クエリを実行する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

クエリは、一連のデータを操作するために使用できる手順です。 次の手順を実行するクエリを実行するとします。 結果を返すに加えてすることができます並べ替え、グループ化、またはフィルター処理された-クエリできますも作成、コピー、削除、またはデータを変更します。

ここでは、クエリを実行する方法について説明し、クエリのさまざまな種類の概要を簡単に説明します。 この記事もさまざまな種類のクエリを実行するときに発生するエラー メッセージについて説明し、回避またはそれらのエラーを修正するための手順について説明します。

この記事では、クエリを作成するためのステップ バイ ステップの手順は提供されません。

重要: データベースが無効モードで動作している場合は、アクション クエリを実行することはできません: 特定の状況でのデータの保護に役立つ機能制限モード アクセスを使用します。 表示] ダイアログ ボックス警告、またはメッセージ バーに表示される警告を表示します。

無効モードとアクション クエリを有効にする方法の詳細については、アクション クエリを実行します] セクションを参照してください。

目的に合ったトピックをクリックしてください

選択クエリまたはクロス集計クエリを実行します。

アクション クエリを実行します。

パラメーター クエリを実行します。

Sql クエリを実行します。

エラー メッセージをトラブルシューティングします。

選択クエリまたはクロス集計クエリを実行します。

取得し、データを表示して、フォームやレポートにデータを指定する選択クエリとクロス集計クエリを使用します。 選択クエリまたはクロス集計クエリを実行すると、 Accessデータシート ビューの結果が表示されます。

クエリを実行します。

  1. ナビゲーション ウィンドウでクエリを探します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • 実行するクエリをダブルクリックします。

    • クエリを実行するにをクリックし、ENTER キーを押します。

クエリを実行するデザイン ビューで開かれている場合はMicrosoft Office Fluent ユーザー インターフェイスの一部、リボンの [デザイン] タブで [結果] グループで [実行] をクリックして実行することもできます。

ページの先頭へ

アクション クエリを実行します。

アクション クエリの 4 つの種類があります: 追加クエリ、クエリ、更新クエリ、およびテーブル作成クエリを削除します。 テーブル作成クエリは (これは、新しいテーブルを作成するには)、以外のアクション クエリに基づいて、テーブル内のデータを変更します。 これらの変更は簡単に取り消せません、たとえば、ctrl キーを押しながら Z キーを押してします。 ようにしたくない後で判断したアクション クエリを使用して変更を加えた場合は通常バックアップ コピーからデータを復元する必要があります。 このためは、常でアクション クエリを実行する前に、集計元データの最新のバックアップをいることを確認する必要があります。

最初にデータを受けるかをプレビューしてアクション クエリを実行しているのリスクを軽減することができます。 これを行うには 2 つの方法があります。

  • 実行する前に、データシート ビューでアクション クエリを表示します。 これを行うには、クエリをデザイン ビューで開きます、アクセスステータス バーでは、[表示] をクリックし、ショートカット メニューの [データシート ビュー ] をクリックします。 デザイン ビューに戻るには、もう一度、[表示] をクリックし、ショートカット メニューの [デザイン ビュー ] をクリックします。

  • 選択クエリにクエリを変更し、それを実行します。

    注: アクション クエリの種類を確認してください (追加、更新、テーブルを作成または削除) を開始する、この方法でデータをプレビューすると、その種類にクエリを変更できるようにします。

    選択クエリとしてアクション クエリを実行します。

    1. アクション クエリをデザイン ビューで開きます。

    2. [デザイン] タブの [クエリの種類] で、[選択] をクリックします。

    3. [デザイン] タブの [結果] グループで、[実行] をクリックします。

クエリを実行します。

アクション クエリを実行する準備ができたら、ナビゲーション ウィンドウでそれをダブルクリックまたはクリックし、ENTER キーを押します。

重要: 既定では、Access では、データベースを信頼することを示す場合を除きにデータベース内のすべてのアクション クエリが無効にします。 リボンのすぐ下のメッセージ バーを使用してデータベースを信頼できることを指定できます。

