キーボード ショートカットを使用して Access マクロを実行する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

AutoKeys マクロ グループを作成することで、1 つのアクションまたは一連のアクションを特定のキーまたはキーボード ショートカットに割り当てることができます。そのキーまたはキーボード ショートカットを押すと、Microsoft Office Access によってアクションが実行されます。

注: 既に Access に割り当てられているキーボード ショートカットにアクションを割り当てると、Access のキーの割り当てが、そのキーボード ショートカットに割り当てたアクションに置き換わります。たとえば、Ctrl + C は [コピー] コマンドのキーボード ショートカットですが、このキーボード ショートカットをマクロに割り当てると、[コピー] コマンドの代わりにマクロが実行されるようになります。

AutoKeys マクロを作成する

  1. [作成] タブの [その他] グループで [マクロ] をクリックします。このコマンドを使用できない場合は、[モジュール] または [クラス モジュール] ボタンの下にある矢印をクリックして、[マクロ] をクリックします。

  2. [デザイン] タブの [表示/非表示] グループで [マクロ名] をクリックして [マクロ名] 列を表示します。

  3. [マクロ名] 列に、アクションまたは一連のアクションを割り当てるキーまたはキーボード ショートカットを入力します。

  4. [アクション] 列には、キーまたはキーボード ショートカットを実行するアクションを追加します。たとえば、ctrl キーを押しながら P キーを押したときに、カレント レコードの印刷のマクロを実行しているRunMacroアクションを追加できます。

    PrintRecord マクロ アクションを含む AutoKeys マクロ

    キーボード ショートカットに複数のアクションを割り当てるには、最初のアクションの下に必要なアクションを追加します。追加の各アクションに対応する [マクロ名] 列は空白のままにします。

  5. 必要に応じて手順 3. ~手順 4. を繰り返し、他のキー割り当てを作成します。

  6. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックして [保存] をクリックするか、Ctrl キーを押しながら S キーを押します。

  7. 名前を付けて保存] ダイアログ ボックスの [マクロ名] で、 AutoKeysを入力します。

新しいキー割り当ては、マクロ グループの保存直後から使用できるようになり、データベースを開くたびに有効になります。必要な場合は、Shift キーを押しながらデータベースを起動することで、キー割り当て (およびその他の多くの起動オプション) を無効にできます。

マクロの作成方法の詳細については、[参照] セクションのリンクを参照してください。

重要: データベースが信頼されていない場合は、特定のマクロ アクションが無効になります。メッセージ バーで [オプション] をクリックし、[このコンテンツを有効にする] を選択することで、すべてのマクロ アクションを有効にできます。これにより、データベースを閉じるまで、すべてのマクロ アクションが有効になります。データベースを永続的に信頼する方法については、この記事の [参照] セクションのリンクを参照してください。

AutoKeys キーボード ショートカットの構文

次の表は、AutoKeys マクロ グループでキー割り当てを作成するために [マクロ名] 列に入力できるキーボード ショートカットの例です。これらのキーボード ショートカットは、Microsoft Visual Basic の SendKeys ステートメントで使用される構文のサブセットです。

マクロ名

キーまたはキーボード ショートカット

^A または ^4

Ctrl + A または Ctrl + 4

{F1}

F1

^{F1}

Ctrl + F1

+{F1}

Shift + F1

{INSERT}

Ins

^{INSERT}

Ctrl + Ins

+{INSERT}

Shift + Ins

{DELETE} または {DEL}

Del

^{DELETE} または ^{DEL}

Ctrl + Del

+{DELETE} または +{DEL}

Shift + Del

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×