キューブ関数 (参照)

重要: x86 または x86-64 アーキテクチャの Windows PC と、ARM アーキテクチャの Windows RT PC との間で、Excel の数式やワークシート関数の計算結果が異なる場合があります。この相違の詳細については、こちらを参照してください

関数に関する詳細なヘルプを表示するには、以下の一覧でいずれかのリンクをクリックしてください。

関数

説明

CUBEKPIMEMBER 関数

主要業績評価指標 (KPI) のプロパティを返し、KPI 名をセルに表示します。KPI は、月間粗利益や四半期従業員退職率など、定量化が可能な測定値であり、組織の業績をモニタリングするために使用されます。

CUBEMEMBER 関数

キューブのメンバーまたは組を返します。キューブ内にメンバーまたは組が存在することを確認するために使用します。

CUBEMEMBERPROPERTY 関数

キューブ内のメンバー プロパティの値を返します。メンバー名がキューブ内に存在することを確認し、このメンバーの特定のプロパティを取得するために使用します。

CUBERANKEDMEMBER 関数

セット内の n 番目の (ランクされている) メンバーを返します。売り上げトップの販売員、成績上位 10 位までの生徒など、セット内の 1 つ以上の要素を取得するために使用します。

CUBESET 関数

セット式をサーバー上のキューブに送信して、計算されたメンバーまたは組のセットを定義します。サーバー上のキューブによってセットが作成され、Microsoft Excel に返されます。

CUBESETCOUNT 関数

セット内のアイテムの数を返します。

CUBEVALUE 関数

キューブの集計値を返します。

関連項目

Excel の関数 (カテゴリ別)

Excel の関数 (アルファベット順)

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×