クイック リファレンス: ビデオ通話を発信および受信する

連絡先リストの連絡先とのビデオ通話は簡単に開始できますが、Web カメラが必要です。Web カメラがなくても、ビデオ通話を受信したり、ビデオ通話に参加したりできます。この場合、発信者のビデオ ストリームは表示されますが、受信側の Office Communicator クライアントからビデオは送信されません。

ビデオ通話を開始する

方法

ビデオ通話を開始する

連絡先リストで、呼び出す連絡先を右クリックし、[ビデオ通話の開始] をクリックします。

通話に招待する

[会話] ウィンドウで [招待] をクリックし、連絡先をクリックするか、または [名前または電話番号を入力してください] ボックスに番号を入力します。

ビデオ通話を受信する

方法

ビデオ通話に応答する

通話の招待通知の左ウィンドウをクリックします。通知は、コンピュータ画面の右下に表示されます。

通話を辞退する

通話の招待通知の閉じるボタンをクリックします。

着信をリダイレクトする

[リダイレクト] をクリックし、メニューからオプションを選択します。着信をインスタント メッセージにリダイレクトするように選択した場合、通話拒否メッセージが発信者に送信されて [会話] ウィンドウが開き、発信者にインスタント メッセージを送信できるようになります。

< 戻る | 次へ >

スライド 9/11

その他の情報    「ビデオ通話の発信と着信」を参照してください。

注: 音声ビデオ会議 (複数のユーザーとのビデオ通話) を行うには、組織内で電話会議機能が使用可能である必要があります。どの機能を利用できるのかわからない場合は、システム管理者に問い合わせてください。ビデオ通話を開始するには Web カメラが必要ですが、Web カメラがなくてもビデオ通話およびビデオ会議に参加することはできます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×