クイック ノートを作成する

Office トレーニング センター > OneNote のトレーニング > OneNote 2016 のトレーニング > クイック ノートを作成する

前のページに戻る 次のページに移動

何度繰り返したことでしょうか。午前中は、食料品店で牛乳を買うことを覚えていたのに、夕方には忘れてしまいました。クイック ノートは、職場で思いついたことのメモをデスクトップに保存しておき、そのメモを買い物中に携帯電話で見るといった使い方ができます。

クイック ノートを使うと、ポストイットのように、思いつきやアイデアを手早くメモすることができます。それぞれのクイック ノートは、[クイック ノート] ノートブックの [落書きノート] セクションにページとしてすぐに保存されます。

サンプル クイック ノート

クイック ノートを使う

  1. Windows キーを押しながら N キーを押します。このコマンドは、OneNote をコンピューターで開いているかどうかにかかわらず使用できます。

    ヒント:  クイック ノートの作成に関して問題がある場合は、[ファイル]、[オプション]、[表示] の順にクリックし、[タスク バーの通知領域に OneNote のアイコンを追加する] がオンになっていることを確認します。

  2. 小さい [クイック ノート] ウィンドウにメモを入力します。

    サンプル クイック ノート
  3. ミニ ツールバーを表示するには、文字を選択します。

    クイック ノートの作成
  4. リボンを表示するには、[クイック ノート] ウィンドウ上部の [] をクリックします。

    クイック ノートの作成
  5. クイック ノートを画面に固定するには、リボンで [表示]、[常に手前に表示] を選びます。

    クイック ノートの作成
  6. 小さいウィンドウを大きく表示するには、[全体表示] をクリックして拡大します。

    [全体表示] ボタン

結果

既定では、クイック ノートはすべてのノートブックの一覧の下部に表示される [クイック ノート] ノートブックの [落書きノート] セクションに、ページとしてすぐに保存されます。

[クイック ノート] ノートブックの位置

そのままにしておくことも、後で別のノートブックに移すこともできます。

演習

  1. クイック ノートを作成してみましょう。

  2. 今日の ToDo リストを入力します。

  3. それを画面に固定します。

  4. 携帯電話や OneNote をサポートするその他のデバイスで開きます。

モジュールの先頭へ
スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×