ガント チャート ビューのバー チャートの書式を設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ガント バーは単純に見えますが、プロジェクトが複雑になるに従い、わかりにくくなります。ガント チャート ビュー 上のバーをカスタマイズすることは、プロジェクトを理解しやすくし、問題点をすばやく見つけられるようにするために、プロジェクト マネージャーが最初に行わなければならない作業です。

ガント チャート ビューの書式設定の概要

ガント チャート ビューでは、列および行内のタスク情報を、タイムラインに沿った対応するバーにより、ひと目でわかるように表示できます。プロジェクトではガント チャート ビューのグラフ部分を自分の目的に適合するようにカスタマイズすることができます。たとえば、非稼働時間の表示方法を変更できます。または、特定のタスクを迅速に識別できるようにガント チャート ビューを書式設定したり、特定のバーを容易に識別できるように該当するバーにテキストを追加したりすることもできます。

なお、1 つのガント チャート ビューに変更を加えても、それによって別のガント チャート ビューの外観が変更されることはありません。

以下の手順は Microsoft Project 2016、2013、2010 に固有のものです。

目的に合ったトピックをクリックしてください

ガント バーの色、形状、パターンを変更する

スタイルを使用してすばやくガント バーを変更する

新しい種類のガント バーを作成する

ガント バーに文字列を追加する

ガント バーの高さを変更する

ガント バー間のリンク線の外観を変更する

ガント バーの色、形状、パターンを変更する

ガント チャート ビュー上のタスク バー (マイルストーン タスクやサマリー タスクなど) が目立つようにするために、該当するタスク バーの色、形状、パターンを変更して、他の特定の種類のバーと区別することができます。

  1. ガント チャート ビューを適用します。

  2. ガント チャート ビューのグラフ部分の任意の場所 (個々のバー上ではなく) をダブルクリックし、[バーのスタイル] をクリックします。

  3. [名前] フィールドで、書式設定する ガント バー の種類 ([タスク] や [進捗状況] など) をクリックし、[バー] タブをクリックします。

    表内のガント バーの種類が表示されない場合は、必要なタスクの種類のガント バーを新規作成することができます。

  4. [左端]、[バー]、および [右端] で、バーの形状と、種類またはパターンと、色をクリックします。

    左端の形状 (マイルストーン など) しか持たないカテゴリもあれば、左端、バー、右端の形状を持つカテゴリ (サマリー タスク) もあります。

ヒント: 書式設定を変更することで単一のガント バーを強調表示するには、該当するバーを右クリックし、塗りつぶしの色を選択します。

スタイルを使用してすばやくガント バーを変更する

シングル クリックで、ガント チャート ビューのすべてのバーに、定義済みスタイルを適用することができます。

  1. ガント チャート ビューを適用します。[ガント チャート ツール] タブが表示され、[書式] タブが下に表示されます。

  2. [ガント チャート スタイル] でスタイルをクリックします。

    ガント チャート スタイル グループのグラフィック

スタイルはビュー内のすべてのバーにすぐに適用されます。

新しい種類のガント バーを作成する

ガント バーが用意されていない特定の タスク カテゴリにスポットライトを当てる場合は、ガント バーのスタイルを新規に作成することができます。たとえば、利用可能な余裕期間を表示したり、遅れているタスクが目立つようにするためのガント バーの種類を作成したりすることができます。

  1. ガント チャート ビューを適用します。

  2. ガント チャート ビューのグラフ部分の任意の場所 (個々のバー上ではなく) をダブルクリックし、[バーのスタイル] をクリックします。

  3. ガント バーの一覧内で、ガント バーの新しいスタイルを挿入する場所の下にある行をクリックし、[行の挿入] をクリックします。

  4. 新しい行の [名前] 列に、新しいバー スタイルの名前を入力します。

  5. 新しい行の [タスクの表示] 列で、バーによって表現するタスクの種類を入力または選択します。

    特定のバーの種類を使用してタスクを除外する場合は、タスクの種類の前に「」と入力します。たとえば、バーの種類を非マイルストーンと定義すると、マイルストーン タスク以外のタスクのみが表示されます。

