クイック スタート: マクロを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Excel で繰り返し行うタスクがある場合、それらの作業を自動化するようにマクロを記録できます。マクロは、必要な回数実行できる 1 つまたは一連の操作です。マクロを作成する場合は、マウスのクリックおよびキーストロークを記録します。マクロを作成した後、そのマクロを編集して動作方法に若干の変更を加えることができます。

経理部長に提出するレポートを毎月作成するとします。支払期限を過ぎている顧客の名前を赤色で示し、さらに書体を太字にすることにします。これらの書式の変更を選択したセルにすばやく適用するマクロを作成して実行できます。

方法

アイコンの画像

マクロを記録する前に   

リボンに [開発] タブが表示されていることを確認します。既定では、[開発] タブは非表示です。表示するには、次の操作を行います。

  1. [ファイル] タブをクリックし、[オプション] をクリックして、[リボンのユーザー設定] カテゴリをクリックします。

  2. [リボンのユーザー設定] の [メイン タブ] の一覧で、[開発] をクリックし、[OK] をクリックします。

アイコンの画像

マクロを記録します。   

  1. [開発] タブの [コード] で、[マクロの記録] をクリックします。

  2. 必要に応じて、[マクロ名] ボックスにマクロの名前を入力して、[ショートカット キー] ボックスにショートカット キーと [説明] ボックスに説明を入力し、[OK] をクリックして記録を開始します。

    マクロの記録

  3. 定型文の入力や列のデータの下方向へのコピーなど、自動化する操作を実行します。

  4. [開発] タブの [コード] グループで、[記録終了] をクリックします。

    [記録終了]

アイコンの画像

マクロを細かく見てください。   

マクロを編集することで、Visual Basic プログラミング言語のちょっとした学習になります。

マクロを編集するには、[開発] タブの [コード] で、[マクロ] をクリックし、マクロの名前を選択して [編集] をクリックします。これにより Visual Basic エディターが起動します。

記録した操作がコードとしてどのように表現されているかを確認します。コードの中にはわかりやすいものも、多少難解なものも含まれていることがあります。

コードを試して、Visual Basic エディターを閉じ、マクロを再び実行します。この時点で、異なる操作が生じるかどうかを確認します。

次のステップ

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×