メッセージ バー

データベースを信頼する

  1. メッセージ バーの [オプション] をクリックします。

    [Microsoft Office セキュリティ オプション] ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. [このコンテンツを有効にする] をクリックし、[OK] をクリックします。

パラメーター クエリを実行します。

パラメーター クエリを求めるプロンプトが値を実行するとします。 値を指定すると、パラメーター クエリは、フィールドの抽出条件としてに適用します。 クエリ デザインの抽出条件を適用するフィールドを指定します。 表示されたら、値を指定しない場合、パラメーター クエリは、空の文字列として入力が解釈されます。

パラメーター クエリも別の種類のクエリでは常にします。 パラメーター クエリのほとんど選択クエリまたはクロス集計クエリ、ですが、追加、テーブルを作成し、更新クエリのパラメーター クエリこともできます。

表示によって、その他のクエリの種類、パラメーター クエリを実行は、一般的には、次の手順を使用してください。

クエリを実行します。

  1. ナビゲーション ウィンドウでクエリを探します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • 実行するクエリをダブルクリックします。

    • 実行するには、[ENTER キーを押してするクエリをクリックします。

  3. パラメーター プロンプトが表示されたら、抽出条件として適用する値を入力します。

ページの先頭へ

Sql クエリを実行します。

SQL クエリには、主に 3 種類があります。 ユニオン クエリ、パススルー クエリ、およびデータ定義クエリ。

ユニオン クエリでは、他のクエリと同じ方法ではなく、2 つ以上のテーブルからデータを結合します。 ほとんどのクエリでは、行を結合してデータを結合があるのに対して、ユニオン クエリは、行を追加してデータを統合します。 ユニオン クエリは、追加クエリとは異なる、ユニオン クエリでは、基になるテーブルは変更しないでください。 ユニオン クエリでは、クエリを閉じた後に維持されないレコード セット内の行を追加します。

パススルー クエリは Access に付属しているデータベース エンジンで処理されません。代わりに、処理をリモート データベース サーバーに直接渡されるパスの結果に戻すとアクセスします。

データ定義クエリは、特殊なデータを処理しないクエリ代わりに、データ定義クエリ作成、削除またはその他のデータベース オブジェクトを変更します。

Sql クエリは、デザイン ビューで開くことができません。 のみ、[SQL ビューで開いたまたはできるを実行します。 データ定義クエリ、以外 sql クエリの実行、データシート ビューで開きます。

クエリを実行します。

  1. ナビゲーション ウィンドウでクエリを探します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • 実行するクエリをダブルクリックします。

    • クエリを実行するにをクリックし、ENTER キーを押します。

ページの先頭へ

エラー メッセージをトラブルシューティングします。

次の表は、発生する可能性のある一般的なエラー メッセージが表示されます。 これらのエラーには、(期待値)] の代わりにセル内のメッセージまたはエラー メッセージが表示されます。 リストの次のセクションには、これらのエラーを解決するのには使用できる手順が含まれます。

注: このコンテンツの次の表は、すべてを網羅したではありません。 受信したが、エラー メッセージに含めない場合は、フォームを使用して、この記事の最後にして提供されている [コメント] ボックスで、エラー メッセージに関する特定の情報を含むフィードバックを送信できます。

エラー メッセージ

問題

解決方法

型の不一致が式

クエリには、異なるデータ型のフィールドが参加可能性があります。

クエリのデザインの結合フィールドに、同じデータ型があることを確認してください。 手順については、「クエリの結合フィールドのチェック」を参照してください。

レコードが削除されます。

これは、オブジェクトまたはデータベースが破損している場合に発生します。

最適化し、データベースを修復します。 手順については、セクションを参照してください。コンパクト データベースと修復します。

循環参照のエイリアスが原因で引き起こされる

フィールドに割り当てられているエイリアスは、そのフィールドの式のコンポーネントと同じです。

別名は、名前が実際のフィールドではないクエリ デザイン グリッドの [フィールド] 行の式に指定されたです。 これを行わない場合のエイリアスが割り当てられます。たとえば、 EXPR1です。 エイリアスを直後にコロン (:) し、式をします。 クエリを実行するときに別名データシート内の列名になります。