    複数の種類のタスク (マイルストーン タスクやクリティカル タスクなど) に対して 1 つのガント バーを表示する場合は、テキスト入力ボックスで 1 番目のタスク カテゴリの後にコンマ (,) を入力し、[タスクの表示] フィールドで 2 番目のタスク カテゴリを入力または選択します。

  6. [開始] 列と [終了] 列で、新しいガント バーの開始点または終了点の位置を特定するためのフィールドを選択または入力します。

    単一の日付を表す記号を作成する場合は、[開始] 列と [終了] 列で、同じフィールドを選択または入力します。

  7. [バー] タブをクリックし、次に、[左端]、[バー]、[右端] で、バーの形状、パターンまたは種類、色を選択します。

ヒント: 時間を節約するために、必要とする属性の多くが含まれている既存のガント バー スタイルをコピーし、目的の場所に貼り付けることができます。[バーのスタイル] ダイアログ ボックスで、コピーする行を選択し、[行切り取り] をクリックします。[行貼り付け] をクリックして切り取られた行を復元し、コピーした行を挿入する場所の上にある行をクリックし、[行貼り付け] をもう一度クリックし、コピーを変更します。

ページの先頭へ

ガント バーに文字列を追加する

ガント チャート ビューのバーには、タスク名、リソース名、達成率、開始日など、特定のプロジェクト情報を追加できます。

ほとんどの場合、特定の種類のガント バーにはテキストを追加できます。

  1. ガント チャート ビューを適用します。

  2. ガント チャート ビューのグラフ部分の任意の場所 (個々のバー上ではなく) をダブルクリックし、[バーのスタイル] をクリックします。

  3. 表内で、テキストの追加先とするガント バーの種類 ([タスク] や [進捗状況] など) をクリックし、[テキスト] タブをクリックします。

  4. [左側]、[右側]、[上側]、[下側]、[内側] の各ボックスで、ガント バーに表示したいデータが含まれているフィールドを選択または入力します。

    各タスクに固有のテキストを追加する場合は、テキスト 1、テキスト 2、テキスト 3 など、カスタム テキスト フィールドを選択または入力します。他のビューからこれらのフィールドに入力したテキストは、ガント バーに自動的に追加されます。

特定のガント バーにテキストを追加することもできます。

  1. バーの間の領域ではなく、ガント チャート ビューのグラフ部分にある 1 つのバーをダブルクリックします。

  2. [バーの書式設定] ダイアログ ボックスで、[バーの文字列] タブをクリックします。

  3. [左側]、[右側]、[上側]、[下側]、[内側] の各ボックスで、ガント バーに表示したいデータが含まれているフィールドを選択または入力します。

    各タスクに固有のテキストを追加する場合は、テキスト 1、テキスト 2、テキスト 3 など、カスタム テキスト フィールドを選択または入力します。他のビューからこれらのフィールドに入力したテキストは、ガント バーに自動的に追加されます。ガント バーに個々のテキストを追加するには、カスタム テキスト フィールドにテキストを入力する必要があります。

  • ガント バー上の日付の形式を変更するには、[書式] グループの [レイアウト] をクリックし、[日付の形式] ボックスで目的の日付形式をクリックします。

  • 他のバーをクリックし、プロジェクト情報をそれらのバーに追加する場合は、バーの周囲の領域ではなくバー自体をポイントしてください。タスクごとに複数のバーが表示される場合は、[バーの​​スタイル] グループの [バー] をクリックすることにより、一番上のバーの情報のみを表示できます。

ページの先頭へ

ガント バーの高さを変更する

ガント チャート ビューの グラフ 部分にあるバーを容易に確認できるようにするには、ガント バーの高さを調整することをお勧めします。

  1. ガント チャート ビューを適用します。[ガント チャート ツール] タブが表示され、[書式] タブが下に表示されます。

  2. [書式] グループで、[レイアウト] をクリックします。

    [書式設定] グループのグラフィック

    ヒント: 個々のバー自体ではなく、ガント チャート ビューのグラフ部分もダブルクリックできます。

  3. [バーの高さ] ボックスで、目的のポイント サイズをクリックします。

ガント バー間のリンク線の外観を変更する

複数のタスクをリンクさせた場合、ガント チャート ビューには、リンクされたタスクの タスクの依存関係 を示すリンク線が表示されます。リンク線の表示方法を変更したり、リンク線を非表示にしたりすることができます。

