クエリを実行する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

クエリは、データの処理に使用できる一連の命令です。これらの命令を 1 つのクエリで実行できます。クエリでは、結果を取得して、その結果の並べ替え、グループ化、フィルタ処理を実行できるだけでなく、データの作成、コピー、削除、および変更を行うことができます。

ここでは、クエリの実行方法について説明し、さまざまな種類のクエリの概要を簡単に示します。また、さまざまな種類のクエリを実行するときに発生する可能性のあるエラー メッセージを取り上げ、それらのエラーを回避したり修正したりするための手順について説明します。

ここでは、クエリの作成手順については説明していません。

重要: データベースが無効モードで動作している場合は、アクション クエリを実行することはできません: 特定の状況でのデータの保護に役立つ機能制限モード アクセスを使用します。表示] ダイアログ ボックス警告、またはメッセージ バーに表示される警告を表示します。

無効モードとアクション クエリを有効にする方法の詳細については、アクション クエリを実行します] セクションを参照してください。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

選択クエリまたはクロス集計クエリを実行します。

アクション クエリを実行します。

パラメーター クエリを実行します。

Sql クエリを実行します。

エラー メッセージをトラブルシューティングします。

選択クエリまたはクロス集計クエリを実行する

取得し、データを表示して、フォームやレポートにデータを指定する選択クエリとクロス集計クエリを使用します。選択クエリまたはクロス集計クエリを実行すると、 Microsoft Office Access 2007データシート ビューの結果が表示されます。

クエリを実行する

  1. ナビゲーション ウィンドウでクエリを見つけます。

  2. 次のいずれかを実行します。

    • 実行するクエリをダブルクリックします。

    • 実行するクエリをクリックし、Enter キーを押します。

実行対象のクエリを現在デザイン ビューで開いている場合は、リボン (Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスの一部) の [デザイン] タブの [結果] で [実行] をクリックすることによっても、そのクエリを実行できます。

ページの先頭へ

アクション クエリを実行する

アクション クエリの 4 つの種類があります: 追加クエリ、クエリ、更新クエリ、およびテーブル作成クエリを削除します。テーブル作成クエリは (これは、新しいテーブルを作成するには)、以外のアクション クエリに基づいて、テーブル内のデータを変更します。これらの変更は簡単に取り消せません、たとえば、ctrl キーを押しながら Z キーを押してします。するしなかった後で判断したアクション クエリを使用して変更を加えた場合は通常はデータをバックアップから復元する必要があります。このためは、常でアクション クエリを実行する前に、集計元データの最新のバックアップをいることを確認する必要があります。

アクション クエリを実行するときのリスクを小さくするには、最初に処理対象のデータをプレビューします。それには、次の 2 つの方法があります。

  • アクション クエリを実行する前に、そのクエリをデータシート ビューで確認します。目的のクエリをデザイン ビューで開き、Access のステータス バーの [ビュー] をクリックし、ショートカット メニューの [データシート ビュー] をクリックします。デザイン ビューに戻るには、[ビュー] をもう一度クリックし、ショートカット メニューの [デザイン ビュー] をクリックします。

  • クエリを選択クエリに変更して実行します。

    注: この方法でデータをプレビューした後にクエリ タイプを元に戻すことができるように、プレビューの前にアクション クエリのタイプ (追加、更新、テーブル作成、削除) を必ず確認してください。

    アクション クエリを選択クエリとして実行する

    1. デザイン ビューでアクション クエリを開きます。

    2. [デザイン] タブの [クエリの種類] で、[選択] をクリックします。

    3. [デザイン] タブの [結果] で、[実行] をクリックします。

クエリを実行する

アクション クエリを実行する準備ができたら、ナビゲーション ウィンドウでそのクエリをダブルクリックするか、そのクエリをクリックして Enter キーを押します。

重要: 既定では、Access では、データベースを信頼することを示す場合を除きにデータベース内のすべてのアクション クエリが無効にします。リボンのすぐ下のメッセージ バーを使用してデータベースを信頼できることを指定できます。

メッセージ バー

データベースを信頼する

  1. メッセージ バーの [オプション] をクリックします。

    [Microsoft Office セキュリティ オプション] ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. [このコンテンツを有効にする] を選択し、[OK] をクリックします。

