クイック スタート: インスタント メッセージングとプレゼンスの使用

このクイック スタートでは、Microsoft® Lync™ 2010 コミュニケーション ソフトウェアを使用したコミュニケーションの基本について概要を説明します。Lync 2010 を使用して職場の人々と簡単に対話し、共同作業をする方法を説明します。

目的に合ったトピックをクリックしてください

サインインして開始する

個人用の連絡先情報を設定する

写真の設定を変更する

連絡先の写真を非表示にする

自分の写真を非表示にする、または変更する

連絡先リストを作成する

IM で連絡を取る

IM 会話履歴を表示する

サインインして開始する

組織のネットワークに既にログオンしている場合は、次のようにして Lync にサインインします。

  1. Windows® タスク バーで、スタート ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[Microsoft Lync]、[Microsoft Lync 2010] の順にクリックします。 Lync メイン ウィンドウが開いたときに自分の名前とプレゼンス状態が表示されれば、サインインしています。

  2. 名前の下の [状態] メニューをクリックし、自分のプレゼンス状態をクリックするか、[状態のリセット] をクリックして、Lync がユーザーのアクティビティと Microsoft® Outlook® の予定表に基づいて自動的に設定するようにします。

Lync のプレゼンス状態

次の表に、それぞれのプレゼンス状態インジケーターの意味と設定方法を示します。

プレゼンス状態

説明

この状態の設定方法

Lync プレゼンス: 連絡可能 連絡可能

オンラインであり、連絡可能です。

ユーザーがコンピューターを使っていることが検出されると、この状態が設定されます。コンピューターがアイドル状態でも自分がオフィスにいることを他のユーザーに知らせたい場合も、この状態を設定できます。

Lync プレゼンス: 取り込み中 取り込み中

取り込み中であり、割り込まれたくない状態です。

Lync は、Outlook の予定表に従ってユーザーが会議中のときに、この状態を設定します。ドロップダウン メニューからこの状態を選ぶこともできます。

Lync プレゼンス: 取り込み中 電話会議中/会議中

Lync で電話会議中または会議中であり、割り込まれたくない状態です。

Lync はユーザーが Lync 電話会議またはオンライン会議に参加していることを検出すると、この状態を設定します。

Lync プレゼンス: 応答不可 応答不可

連絡を受けたくない状態ですが、ワークグループ内のユーザーから送信された会話通知だけは確認します。

この状態はドロップダウン メニューから選びます。

Lync プレゼンス: 退席中 一時退席中

しばらくコンピューターから離れています。

この状態はドロップダウン メニューから選びます。

Lync プレゼンス: 退席中 非アクティブ/退席中

ログオンした状態ですがコンピューターはアイドル状態であったか、コンピューターから一定時間離れています。

コンピューターが 5 分間アイドル状態だった場合、Lync はユーザーの状態を "非アクティブ" に設定し、非アクティブ状態が 5 分間続くと、"退席中" に設定します (これらの既定の設定を変更するには、[オプション] ボタン [オプション] をクリックし、[状態] をクリックします。次に、[コンピューターがアイドル状態のとき [非アクティブ] に変更するまでの時間] および [[非アクティブ] の状態が続いたとき [退席中] に変更するまでの時間] の横にある矢印をクリックします)。この状態はドロップダウン メニューから選ぶこともできます。

Lync プレゼンス: 退席中 業務時間外

業務時間外なので、連絡を受けられない状態です。

この状態はドロップダウン メニューから選びます。

Lync プレゼンス: オフライン オフライン

サインインしていません。(自分のプレゼンスが表示されないようブロックしたユーザーにはオフラインとして表示されます。)

Lync はユーザーがコンピューターからログオフするとこの状態を設定します。

Lync プレゼンス: 不明 不明

プレゼンス状態が不明です。

この状態は、Lync をインスタント メッセージング プログラムとして使っていない連絡先に表示されることがあります。

注: 連絡先の状態の横に表示される赤いアスタリスクは、その連絡先が Outlook で [外出中] をオンにしていることを示します。

プレゼンス状態の設定の詳細については、「プレゼンス状態を変更する」を参照してください。

ページの先頭へ

個人用の連絡先情報を設定する

場所、電話番号、プレゼンス情報などの連絡先情報をカスタマイズすることができます。 たとえば、携帯電話番号を追加して、親しい連絡先にのみ利用可能にすることができます。

  1. 今日の予定を他のユーザーに知らせる個人メモを追加するには:

    • Lync メイン ウィンドウで、名前の上にある [メモ] ボックスをクリックし、「在宅勤務中」や「締め切りに追われています - 口頭ではなく IM してください」など、メモを入力します。