  1. ガント チャート ビューを適用します。[ガント チャート ツール] タブが表示され、[書式] タブが下に表示されます。

  2. [書式] グループで、[レイアウト] をクリックします。

    [書式設定] グループのグラフィック

    ヒント: 個々のバーではなく、ガント チャート ビューのグラフ部分に表示されたタスク間のリンク線をダブルクリックすることもできます。

  3. [リンク] で、使用するリンク線の種類をクリックします。最初のリンクの種類を選択した場合、リンク線は表示されません。

注: タスク間のリレーションシップを変更する場合 ("終了 - 開始" タスク依存関係を "開始 - 開始" タスク依存関係に変更する場合など)、タスクの依存関係の種類を変更する必要があります。

ページの先頭へ

以下の手順は Microsoft Project 2007 に固有のものです。

目的に合ったトピックをクリックしてください

ガント バーの色、形状、パターンを変更する

新しい種類のガント バーを作成する

ガント バーに文字列を追加する

サマリー タスク バーに個々のガント バーのタスク名を表示する (重ね合わせる)

ガント バーの高さを変更する

ガント バー間のリンク線の外観を変更する

ヒント: ウィザードを使用すれば、自動的にガント ビューの書式を設定することができます。すぐに クリティカル パス などの項目の書式を変更したり、タスクの依存関係のリンク線を表示したり、サマリー タスク、サブタスク、マイルストーンを表すガント バー用に色のオプションまたはパターンを選択したりできます。ウィザードを開始するには、[書式] メニューのガント チャート ウィザードをクリックします。

なお、1 つのガント ビューに変更を加えても、それによって別のガント ビューの外観が変更されることはありません。

ガント バーの色、形状、パターンを変更する

ガント ビュー上のタスク バー (マイルストーン タスクやサマリー タスクなど) が目立つようにするために、該当するタスク バーの色、形状、パターンを変更して、他の特定の種類のバーと区別することができます。

  1. ガント ビューを適用します。

  2. [書式] メニューの [バーのスタイル] をクリックします。

    個々のバー自体ではなく、ガント ビューのグラフ部分をダブルクリックすることもできます。

  3. [名前] フィールドで、書式設定する ガント バー の種類 ([タスク] や [進捗状況] など) をクリックし、[バー] タブをクリックします。

    表内に目的のガント バーの種類が表示されない場合は、タスクの種類に対してガント バーを新規に作成することができます。

  4. [左端]、[バー]、および [右端] で、バーの形状、種類またはパターン、色をクリックします。

    左端の形状 (マイルストーン など) しか持たないカテゴリもあれば、左端、バー、右端の形状を持つカテゴリ (サマリー タスク) もあります。

計画における特定のタスクを強調表示する場合は、バーの種類を変更するのでなく、個々のガント バーの色、形状、またはパターンを変更することもできます。

  1. ガント ビューを適用します。

  2. [タスク名] フィールドで、ガント バーを変更したいタスクを選択します。

    バーの間の領域ではなく、ガント ビューの右側にある個々のバーをダブルクリックすることもできます。

  3. [書式] メニューの [バー] をクリックし、[バーの形] タブをクリックします。

  4. [左端]、[バー]、および [右端] で、バーの形状と、種類またはパターンと、色を選択します。

他のバーをクリックして書式設定を行う場合は、バーの周囲の領域ではなくバー自体をポイントしてください。タスクごとに複数のバーが表示される場合は、[書式] メニューの [バー] をクリックすることにより、一番上のバーのみが書式設定できます。

  • 個々のバーの書式設定は、特定のカテゴリのタスクに対するガント バーの書式設定を上書きします。たとえば、[書式] メニューの [バーのスタイル] をクリックし、非クリティカル タスクのガント バーを黒色で書式設定した場合でも、[書式] メニューの [バー] をクリックして、選択した非クリティカル タスクを赤色に書式設定することができます。Bar コマンドは、選択したバーにのみ影響を及ぼします。

  • 個別のバーに適用する書式設定をコピーして他のプロジェクトに貼り付けることはできません。

新しい種類のガント バーを作成する

ガント バーが用意されていない特定の タスク カテゴリにスポットライトを当てる場合は、新しいガント バーを作成することができます。たとえば、利用可能な余裕期間を表示したり、遅れているタスクが目立つようにするためのガント バーの種類を作成したりすることができます。

