するフィルタ名と値として機能し、Web パーツ プロパティで定義された既定値の名前や、Web パーツ ページで他の接続を使用して渡される名前よりも優先されます。

URL クエリ文字列

クエリ文字列 (URL) フィルタ Web パーツを他の Web パーツに接続したら、クエリ文字列パラメータを使用するリンクを定義する必要があります。以下に例を示します。

1 2 3 4 5 ----------------URL------------------?<Name>=<Val> http://Fabercom/SalesData/Elites.aspx?Status=Elite

1

URL

URL は、クエリ文字列 (URL) フィルタ Web パーツおよび 1 つ以上の接続された Web パーツを含む Web パーツ ページへのリンクです。

2

?

URL クエリ文字列は、疑問符 (?) から始まります。

3

<名前>

この例では、名前は "Status" です。

4

=

等号 (=) で名前と値を区切ります。

5

<値>

この例では、値は "Elite" です。

複数の名前と値のペアを渡す場合は、各ペアをアンパサンド (&) で区切ります。以下に例を示します。

1 2 3 ...?<Name>=<Val>&<Name>=<Val> ...?Status=Elite&Status=Preferred

1

<名前>=<値>

1 番目の名前と値のペアは、"Status=Elite" です。

2

&

名前と値の各ペアは、アンパサンド (&) で区切ります。

3

<名前>=<値>

2 番目の名前と値のペアは、"Status=Preferred" です。

リンクの作成

リンクは、リンクがサポートされている場所であれば、どこにでも配置できます。たとえば、Web ページ、コンテンツ エディタ Web パーツ、マイ リンク Web パーツ、リンク リストのほか、Web パーツ タイトル URL の共通プロパティにも配置できます。リンクのカスタマイズ、異なるスタイルの追加、グループ化と並べ替え、およびヒントの表示を簡単に行うには、概要リンク Web パーツの使用を検討してください。概要リンク Web パーツでは、新しいウィンドウで Web パーツ ページを開くことも簡単です。また、多くの場合、名前と値のペアを使用しないリンクも追加して、Web パーツ ページのすべてのデータを表示できるようにすると便利です。

Web パーツ ページのデザインおよび管理に関するベスト プラクティス

ここでは、Web パーツ ページをデザインおよび管理する際のベスト プラクティスをいくつか示します。

  • Web パーツ ページ テンプレートを慎重に選択する    Web パーツ ページでは、Web パーツを移動して、任意の順序で配置したり、任意の Web パーツ領域内に配置したりできます。ただし、Web パーツ ページを作成する前に、選択するテンプレートを慎重に検討して、目的のフィルタ Web パーツとリスト ビュー Web パーツをレイアウトできるようにする必要があります。Web ブラウザを使用している場合、選択したテンプレートを Web パーツ ページの作成後に変更することはできません。Microsoft Office SharePoint Designer 2007 などの Web デザイン プログラムをお持ちの場合は、Web パーツ ページの構造をさらに変更できます。

  • 無効な Web パーツ プロパティへの接続を削除する    ページ編集モードでは、現在接続されているフィルタ Web パーツが表示され、フィルタ Web パーツの下に表示されるメッセージによって、接続の状態を確認できます。

    場合によっては、接続を削除して、無効なフィルタ Web パーツ プロパティを変更する必要があります。この場合、ツール ウィンドウに次のようなメッセージが表示されます。

    "無効なプロパティを変更するには、Web パーツ間の接続を削除する必要があります。"

  • Web パーツ ページから使用されていない Web パーツを削除します   。誤って削除せずに Web パーツを閉じた場合、Web パーツはページ上に非表示の Web パーツとして残っています。非表示の Web パーツを見つけるには、Web パーツが保存されているドキュメント ライブラリ内で Web パーツ ページを見つけ、Web パーツのファイル名をポイントして、表示される矢印をクリックし、[プロパティの編集] をクリックし、[Web パーツ ページを管理ビューで開く] リンクをクリックします。Web パーツのメンテナンスの詳細については、「Web パーツをカスタマイズする」を参照してください。

ページの先頭へ

クエリ文字列 (URL) フィルタ Web パーツを他の Web パーツに接続する

注: 次の手順では、チーム サイトで Web パーツ ページを作成していることを前提としています。他のサイトでは、コマンドや手順が異なる可能性があります。

Web パーツ ページを準備する    

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • Web パーツ ページを作成するには、[サイトの操作] メニュー ボタン イメージ の [作成] をクリックし、[Web パーツ ページ] をクリックします。

