クイック スタート: 数式で関数を使用する

Microsoft Excel では、基本的な数学計算 (加算、減算、乗算、除算など) を実行する数式を入力できるだけでなく、組み込みのワークシート関数の膨大なライブラリを使用できます。

Excel 関数

これらの関数を使用して、次のような情報を取得することができます。

  • 現在の日付を取得する。

  • セル内の文字の数を検出する。

  • テキストを操作する。たとえば、"hello" を "Hello" または "HELLO" に変換する。

  • ローン返済額を計算する。

  • 2 つのセルの内容を検査して、どちらが大きいか、または等しいか確認する。

その方法は?

アイコンの画像

セルへの入力を開始する   

  • セルに等号 (=) を入力し、次に「a」などの文字を入力すると、使用できる関数のリストが表示されます。

  • リストを下にスクロールするには、↓キーを使用します。

    リストをスクロールすると、各関数のヒント (簡単な説明) が表示されます。たとえば、ABS 関数のヒントは、「数値から符号 (+、-) を除いた絶対値を返します」です。

アイコンの画像

関数を選択しその引数を入力する   

  • リストで、使用する関数をダブルクリックします。セルに関数名が入力され、続けて左かっこが入力されます。例: =SUM(

必要に応じて、左かっこの後に 1 つ以上の引数を入力します。引数とは、関数が使用する情報です。引数として、どのような種類の情報を入力する必要があるかが表示されます。場合によって、数値、テキスト、他のセルの参照などを入力する必要があります。

たとえば、ABS 関数の場合、引数として数値が 1 つ必要です。UPPER 関数 (小文字の文字列を大文字の文字列に変換します) の場合、引数として 1 つのテキスト文字列が必要です。また、PI 関数の場合、円周率の値 (3.14159...) を返すだけなので、引数は必要ありません。

3 種類の機能

アイコンの画像

式の入力を終了し、結果を確認する   

  • Enter キーを押します。

自動的に右かっこが追加され、数式で使用した関数の結果がセルに表示されます。セルを選択し、数式バーで数式を確認してください。

数式は数式バーに表示される

次のステップ

  • ビデオ: 数式で関数を使用する」で、関数の使用方法について確認します。

  • ネストした関数を使用する数式を作成してください。つまり、ある関数を使用し、その関数の結果を別の関数で使用する数式です。

  • これまでに使用したことがない関数を使用し、予期した結果が返されるかどうか確認してください。

ページの先頭へ

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×