クイック リファレンス: 通話コントロール

通話コントロール

通話コントロールを使用すると、通話を簡単に管理できます。たとえば、通話を保留したり、別のユーザーまたは電話に通話を転送したりできます。スピーカーまたはマイクをミュートすることもできます。

コントロール

説明

手順

[通話の終了] コントロール

通話を終了する

[会話] ウィンドウで [通話の終了] をクリックします。

通話の保留コントロール

通話を保留する

[会話] ウィンドウで [保留] をクリックします。

[通話を転送] コントロール

着信を別の人に転送する

通話通知招待をクリックして、通話を承諾します。[会話] ウィンドウで、[転送] をクリックし、[転送] をクリックしてから、通話を転送する連絡先を選択します。

[通話を転送] コントロール

着信を電話に転送する

通話通知招待をクリックして、通話を承諾します。[会話] ウィンドウで、[転送] をクリックし、[個人用転送] をクリックしてから、通話を転送する電話を選択します。

Communicator 2007 R2 example

ダイヤル パッドを表示する

[ダイヤル パッド] をクリックします。このコントロールは、ボイス メールの暗証番号 (PIN) またはアクセス コードの入力を求められた場合によく使用します。

スピーカーフォンとスピーカー コントロールの間でオーディオを切り替える

スピーカーフォンとスピーカー、スピーカー、およびマイクの間で音声出力を切り替える

[会話] ウィンドウで、[スピーカーフォン] をクリックして、USB ハンドセットまたはヘッドセットとコンピュータのスピーカーの間で音声出力を切り替えます。

スピーカーのミュート コントロール

スピーカーをミュートします。またはスピーカー音量を調整します。

[会話] ウィンドウで [スピーカーをミュート] をクリックして、USB 電話デバイスのスピーカーをオフにします。スピーカー音量を調整するには、下矢印をクリックしてスライダを使用します。

マイクのミュート コントロール

マイクをミュートします。

[会話] ウィンドウで、[マイクをミュート] をクリックしてマイクをミュートします。

< 戻る |

スライド 11/11

注: Office Communicator 2007 R2 は、通話の保留、通話の転送、スピーカーとマイクのミュート、ボイス メールの呼び出しに使用するダイヤル パッドなど、従来の卓上電話と同様の通話コントロール機能を備えています。通話コントロールが [会話] ウィンドウに表示されるには、組織内でオーディオ機能を使用可能にしておく必要があります。

その他の情報    「転送、保留、音声、ダイヤルの各コントロールの使用」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×