キーボードでリボンを操作する

どの Office プログラムでも、2、3 個のキーを押すだけで、マウスを使わずに簡単に操作を実行できます。一般に 2 から 4 個のキーを押すアクセス キーを使って、リボンのすべてのコマンドを利用できます。

重要: 選択したコマンドが分割ボタン (追加のオプション メニューが開くボタン) の場合、Alt キーを押しながら ↓ キーを押すと作動します。その後で、Tab キーを押してオプション間を移動します。現在のオプションを選択するには、Space キーまたは Enter キーを押します。

  1. Alt キーを押してから離します。

    現在のビューで使うことができる各コマンドには、キー ヒントと呼ばれる小さな枠が表示されます。

    ALT または F10 を押してリボンのキー ヒントを表示する

    注: キー ヒントを表示するキーボード ショートカットの一覧については、次のセクションの表を参照してください。

  2. 使うコマンドのキー ヒントに表示される文字のキーを押します。

  3. 文字キーを押すと、追加のキー ヒントが表示される場合があります。たとえば、[ホーム] タブがアクティブな状態で N キーを押すと、[挿入] タブと、そのタブ内のグループに関するキー ヒントが表示されます。

  4. そのまま順に、使うコマンドに対応する文字キーを押します。

    ヒント: 実行している操作を取り消して、キー ヒントを非表示にするには、Alt キーを押してから離します。

ページの先頭へ

キー ヒントのキーボード ショートカット

次の表に示したキーボード ショートカットを使用すると、前のセクションで説明したキー ヒントを有効にすることができます。

操作内容

キー

[ファイル] ページを開く。

Alt + F

[ホーム] タブを開く。

Alt + H

[挿入] タブを開く。

Alt + N

[デザイン] タブを開く。

Alt + G

[画面切り替え] タブを開く。

Alt + T

[アニメーション] タブを開く。

Alt + A

[スライド ショー] タブを開く。

Alt + S

[校閲] タブを開く。

Alt + R

[表示] タブを開く。

Alt + W

[操作アシスト] ボックスを開く。

Alt + Q を押してから、検索語句を入力

ページの先頭へ

マウスを使用せずにキーボードのフォーカスを移動する

リボンをキーボードで操作する別の方法として、使いたい機能が見つかるまで、タブとコマンド間でフォーカスを移動する方法もあります。マウスを使わずに、キーボードのフォーカスを移動する方法は、以下のとおりです。

目的

キー

アクティブ タブを選んで、アクセス キーを表示する。

Alt または F10。Office ファイルに戻って、アクセス キーを取り消すには、いずれかのキーをもう一度押す。

別のタブに移動する。

Alt キーまたは F10 キーを押して、アクティブ タブを選んでから、← キーまたは → キーを押す。

アクティブ タブの別のグループに移動する。

Alt または F10 キーを押してアクティブ タブを選んでから、Ctrl + →または←キーを押してグループ間を移動する。

リボンを最小化する (閉じる) か復元する。

Ctrl + F1

選んだ項目のショートカット メニューを表示する。

Shift + F10

フォーカスを移動して、アクティブ タブ、Office ファイル、作業ウィンドウ、ステータス バーを選ぶ。

F6

リボンのコマンドごとに前後にフォーカスを移動する。

Alt または F10 キーを押してから、Tab キーまたは Shift + Tab キー

リボンのアイテム間で、上下左右方向に移動する。

↓、↑、←、または→

リボンで選んだコマンドやコントロールに移動する。

Space または Enter

リボンで選んだメニューやギャラリーを開く。

Space または Enter

リボンのコマンドやオプションを変更するために移動する。

Enter

リボンでコマンドやオプションの値の変更を終えて、Office ファイルにフォーカスを戻す。

Enter

リボン内で選んだコマンドまたはコントロールに関するヘルプを表示する (選んだコマンドに関連付けられたヘルプ記事がない場合は、そのプログラムのヘルプの目次が表示されます)。

F1

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×