  1. ガント ビューを適用します。

  2. [書式] メニューの [バーのスタイル] をクリックします。

    個々のバー自体ではなく、ガント ビューのグラフ部分をダブルクリックすることもできます。

  3. ガント バーの一覧内で、ガント バーの新しいスタイルを挿入する場所の下にある行をクリックし、[行の挿入] をクリックします。

  4. 新しい行の [名前] 列に、新しいバー スタイルの名前を入力します。

  5. 新しい行の [タスクの表示] 列で、バーによって表現するタスクの種類を入力または選択します。

    特定のバーの種類を使用してタスクを除外する場合は、タスクの種類の前に「」と入力します。たとえば、バーの種類を非マイルストーンと定義すると、マイルストーン タスク以外のタスクのみが表示されます。

    複数の種類のタスク (マイルストーン タスクやクリティカル タスクなど) に対して 1 つのガント バーを表示する場合は、テキスト入力ボックスで 1 番目のタスク カテゴリの後にコンマ (,) を入力し、[タスクの表示] フィールドで 2 番目のタスク カテゴリを入力または選択します。

  6. [開始] 列と [終了] 列で、新しいガント バーの開始点または終了点の位置を特定するためのフィールドを選択または入力します。

    単一の日付を表す記号を作成する場合は、[開始] 列と [終了] 列で、同じフィールドを選択または入力します。

  7. [バー] タブをクリックし、次に、[左端]、[バー]、[右端] で、バーの形状、パターンまたは種類、色を選択します。

ヒント: 時間を節約するために、必要とする属性の多くが含まれている既存のガント バー スタイルをコピーし、目的の場所に貼り付けることができます。[バーのスタイル] ダイアログ ボックスで、コピーする行を選択し、[行切り取り] をクリックします。[行貼り付け] をクリックして切り取られた行を復元し、コピーした行を挿入する場所の下にある行をクリックし、[行貼り付け] をもう一度クリックし、コピーを変更します。

ページの先頭へ

ガント バーに文字列を追加する

ガント ビューのバーには、タスク名、リソース名、達成率、開始日など、特定のプロジェクト情報を追加できます。

ほとんどの場合、特定の種類のガント バーにはテキストを追加できます。

  1. ガント ビューを適用します。

  2. [書式] メニューの [バーのスタイル] をクリックします。

    個々のバー自体ではなく、ガント ビューのグラフ部分をダブルクリックすることもできます。

  3. 表内で、テキストの追加先とするガント バーの種類 ([タスク] や [進捗状況] など) をクリックし、[テキスト] タブをクリックします。

  4. [左側]、[右側]、[上側]、[下側]、[内側] の各ボックスで、ガント バーに表示したいデータが含まれているフィールドを選択または入力します。

    各タスクに固有のテキストを追加する場合は、テキスト 1、テキスト 2、テキスト 3 など、カスタム テキスト フィールドを選択または入力します。他のビューからこれらのフィールドに入力したテキストは、ガント バーに自動的に追加されます。

個別のガント バーにテキストを追加することもできます。

  1. ガント ビューを適用します。

  2. [タスク名] フィールドで、ガント バーにコメントを付けたいタスクを選択します。

  3. [書式] メニューの [バー] をクリックし、[バーの文字列] タブをクリックします。

    バーの間の領域ではなく、ガント ビューのグラフ部分にある個別のバーをダブルクリックすることもできます。

  4. [左側]、[右側]、[上側]、[下側]、[内側] の各ボックスで、ガント バーに表示したいデータが含まれているフィールドを選択または入力します。

    各タスクに固有のテキストを追加する場合は、テキスト 1、テキスト 2、テキスト 3 など、カスタム テキスト フィールドを選択または入力します。他のビューからこれらのフィールドに入力したテキストは、ガント バーに自動的に追加されます。ガント バーに個々のテキストを追加するには、カスタム テキスト フィールドにテキストを入力する必要があります。

  • ガント バー上の日付の形式を変更するには、[書式] メニューの [レイアウト] をクリックし、[日付の形式] ボックスで目的の日付形式をクリックします。

  • 他のバーをクリックし、プロジェクト情報をそれらのバーに追加する場合は、バーの周囲の領域ではなくバー自体をポイントしてください。タスクごとに複数のバーが表示される場合は、[書式] メニューの [バー] をクリックすることにより、一番上のバーの情報のみを表示できます。

