クエリを整理または変換する (Power Query)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

注: Power Query は、Excel 2016 では取得と変換として知られています。ここで提供する情報は、この両方に適用されます。 詳細については、「Excel 2016 で取得と変換を実行する」を参照してください。

データの整理は、Excel では一般的な作業であり、1 つ以上のテーブルを操作して、データ分析の要件に合う 1 つの主題テーブルにまとめる作業を行います。Power Query には、直感的なユーザー インターフェイスが備わっており、一連のデータを使って、ユーザーは簡単な操作で、データの整理と変換のステップを定義できます。

これらのステップは、クエリを更新するたびに自動的に実行されます。さらに、データまたは分析の必要性の変化に対応するために、後で変更することもできます。クエリ ステップを追加、削除、編集して、複数のデータ ソースから取得したデータを整理できます。クエリ ステップを使うと、データを手動で取得して、Excel 内で再び整理する必要がなくなります。

Power Query では、他の Microsoft Excel ブック、SQL Server、Oracle、IBM DB2、SharePoint、その他の構造化データなど、幅広いデータ ソースからデータを Microsoft Excel にインポートすることができます。データ ソースへの接続について詳しくは、「データ ソースに接続する」をご覧ください。

データ ソースに接続したら、クエリ エディターを使ってデータを役に立つ形に整理します。データ ソースを整理するために、Power Query は特定のエディター操作に関連付けられたクエリ ステップのシーケンスを自動的に作成します。たとえば、データ ソースに接続し、行を列見出しにして、行を並べ替え、テーブルをフィルター処理するなど、クエリ エディターで特定の作業を行うと、クエリ ステップのシーケンスが作成されます。データを整理する方法について詳しくは、「データを整理する」をご覧ください。

注: クエリ エディターの表示方法に関するビデオについては、この記事の最後を参照してください。

クエリ ステップの例

クエリ エディターでの操作

クエリのステップ

データ ソースに接続する

Source

関連テーブルを含む列を展開する

Expand NewColumn

列の名前を変更する

RenamedColumns

テーブルを並べ替える

SortedRows

テーブルのリンクを展開する

注: クエリ エディターは、Power Query を使用して新しいクエリの読み込み、編集、または作成を行うときにのみ表示されます。 次のビデオは、Excel ブックからクエリを編集した後で表示される [クエリ エディター] ウィンドウを示します。 既存のブック クエリを読み込んだり編集したりせずにクエリ エディターを表示するには、[Power Query] リボン タブの [外部データの取り込み] セクションから [その他のデータ ソース]、[空のクエリ] の順に選びます。 次のビデオは、クエリ エディターを表示する 1 つの方法を示します。

Excel でクエリ エディターを表示する方法

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×