メッセージ バーが表示されない場合

  • [データベース ツール] タブの [表示/非表示] で [メッセージ バー] をクリックします。

ページの先頭へ

パラメータ クエリを実行する

パラメーター クエリでは、実行時に値が要求され、そこで入力した値がフィールドの抽出条件として適用されます。抽出条件の適用先のフィールドは、クエリ デザインで指定されます。要求された値を入力しない場合は、空の文字列が入力されたと解釈されます。

パラメータ クエリは常に別のタイプのクエリでもあります。パラメータ クエリのほとんどは選択クエリかクロス集計クエリですが、追加クエリ、テーブル作成クエリおよび更新クエリもパラメータ クエリになることがあります。

パラメータ クエリは、そのもう 1 つのクエリ タイプに従って実行しますが、一般には、次の手順を使用します。

クエリを実行する

  1. ナビゲーション ウィンドウでクエリを見つけます。

  2. 次のいずれかを実行します。

    • 実行するクエリをダブルクリックします。

    • 実行するクエリをクリックし、Enter キーを押します。

  3. 値を要求されたら、抽出条件として適用する値を入力します。

ページの先頭へ

SQL クエリを実行する

SQL クエリには、主に 3 種類があります。 ユニオン クエリ、パススルー クエリ、およびデータ定義クエリ。

ユニオン クエリは、2 つ以上のテーブルのデータを組み合わせますが、その方法が他のクエリと異なります。ほとんどのクエリが行を連結してデータを組み合わせるのに対し、ユニオン クエリは行を追加してデータを組み合わせます。ユニオン クエリが追加クエリと異なるのは、基になるテーブルを変更しないことです。ユニオン クエリは、クエリを閉じた後に維持されないレコードセットに行を追加します。

パススルー クエリは、Access に付属するデータベース エンジンによって処理されません。リモート データベース サーバーに渡され、処理された後、結果が Access に返されます。

データ定義クエリは、データを処理しない特別なタイプのクエリです。データを処理する代わりに、他のデータベース オブジェクトを作成、削除、または変更します。

SQL クエリはデザイン ビューで開くことができません。SQL クエリは、SQL ビューで開くこと、および SQL ビューで実行することができます。データ定義クエリ以外の SQL クエリは、実行時にデータシート ビューで開きます。

クエリを実行する

  1. ナビゲーション ウィンドウでクエリを見つけます。

  2. 次のいずれかを実行します。

    • 実行するクエリをダブルクリックします。

    • 実行するクエリをクリックし、Enter キーを押します。

ページの先頭へ

エラー メッセージのトラブルシューティングを実行する

クエリの実行時に発生することのある一般的なエラーのいくつかを次の表に示します。これらのエラーは、セル内に (期待された値の代わりに) メッセージとして表示されるか、エラー メッセージとして表示されます。一覧の後に、これらのエラーを解決するための手順を示します。

注: この表に掲載されている内容がエラーのすべてではありません。表示されたエラー メッセージがこの表に掲載されていない場合は、この記事の最後にあるフォームを使用してフィードバックを送信してください。その際、表示されたエラー メッセージの詳細をコメント ボックスに入力してください。

エラー メッセージ

問題

ソリューション

式で型が一致しません。

クエリで結合しようとしたフィールドのデータ型が一致していない可能性があります。

クエリのデザインの結合フィールドに、同じデータ型があることを確認してください。手順については、「クエリの結合フィールドのチェック」を参照してください。

レコードは削除されています。

オブジェクトまたはデータベースが破損している可能性があります。

最適化し、データベースを修復します。手順については、セクションを参照してください。コンパクト データベースと修復します。

別名が循環参照を発生させています。

フィールドに割り当てられている別名がそのフィールドの式の構成要素と同じです。

別名とは、実際のフィールドではなく、クエリ デザイン グリッドの [フィールド] 行内の式に割り当てられる名前です。別名を手動で割り当てない場合は、EXPR1 などの別名が自動的に割り当てられます。別名の直後にはコロン (:) を入力し、その次に式を指定します。クエリを実行すると、この別名がデータシートの列の名前になります。

