クエリのデータをフィルター処理する

クエリを実行して、テーブルから行と列を取得します。クエリを実行した後で、フィルターを適用し、データシートに表示される項目の数を絞り込むことができます。クエリの結果を一時的に絞り込みたい場合はフィルターを使うのがよいでしょう。デザイン ビューでクエリを編集する必要がありません。クエリの作成の詳細については、「クエリの概要」をご覧ください。

クエリのデータをフィルター処理するには、データをデータ シート ビューで開き、列の上部にある下矢印をクリックして、フィルター オプションを選びます。

Access アプリケーションでの例を次に示します。

Access アプリでのクエリ結果列のフィルター処理

一覧から複数の値を選ぶことができますが、Access アプリケーションでは、オプションを選ぶたびにフィルターの一覧が閉じます。一覧をもう一度開き、新しい項目を選ぶことにより、フィルターを続けて作成できます。Access アプリケーションの詳細については、「Access アプリケーションを作成する」をご覧ください。

次に、デスクトップ データベースでの例を示します。

デスクトップ データベースでのクエリ結果列のフィルター処理

一覧の [日付フィルター] オプションに注目してください。デスクトップ データベースでは列のデータ型に応じて、より特化したフィルターを選ぶことができます。たとえば、テキスト フィールドには [テキスト フィルター] オプションが、数値フィールドには [数値フィルター] オプションがあります。これらのフィルターを使うと、一定範囲の値を簡単にフィルター処理でき、すべての値を個別に選ぶ必要がありません。

すべてのフィルターは、クエリを閉じると自動的にクリアされます。一覧の [フィルターのクリア] をクリックして、列からフィルターをクリアすることもできます。

クエリの作成の詳細については、「クエリの概要」を、フィルター処理の詳細については、「デスクトップ データベース内のデータをフィルター処理する」をご覧ください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×