クエリのデータをフィルター処理する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

クエリでは、テーブルの行と列を取得します。クエリを実行すると、さらにフィルターを適用して、データシートに表示されるアイテムの数を制限できます。フィルターでは、一時的にクエリを編集するためのデザイン ビューに移動することがなく、クエリの結果を制限する場合に適しているユーザーがします。クエリの作成の詳細については、クエリの概要を参照してください。

クエリのデータをフィルター処理するには、データをデータ シート ビューで開き、列の上部にある下矢印をクリックして、フィルター オプションを選びます。

Access アプリケーションでの例を次に示します。

Access アプリでのクエリ結果列のフィルター処理

リストから、複数の値を選択することができますが、アプリケーションでフィルターのリストを閉じるオプションを選択するたびにします。リストを開くと、新しいアイテムを選択してフィルターを作成保持することができます。Access アプリの詳細については、 Access アプリを作成するを参照してください。

次に、デスクトップ データベースでの例を示します。

デスクトップ データベースでのクエリ結果列のフィルター処理

一覧の [日付フィルター] オプションに注目してください。デスクトップ データベースでは列のデータ型に応じて、より特化したフィルターを選ぶことができます。たとえば、テキスト フィールドには [テキスト フィルター] オプションが、数値フィールドには [数値フィルター] オプションがあります。これらのフィルターを使うと、一定範囲の値を簡単にフィルター処理でき、すべての値を個別に選ぶ必要がありません。

すべてのフィルターは、クエリを閉じると自動的にクリアされます。一覧の [フィルターのクリア] をクリックして、列からフィルターをクリアすることもできます。

クエリの作成の詳細については、クエリの概要の「し、フィルター処理の詳細については、デスクトップ データベース データ フィルターの処理を参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×