      詳細については、「Web パーツを使用してページをカスタマイズする方法の概要」を参照してください。

    • 既存の Web パーツ ページを編集するには、サイトの操作 ボタン イメージ をクリックし、[ページの編集] をクリックします。

      Web パーツ ページが編集モードで表示されます。

  2. Web パーツを追加する Web パーツの領域で、[Web パーツの追加] をクリックします。

    [Web パーツの追加] ダイアログ ボックスが表示されます。

  3. クエリ文字列 (URL) フィルタ Web パーツおよび他の Web パーツを Web パーツ ページに追加します。

    Web パーツをページに追加する方法の詳細については、「Web パーツを追加または削除する」を参照してください。

    クエリ文字列 (URL) フィルタ Web パーツをカスタマイズするには。   

  4. クエリ文字列 (URL) フィルタ Web パーツで、[ツール ウィンドウを開く] リンクをクリックします。

    クエリ文字列 (URL) フィルタ Web パーツが編集モードになり、Web パーツのツール ウィンドウが表示されます。

  5. 次の手順を実行して、カスタム Web パーツ プロパティを編集します。

    1. [フィルタ名] ボックスに Web パーツを識別する名前を入力します。

    2. [クエリ文字列パラメータ名] ボックスに名前を入力します。この名前は、手順 11. において、URL クエリ文字列で定義する名前と正確に一致している必要があります。

    3. 必要に応じて、クエリ文字列 (URL) Web パーツのテキスト ボックスに初期値を入力するには、[既定値] ボックスに既定値を入力します。この値は、通常、手順 9. で指定した列のいずれかの値と一致する値にします。この既定値は、Web パーツ ページが最初に表示されるとき、リスト ビュー Web パーツに値の初期リストを表示するために使用されます。

    4. 必要に応じて、[高度なフィルタ オプション] セクションで、次のうち必要な操作を行います。

      • null 値に基づいてフィルタを適用できるようにするには、[値がない場合空白を送信] をクリックします。たとえば、ユーザーのプロファイル値が列に入力されていない場合を検出できます。

      • 複数の値を処理する方法を指定するには、[複数の値を処理する場合] で、次のいずれかの操作を行います。

        • Web パーツ接続を使用して 1 つのパラメータ値だけを送信するには、[最初の値のみを送信] をクリックします。

        • Web パーツ接続を使用して複数のパラメータ値を送信するには、[すべての値を送信] をクリックします。

        • Web パーツ接続を使用して、区切られた複数の値を送信するには、[1 つの値に結合 次の区切り文字を使用] をクリックし、テキスト ボックスに 1 文字以上を入力します。

          値は既に文字で区切られている必要がありますが ("Preferred, Elite, Status" など)、別の文字を使用することもできます。

    5. Web パーツのツール ウィンドウの下部にある [OK] をクリックして、変更を保存します。

      その他の Web パーツをカスタマイズするには。   

  6. Web パーツをフィルター処理、および共有 Web パーツの変更] をポイントするには、Web パーツ] メニューの [ [Web パーツ] メニュー をクリックします。

  7. 必要に応じて他の Web パーツをカスタマイズします。Web パーツのカスタマイズの詳細については、[参照] セクションのリンク先を参照してください。

    両方の Web パーツを接続し、結果を確認する    

  8. クエリ文字列 (URL) フィルタ Web パーツの Web パーツ] メニューの [ [Web パーツ] メニュー ] をクリックして、接続] をポイントし、フィルター値を送信] をポイントし、リンクする他の Web パーツの名前をクリックします。

  9. [設定] をクリックし、他の Web パーツでフィルタを適用するフィールドをリスト ボックスから選択して、[完了] をクリックします。

  10. 編集モードを終了してページを表示するには、Web パーツ ページの上部にある [サイトの操作] ボタン イメージ メニューの [編集モードの終了] をクリックします。

  11. Web ページで、Web パーツ ページへのリンクを作成し、クエリ文字列パラメータを追加します。以下に例を示します。

    1. パラメータを 1 つだけ渡す場合は、次のリンクを作成します。

http://Fabercom/Sales/DeptData/Elites.aspx?Status=Elite

  1. 2 つのパラメータを渡す場合は、次のリンクを作成します。

http://Fabercom/Sales/DeptData/Elites.aspx?Status=Elite&Status=Preferred

注: 名前と値のペアでは、引用符 (") は使用しないでください。引用符はリテラル文字として解釈されます。

  1. 接続された他の Web パーツでブックの結果を動的に変更するには、手順 11. で定義したリンクをクリックして、Web パーツ ページを表示します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×