エイリアスを変更します。 手順については、フィールドの別名を変更する」を参照してください。

#Error

このエラーは、計算フィールドの値が、フィールドの"フィールド サイズ"プロパティの設定で許可されている値よりも大きいときに発生することができます。 これは、問題は、計算フィールドの分母またはゼロ (0) を使用して評価するときにも発生します。

集計フィールドの分母がゼロ (0) に評価いないことを確認します。 該当する場合は、 "フィールド サイズ"プロパティを変更します。

#Deleted

参照先のレコードが削除されました。

レコードが誤って削除された場合は、バックアップから復元する必要があります。 意図的に削除した場合は、クエリを更新するには、shift キーを押しながら F9 キーを押して、このエラー メッセージを消すことができます。

クエリの結合フィールドを確認します。

クエリ内のフィールドのデータ型を確認するには、デザイン ビューでテーブルを見るし、チェックするフィールドのプロパティを調べます。

  1. クエリをデザイン ビューで開きます。 結合は、元のテーブルにフィールドを接続する線で表示されます。 それぞれの結合テーブルとフィールドの名前に注意してください。

  2. ナビゲーション ウィンドウでは、クエリを結合する 1 つまたは複数のフィールドが含まれる各テーブルを右クリックし、[デザイン ビュー] をクリックします。

    異なるデータの種類の結合されたフィールド

    1. 異なるデータ型結合されるフィールド。

    2.、テーブルを右クリックし、[デザイン ビュー] をクリックします。

  3. それぞれの結合テーブル デザイン グリッドでその結合に関係するフィールドのデータ型] 列の値を比較します。

    [テーブル デザイン] ビューの結合フィールドのデータ型を確認する。

    1. テーブルのデザイン ビュー内の結合フィールドのデータ型を確認します。

  4. 表に切り替えるにはそのフィールドを確認できるように、するには、テーブルの名前を持つタブをクリックします。

ページの先頭へ

最適化/修復します。

Access で最適化/修復ユーティリティを実行すると、データベースのパフォーマンスを向上させることができます。 このユーティリティでは、データベース ファイルのコピーを作成し、フラグメントには場合、は、データベース ファイルをディスクに保存する方法を並べ替えます。 最適化/修復プロセスが完了したら、最適化されたデータベースが余分なスペースがなくなりし、元のよりも小さきます。 データベースを頻繁に最適化するには、データベース アプリケーションの最適なパフォーマンスを確保し、[ハードウェアの問題、停電またはおよびのような原因で発生したエラーを解決するもはできます。

コンパクトな操作が完了したら、基になるデータが連続するページのテーブルに再作成されているためにクエリの速度が向上します。 分割されたページをスキャンよりも高速では連続したページをスキャンします。 クエリは、各データベースの最適化後も最適化されています。

コンパクト時に、最適化されたデータベース ファイルの元の名前を使用するまたは別のファイルを作成するのには、別の名前を使用することができます。 同じ名前を使用する場合は、データベースが正常に最適化アクセスは自動的に最適化されたバージョンで、元のファイルを置き換えます。

このプロセスを自動化するオプションを設定します。

  1. [ファイル]、[オプション] の順にクリックして、[Access のオプション] ダイアログ ボックスを開きます。

  2. [カレント データベース] をクリックし、[アプリケーション オプション] で、[閉じるときに最適化する] チェック ボックスを選択します。

    これにより、自動的に圧縮してが閉じているたびにデータベースを修復します。

手動で最適化/修復します。

  1. データベース ツール_gt最適化/修復するデータベースをクリックします。

ページの先頭へ

フィールドの別名を変更します。

  1. クエリをデザイン ビューで開きます。

  2. クエリ デザイン グリッドで、フィールドのエイリアスを探します。 フィールド名の末尾にコロンでこれらが名:します。

  3. エイリアスが別名の式の一部であるすべてのフィールドの名前と一致しないことを確認するには、各エイリアスを確認してください。 そのような場合は、エイリアスを変更します。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×