クイック スタート: 文書にグラフを追加する

Microsoft Word 2010 では、縦棒グラフ、折れ線グラフ、円グラフ、横棒グラフ、面グラフ、散布図、株価チャート、等高線グラフ、ドーナツ グラフ、バブル グラフ、レーダー チャートなど、さまざまなデータ グラフを挿入できます。

注記: 

  • この記事に目的のグラフがない場合    使用できる多様なグラフの詳細については、「使用できるグラフの種類」を参照してください。

  • 組織図を作成する場合    組織図の作成方法については、「組織図の作成に使用するプログラムを特定する」を参照してください。

  • コンピューターに Microsoft Excel 2010 がインストールされていない場合、Microsoft Office 2010 で高度なデータ グラフ機能を利用できません。代わりに、Word 2010 で新しいデータ グラフを作成すると、Microsoft Graph が開きます。

方法

アイコンの画像

[挿入] タブの [] グループで [グラフ] をクリックします。

Office 14 のリボン

アイコンの画像

[グラフの挿入] ダイアログ ボックスで、矢印をクリックしてグラフの種類の一覧をスクロールします。

目的のグラフの種類を選び、[OK] をクリックします。

[グラフの挿入] ダイアログ ボックスで、さまざまな種類のグラフから選ぶことができる

グラフの種類の上にマウス ポインターを置くと、その名前を示すポップ ヒントが表示されます。

ヒント: グラフの種類の詳細については、「利用可能なグラフの種類」をご覧ください。

アイコンの画像

Excel 2010 でデータを編集します。

データの編集を完了したら、Excel を閉じます。

グラフのサンプル データ

Excel ワークシートのサンプル データ

ヒント

  • グラフで追加または変更できるものを確認するには、[グラフ ツール] の [デザイン] タブ、[レイアウト] タブ、[書式] タブをクリックし、各タブに表示されるグループとオプションを調べてみてください。

    注: [グラフ ツール] が表示されない場合は、グラフ内のどこかをクリックしてグラフをアクティブにします。

    グラフ ツール

  • また、各グラフ要素 (グラフの軸、凡例など) で使用できるデザイン、レイアウト、書式設定機能にアクセスするには、グラフ要素を右クリックします。

詳細情報

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×