クエリをブロックする無効モードを停止する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

access でクエリを実行しようとしても動作しない場合は、access が無効モードに設定されているため、クエリがブロックされることがあります。 無効モードは、Access でデータベース内のコンテンツが信頼されているかどうかを判断できない場合に発生する、制限された機能モードです。

クエリを動作させるには、データベースコンテンツを信頼することを指定して、データベースコンテンツを有効にする必要があります。 セッションのデータベースコンテンツを有効にしたり、特定のデータベースが信頼できることを指定したり、既定で有効にしたりすることができます。 データベースを信頼する方法の詳細については、「データベースを信頼するかどうかを決定する」を参照してください。 データベースを信頼すると、クエリの実行がブロックされなくなります。

注: また、データベースが信頼できることを示すには、_ z0z_という方法もあります。 デジタル署名の詳細については、「デジタル署名を追加して信頼を表示する」を参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×