クエリの抽出条件 - 第 1 部: 具体的に指定する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

これは、クエリで抽出条件を使用する方法をまとめた 3 部シリーズのうちの第 1 部です。

クエリは、データベースの開発と使用に欠かせない要素です。データの変更を大量に行うための方法であるだけでなく、データを問い合わせる方法でもあります。クエリの抽出条件は、データをより具体的に問い合わせるのに役立ちます。たとえば、「この連絡先の誕生日は?」と聞く代わりに、「来月誕生日なのは誰ですか?」と問い合わせることができます。

では、これらの問い合わせを Access で見てみましょう。最初は、単一テーブル (連絡先) を使った非常にシンプルなクエリです。テーブル内にある全員の名前と誕生日を選ぶよう Access に問い合わせます。

抽出条件なしのクエリ デザイン

クエリを実行すると、リスト全体が返されます。

抽出条件なしでクエリにすべてのレコードが返される

これは基本的な動作です。この例のリストは長くありませんが、連絡先が数百件ある場合を想像してみてください。 それだけの件数があれば、誕生日を確認する気はなかなか起きません。では、今月が誕生日の人を問い合わせる抽出条件を使ったらどうなるでしょうか。

次に示すのもクエリ デザインですが、今度は "DOB" フィールドの抽出条件の行に式を追加しています。

DOB フィールドの抽出条件行の式

クエリを実行すると、今月誕生日を迎える人が表示されます。

クエリの抽出条件が今月誕生日を迎える従業員を返す

詳細については、クエリの抽出条件のしくみと、さまざまな例のクエリの抽出条件の例」の記事を読むことができます。

次の作業: この 3 部シリーズの第 2 部で抽出条件として LIKE 演算子とワイルドカード文字の使用方法について説明します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×