クイック ノートを作成して管理する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

クイック ノートの小さな黄色付箋のと同じと考えます。用紙とは異なり、クイック ノート (以前のミニ ノート) すぐに保存されます OneNote ノートブックを検索すると、タスクを整理することができます。

OneNote の実行中に新しいクイック ノートを作成できます。

  1. [表示]、[ウィンドウ]、[OneNote に送るツール]、[新しいクイック ノート] の順にクリックします。

    [OneNote に送る] ツールでクイック ノートを管理する

  2. 小さいノート ウィンドウでノートを入力します。表示されたミニ ツール バーのコマンドを使うと、テキストの書式を設定できます。

  3. 追加で作成するクイック ノートごとに、上の手順を繰り返します。

クイック ノートは画面上のどこにでも移動でき、必要に応じてその場所に残して参照できます。特定のクイック ノートが要らなくなったら、そのウィンドウを閉じます。

注: クイック ノート ウィンドウを閉じても、ノートは削除されません。通常のノートと同様に、クイック ノートは作成するとすぐに OneNote で自動的に保存され、編集するときも必ず自動的に保存されるため、後でもう一度参照することができます。クイック ノートは、ノートブックの [クイック ノート] セクションに保存され、ノートブックの一覧の一番下からアクセスできます。

ページの先頭へ

OneNote が実行されていないときにクイック ノートを作成する

クイック ノートは、OneNote を開いていない場合でも作成できます。

  1. キーボードで、Windows キーを押しながら N キーを押します。

  2. [OneNote に送る] ウィンドウが表示されたら、N キーを押して新しいクイック ノートを作成します。

  3. 小さいノート ウィンドウで、メモを入力します。
    を選択して、表示されるミニ ツールバーにコマンドを使用して、[テキストの書式を設定することができます。

  4. 追加で作成するクイック ノートごとに、上の手順を繰り返します (これをすばやく行うには、キーボードの Windows キーと Alt キーを押しながら N キーを押します)。

注: OneNote が実行されていないときでも、作成したクイック ノートは、すべてノートブックの [クイック ノート] セクションに自動的に保存されます。

ページの先頭へ

重要なクイック ノートを画面に固定する

クイック ノートを使って、小さいリマインダーや重要な情報が常に表示されるようにする場合、コンピューター画面で他のどのウィンドウよりも常に手前に表示されるように固定することができます。

  1. 表示されたままにするクイック ノートで、[表示] の [常に手前に表示] をクリックします。

  2. 固定された各ノートを、表示されたままにする画面の位置に移動します。

  3. 画面の一番上にノートを固定するのをやめる場合は、手順 1 を繰り返します。

すべてのクイック ノートを確認する

クイック ノートを作成した方法や日時にかかわらず、必要なときにいつでもすべてのクイック ノートを簡単に確認できます。

  1. 現在のページの上付近で、現在のノートブックの名前をクリックします (たとえば、"My Notebook" など)。

  2. ノートブックの一覧の一番下で、[クイック ノート] をクリックします。

  3. [クイック ノート] セクションで、確認するページのタブをクリックします。

  4. 追加で作成するクイック ノートごとに、上の手順を繰り返します。

クイック ノートをクイック ノート] セクションに保存しておくことができますか、ノートブックの他の部分を選択したノートを移動することができます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×