クイックスタート: 数式を作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

数式とは、計算の実行、情報の取得、他のセルのデータ操作、条件のテストなどを実行できる式のことです。数式は常に等号 (=) で始まります。

次の表は、数式の例とその説明を示しています。

数式

説明

= 5 + 2 * 3   

2 と 3 を乗算し、その結果に 5 を加算します。

=SQRT(A1)   

SQRT 関数を使用して、A1 の値の平方根を返します。

「= TODAY()」   

現在の日付を返します。

= IF(A1>0,"Plus","Minus")   

セル A1 に 0 を超える値が格納されているかどうかをテストします。テストの結果が真の場合、セルに "Plus" というテキストが表示されます。結果が偽の場合、"Minus" というテキストが表示されます。

その方法は?

アイコンの画像

セルを選択し、入力を開始   

数式は等号 (=) で始まるので、最初に等号をセルに入力します。

アイコンの画像

数式の残りの部分を入力します。   

次のいずれかを実行します。

  • 数値と演算子を組み合わせて入力します (たとえば、3+7)。

  • マウスを使用して他のセルを選択します (間に演算子を挿入します)。たとえば、B1 を選択してプラス記号 (+) を入力し、C1 を選択して + を入力し、次に D1 を選択します。

  • 文字を入力して、ワークシート関数のリストから関数を選択します。たとえば、「a」を入力すると、文字「a」で始まる使用可能なすべての関数が表示されます。

    異なる方法で数式を作成する

アイコンの画像

数式を完成します。   

  • 数値の組み合わせ、セル参照、および演算子を使用する数式の入力を終了するには、Enter キーを押します。

  • 関数を使用する数式の入力を終了するには、関数で必要となる情報を入力し、Enter キーを押します。たとえば、ABS 関数には、数値が 1 つ必要です。これは、入力した数値でもかまいませんし、数値を含むセルを選択してもかまいません。

完成した数式は次の例のようになります。

数式

説明

=3+7

2 つの数値を加算します。

=B1+C1+D1

3 つのセルの値を加算します。

=ABS(-3)

数値を正の値に変換します。

次のステップ

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×