エイリアスを変更します。手順については、フィールドの別名を変更する」を参照してください。

#エラー

集計フィールドの値がそのフィールドの "フィールドサイズ/FieldSize" プロパティの設定で許可されている値より大きい可能性があります。または、集計フィールドの分母がゼロ (0) か、ゼロに評価される式です。

集計フィールドの分母に、ゼロ (0) に評価されない式を使用します。または、"フィールドサイズ/FieldSize" プロパティを適切な値に変更します。

#Deleted

参照しようとしているレコードは削除されました。

該当するレコードが誤って削除された場合は、バックアップから復元する必要があります。該当するレコードを意図的に削除した場合は、このエラー メッセージを無視し、Shift + F9 キーを押してクエリを更新することができます。

クエリで結合するフィールドを確認する

クエリ内のフィールドのデータ型を確認するには、基になるテーブルをデザイン ビューで表示し、該当するフィールドのプロパティを調べます。

  1. クエリをデザイン ビューで開きます。結合は、基になるテーブルのフィールド間を接続する線で示されます。それぞれの結合のテーブル名とフィールド名をメモします。

  2. ナビゲーション ペインで、クエリ内で結合されている 1 つ以上のフィールドを含む各テーブルを右クリックし、[デザイン ビュー] をクリックします。

    データ型の異なるフィールド間の結合

    1. データ型の異なるフィールド間の結合

    2. テーブルを右クリックし、[デザイン ビュー] をクリックします。

  3. それぞれの結合について、テーブルのデザイン グリッドでその結合に関与しているフィールドの [データ型] 列の値を比較します。

    [テーブル デザイン] ビューの結合フィールドのデータ型を確認する。

    1. 結合されたフィールドのデータ型をテーブルのデザイン ビューで確認します。

  4. テーブルに切り替えてそのフィールドを参照するには、テーブルの名前が付いたタブをクリックします。

ページの先頭へ

データベースの最適化と修復を実行する

Access 内でデータベースの最適化/修復ユーティリティを実行することで、データベースのパフォーマンスを向上させることができます。このユーティリティは、データベース ファイルのコピーを作成し、ファイルが断片化されている場合は、そのファイルのディスク上での配置を変更します。最適化と修復の処理が完了すると、最適化されたデータベースの無駄な領域がなくなり、通常は処理前よりサイズが小さくなります。データベースを頻繁に最適化することで、データベース アプリケーションの最適なパフォーマンスを維持でき、ハードウェアの問題、停電、電源サージなどが原因で発生するエラーも解決できます。

最適化が完了すると、テーブルに再書き込みされた基になるデータがディスク上の連続したページに配置されているため、クエリ速度が向上します。連続したテーブルのスキャンは、断片化されたページのスキャンよりはるかに高速です。データベースを最適化するたびに、クエリも最適化されます。

最適化の実行時、最適化後のデータベース ファイルに最適化前と同じ名前を使用することも、名前を変更して別のファイルを作成することもできます。同じ名前を使用した場合、データベースが正常に最適化されると、元のファイルが最適化後のファイルに自動的に置き換えられます。

この処理を自動化するオプションを設定する

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、[Access のオプション] をクリックします。

  2. [カレント データベース] をクリックし、[アプリケーション オプション] の [閉じるときに最適化する] チェック ボックスをオンにします。

    これにより、データベースを閉じるたびにその最適化と修復が自動的に実行されるようになります。

データベースの最適化と修復を手動で実行する

  1. Office ボタンの画像Microsoft Office ボタンをクリックして、管理] をポイントし、[このデータベースを管理するには、最適化/修復] をクリックします。

注: 最適化を正常に実行するには、元のデータベースと最適化後のデータベースの両方を保存できる十分なハード ディスク領域が必要です。

ページの先頭へ

フィールドの別名を変更する

  1. クエリをデザイン ビューで開きます。

  2. クエリ デザイン グリッドで、別名を持つフィールドを探します。別名を持つフィールドは、"Name:" のように、フィールド名の最後にコロンが付いています。

  3. それぞれの別名が、その別名の式に含まれているどのフィールドの名前とも一致していないことを確認します。同じ名前のフィールドが存在する場合は、別名を変更します

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×