クエリの抽出条件 - 第 3 部: パラメーターを使って入力を求める

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

このシリーズの第 2 部では、クエリ抽出条件で LIKE 演算子とワイルドカードを使ってあいまい一致を検索する方法を取り上げました。それも便利ですが、クエリへの適用条件をクエリの実行時に指定でき、 その指定のためのダイアログ ボックスを表示するクエリを作成できたら便利ではないでしょうか。幸いにも、 入力を求めるクエリを作成することが可能で、しかもその方法は簡単です。

通常の抽出条件の代わりに、角かっこで囲んだ質問を使うだけです。だれかがクエリを実行すると、まず、指定した質問が表示されたダイアログ ボックスが提示されます。では、顧客の名字を尋ねる ダイアログ ボックスを表示するクエリのデザインを見てみましょう。

[抽出条件] 行の角かっこ内に表示されるパラメーターの質問

クエリの結果として、顧客テーブルからすべてのデータが返されますが、LastName が以下のユーザーの回答と一致するレコードだけです。

パラメーター値を入力する

これで完了ですが、クエリをさらに使いやすくするためにできることがあります。その 1 つとして、正しくないデータ型が入力された場合 (数字を入力する必要があるのにテキストが入力された場合など) に、Access がエラー メッセージを返すようにパラメーターを宣言できます。

パラメーターを宣言するには、次の操作を実行します。

  1. デザイン ビューでクエリを開き、パラメーターの質問 (角かっこも含む) をクリップボードにコピーします (パラメーターの質問を選んで Ctrl + C を押す)。

  2. [クエリ ツール] の [デザイン] タブにある [表示/非表示] で [パラメーター] をクリックします。

  3. [クエリ パラメーター] ダイアログ ボックスで、コピーしたパラメーターを [パラメーター] 列に貼り付け、[データ型] 列のドロップダウン リストを使ってデータ型を設定します。

質問を [クエリ パラメーター] ダイアログ ボックスに貼り付ける

本当に全面に移動する場合の入力を収集するフォームを使用することができます。フォームは、クエリの間で入力パラメーターを共有または日付/時刻のパラメーターを入力する日付の選択を提供するなどのアニメーションのすべての種類が表示されます。詳細については、クエリ、フォーム、およびレポートのパラメーターを使用するを参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×