    • 個人メモを削除するには、メモ ボックスを消去して空白にします (メモ ボックスの内容を削除します)。

    • 今日どこにいるかを他のユーザーに知らせるための場所情報を設定するには、[場所の設定] の横にある矢印または現在の場所をクリックし、場所メニュー (˅) の [所在地情報を他の人に表示] をクリックします。 場所の設定の詳細については、「場所を設定する」を参照してください。

Lync の場所を設定する

  1. 電話番号を追加するには、[オプション] ボタン [オプション] をクリックし、[電話] をクリックします。

  2. 追加する電話番号のボタン ([勤務先の電話番号] や [携帯電話] など) をクリックします。

  3. [電話番号の編集] ダイアログ ボックスに番号を入力し、[OK] をクリックします。 電話番号の追加や変更の詳細については、「電話オプションおよび番号を設定する」を参照してください。

  4. [連絡先カードに含める] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

  5. 個人的な電話番号を参照できるようにするプライバシー関係を変更するには、連絡先リストで連絡先の名前を右クリックし、[プライバシー関係の変更] をクリックしてから [友人および家族] をクリックします。

個人用の連絡先情報を設定する

プレゼンスとプライバシー関係の詳細については、「プレゼンス情報へのアクセスを制御する」を参照してください。

ページの先頭へ

写真の設定を変更する

連絡先の写真を表示するかどうかを決めることができます。 また、自分の写真を変更することや、表示しないようにすることもできます。

連絡先の写真を非表示にする

  1. Lync メイン ウィンドウで、[オプション] ボタン [オプション] をクリックします。

  2. [Lync - オプション] ダイアログ ボックスで、[個人] をクリックします。

  3. [写真の表示] の下の [連絡先の写真を表示する] チェック ボックスをオフにして他のユーザーの写真を非表示にし、[OK] をクリックします。

写真を表示しない

自分の写真を非表示にする、または変更する

  1. Lync メイン ウィンドウで、[オプション] ボタン [オプション] をクリックします。

  2. [Lync - オプション] ダイアログ ボックスで、[マイ ピクチャ] をクリックします。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • 自分の写真を表示しないようにするには、[マイ ピクチャを表示しない] をクリックします。

    • 自分の写真を変更するには、[Web アドレスからピクチャを表示する] をクリックし、写真のサイト (OneDrive や Facebook など) のアドレスを、ファイル名を含めて入力します。その後、[ピクチャに接続する] ボタンをクリックします。

写真を変更する

注: 写真のファイルのサイズは 30 KB までです。 必要な写真が 30 KB を超える場合は、「Lync 2010 用の写真を準備する」を参照してください。

ページの先頭へ

連絡先リストを作成する

頻繁に連絡を取る人、または動向を把握しておきたい人については、その人たちのことを連絡先リストに追加します。

  1. Lync メイン ウィンドウで、検索フィールドにその人の名前またはメール アドレスを入力します。

  2. 検索結果で、その人を右クリックします。

  3. (省略可能) その人と頻繁に連絡を取る場合は、[よくやり取りする連絡先に固定] をクリックします。

  4. [連絡先リストに追加] をクリックしてその人たちをグループに追加し、グループ名をクリックするか、グループをまだ作成していない場合は、[新しいグループに追加] をクリックし、グループに名前を付けます。 後でこのグループに他の連絡先を追加できます。

連絡先に追加する

連絡先をインポートし、連絡先リストを同期するには、Lync Server 2010 を構成することが必要になる場合があります。 特定のコンピューティング環境で使用できるオプションについてサポート チームに確認してください。

連絡先を削除するには:

  • 連絡先リストで、削除する連絡先を右クリックし、[連絡先リストから削除] をクリックします。

連絡先を管理する方法の詳細については、「連絡先および連絡先リストを管理する」を参照してください。

ページの先頭へ

IM で連絡を取る

連絡先リストのユーザーやグループと IM 会話を開始するには、次の操作を行います。

  1. Lync メイン ウィンドウの連絡先リストで、IM でやり取りする連絡先をダブルクリックします。この操作を行うと、会話ウィンドウが開きます。

  2. 会話ウィンドウの下部にメッセージを入力し、Enter キーを押してメッセージを送信します。

メッセージを受け取った相手は、応答メッセージを入力します。 相手が入力していることを示すメッセージが表示されるので、その相手が応答していることがわかります。

会話ウィンドウの下部にあるフォントと絵文字のアイコンを使用して、フォント、強調、色やその他の書式設定を変更したり、IM に絵文字を追加したりできます。 (Lync の絵文字は事前に設定され、変更または追加はできません。) また、他の Microsoft Office アプリケーションからテキストや表、リンクをコピーし、IM に貼り付けることもできます。 スクリーンショットや写真などのグラフィックスを直接 IM の会話ウィンドウに貼り付けることはできませんが、次のような複数の方法で IM 会話ウィンドウから表示グラフィックスを共有できます。

