クエリを使って重複レコードを削除する

クエリを使って重複レコードを削除する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

複数のユーザーが同時にデータをデータベースに追加した場合や、データベースに重複チェックが設計されていない場合、重複データが発生します。大量の重複データを削除する場合は、クエリを使う方が簡単です。まず、データベースでクエリを使って重複レコードを探します

注:  この記事の説明は、新しい Access アプリには当てはまりません。デスクトップ データベースのデータに適用して、その結果を Access アプリにインポートすることができます

データを削除する前に

データの削除は元に戻すことができません。そのため、重複レコードを削除する前に、データベースで次の点を確認してください。

  • ファイルが読み取り専用でないことを確認します。

  • データベースを他のユーザーと共有する場合、データの競合を避けるため、作業するオブジェクトを閉じるように伝えてください。

  • データベースを排他モードで開く権限があるかどうか: をクリックしてファイル >開く、データベースを選択します。横の矢印をクリックして] をクリックして開く排他モードで開く.

  • 一番重要なのは、忘れずにデータベースをバックアップすることです。削除済みのレコードを復元する唯一の方法は、バックアップから復元する方法です。削除操作によって、関連テーブルのレコードも削除される場合があります。

注: バックアップから復元するには、元のファイルを閉じて名前を変更し、バックアップ コピーが元のバージョンの名前を使えるようにします。元のバージョンの名前をバックアップ コピーに割り当て、Access でそれを開きます。

削除クエリを作成し実行する

  1. [作成] タブをクリックして >クエリのデザインテーブルの表示] ダイアログ ボックスで、レコードを削除するテーブルをダブルクリックします。

  2. アスタリスク (*) をダブルクリックして、すべてのテーブル フィールドをクエリ デザイナーに追加します。

  3. 削除するレコードを識別するために使うフィールドを追加します。たとえば、顧客が倒産した場合、その顧客の未決の注文をすべて削除する必要があります。そのレコードのみを検索するには、デザイン グリッドに [得意先 ID] フィールドと [注文日] フィールドを追加します。

  4. [抽出条件] 行に抽出条件を追加することもできます。たとえば、倒産した顧客の [得意先 ID]、および顧客の注文が無効になる日を追加します。

  5. 各抽出条件フィールドの [表示] チェック ボックスをオフにします。

  6. [デザイン] タブの [実行] をクリックします。クエリにより、削除するレコードが返されたことを確認します。

  7. デザイン ビュー ] をクリックし、[デザイン] タブの [削除] をクリックします。アクセス削除クエリを選択クエリを変更するには、デザイン グリッドの下部に表示する行を非表示におよび削除する行を追加します。

  8. 削除クエリを実行する前に、* (すべてのフィールド) 列の [削除] 行のいずれかの抽出条件列に、[開始] と [場所] が表示されることも確認する必要があります。

  9. [デザイン] タブで、[実行]、[はい] の順にクリックします。

詳細については、「2 つのテーブルで不一致のレコードを検索する」をご覧ください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×