  • [共有] をクリックし、[デスクトップ] をクリックします。 画面に表示されているすべての内容が、IM セッション内の他のユーザーに表示されます。

  • [共有]、[新しいホワイトボード] の順にクリックし、ホワイトボードの下部にある [画像の挿入] ボタンをクリックしてから、表示する画像を参照してダブルクリックします。

簡単で手軽なコミュニケーション方法として使用できるようにするため、Lync IM ではスペルチェックは実行されません。

IM を送信する方法の詳細については、「インスタント メッセージを作成して送信する」を参照してください。

その他のユーザーを IM の会話に招待するには:

  1. Lync メイン ウィンドウで、連絡先リストから連絡先の名前をドラッグし、[会話] ウィンドウにドロップします。組織の外部の連絡先 (IM を送信できない相手) をメールで会話に追加するには、会話ウィンドウで [参加者のオプション] メニューをクリックし、[電子メールで招待] をクリックします。

電子メールで招待

  1. 参加するには、電子メール メッセージにあるリンクをクリックします (外部のユーザーは Lync をインストールしているかどうかに関係なく会話に参加できます)。

IM に返信するには、受信通知をダブルクリックし、下部 (フォントと絵文字のアイコンがある領域) のテキスト ボックスの任意の場所をクリックして返信を入力した後、キーボードの Enter キーを押します。

ヒント: 応答不可モードのときは通知を表示しないようにユーザーが設定した場合を除いて、別のだれかがユーザーに IM で連絡を取ろうとしているとき、Lync は視覚的な通知と音による通知を既定で常に送信します。 とはいえ、IM 要求に気付かないこともあるでしょう。 IM 通知を見逃さないように、次のことを試してみてください。

  • Lync が常に前面に表示されるように設定します。 方法は次のとおりです。[オプション] ボタンの横にあるドロップダウン矢印をクリックし、[ツール]、[常に手前に表示] の順にクリックします。

  • 複数のディスプレイ モニターを使用している場合は、Lync メイン ウィンドウを、作業しているモニター上に移動することを習慣にしてください。

  • コンピューターのスピーカーおよびその他のオーディオ デバイスの音量が適切な大きさになっていることを確認します。

  • Lync が音による通知を行うように設定されていることを確認します。方法は次のとおりです。[オプション] ツールをクリックして、[着信音と効果音] をクリックします。次に [Lync で効果音を鳴らす (通話の着信音、IM 通知など)] をオンにして、パネルの他のチェック ボックスがオンになっていないことを確認します。

  • 既定よりもわかりやすい、または、より目立つ通知音を選ぶことを検討してください。方法は次のとおりです。

  • [オプション] ボタンをクリックし、[着信音と効果音]、[効果音設定] ボタン、[効果音] タブの順にクリックします。

  • プログラム イベント表示パネルのスライダーを下方にドラッグし、Microsoft Lync 2010 のリストを表示します。

  • [受信したインスタント メッセージ] をクリックします。ウィンドウ下部の [効果音] に、COMMUNICATOR_iminvite と表示されます。

  • その横にあるドロップダウン矢印をクリックし、一覧にある他の効果音をいくつか聴いて確認します。

  • 送られてくるインスタント メッセージ通知に使用する効果音が見つかったら、[適用] をクリックします。プログラム イベント表示パネルに "受信したインスタント メッセージ" と表示され、効果音パネルには選んだ .wav ファイルの名前が表示されます (この目的に使用する独自の .wav ファイルを録音し、そのファイルを参照して IM 通知として選ぶこともできます)。

ページの先頭へ

IM 会話履歴を表示する

既定では、IM 会話履歴が自動的に保存されます。 以前の IM 会話を表示または続行するには:

  1. [会話] アイコン (検索ボックスの上) をクリックします。

会話履歴が表示されます。

  1. 続行する会話をダブルクリックします。

以前の会話の詳細については、「以前の会話を検索する」を参照してください。

IM 会話履歴から項目を削除するには:

  • 会話履歴で、削除するインスタント メッセージを右クリックし、[会話の削除] をクリックします。

IM 会話履歴の自動保存を無効にするには:

  1. Lync メイン ウィンドウで、[オプション] ボタン [オプション] をクリックします。

  2. [Lync - オプション] ダイアログ ボックスで、[個人] をクリックします。

  3. [電子メールの [会話履歴] フォルダーにインスタント メッセージでの会話を保存する] チェック ボックスをオフにします。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×