ページの先頭へ

サマリー タスク バーに個々のガント バーのタスク名を表示する (重ね合わせる)

重要なタスクのタスク名またはマイルストーンをサマリー タスク バーに表示する場合は、指定したタスクのみ重ね合わせできます。この方法でタスクを重ね合わせると、サブタスクを重ね合わせたサマリー タスク バーのみが表示されます。重ね合わせとして指定されていないタスクは、サマリー タスク バーに表示されません。

  1. ガント ビューを適用します。

  2. [タスク名] フィールドで、サマリー タスク バーに重ね合わせるタスクを選択します。

  3. [タスク情報] ボタンの画像 をクリックし、[全般] タブをクリックします。

  4. [サマリー タスクへ重ね合わせて表示する] チェック ボックスをオンに、[OK] をクリックします。

    選択したサブタスクの予定終了日の概要をすばやく表示することができます。サマリー タスク バー上で、重ね合わせたタスクはバーで表され、マイルストーンの日付はひし形で表されます。追加情報をサマリー タスクに重ね合わせる場合は、次の手順に進みます。

  5. [ツール] メニューの [マクロ] をポイントして、[マクロ] をクリックします。

  6. [マクロ名] ボックスの一覧で、[Rollup_Formatting] をクリックし、[実行] をクリックします。

  7. [重ね合わせの書式] ダイアログ ボックスで、書式の種類をクリックします。

    • サマリー タスク バー上のバーとしてサブタスクを表示するには、[バー] をクリックします。

    • サマリー タスク バー上のマイルストーンとしてサブタスクを表示するには、[マイルストーン] をクリックします。

      サマリー タスクと重ね合わせサブタスクが選択されている場合、マクロによってバーの重ね合わせビューまたはマイルストーンの重ね合わせビューのいずれかが適用されます。

      注記: 

      • タスクの重ね合わせを解除して、タスクがサマリー タスク バーに表示されないようにするには、[サマリー タスクへ重ね合わせて表示する] チェック ボックスをオフにします。

      • サマリー タスク バーにタスク名も開始日も表示するには、マイルストーン日付の重ね合わせビューを適用します。[ビュー] メニューの [その他のビュー] メニューをクリックし、[ビュー] リストの [マイルストーン日付の重ね合わせ] をクリックし、[適用] をクリックします。

      • サマリー タスク バーにサブタスクの終了日が表示され、外観が雑然としている場合は、サマリー タスク バーを非表示にし、重ね合わせたサブタスクのみを表示することができます。サマリー タスクを選択し、[タスク情報] ボタンの画像 をクリックし、[全般] タブをクリックし、[タスク バーを表示しない] チェック ボックスをオンにします。

      • すべてのサブタスクをサマリー タスク バーに重ね合わせるには、[書式] メニューの [レイアウト] を選択し、[ガント バーを常に重ね合わせる] チェック ボックスをオンにします。

ガント バーの高さを変更する

ガント チャート ビューのグラフ部分にあるバーを容易に確認できるようにするには、ガント バーの高さを調整することをお勧めします。

  1. ガント ビューを適用します。

  2. [書式] メニューの [レイアウト] をクリックします。

  3. [バーの高さ] ボックスで、目的のポイント サイズをクリックします。

ガント バー間のリンク線の外観を変更する

複数のタスクをリンクさせた場合、ガント ビューには、リンクされたタスクのタスクの依存関係を示すリンク線が表示されます。リンク線の表示方法を変更したり、リンク線を非表示にしたりすることができます。

ガント バー間のリンク線

  1. ガント ビューを適用します。

  2. [書式] メニューの [レイアウト] をクリックします。

  3. [リンク] で、使用するリンク線の種類をクリックします。最初のリンクの種類を選択した場合、リンク線は表示されません。

注: タスク間のリレーションシップを変更する場合 ("終了 - 開始" タスク依存関係を "開始 - 開始" タスク依存関係に変更する場合など)、タスクの依存関係の種類を変更する必要があります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

ガント チャートのバーの隣にタスク名を表示する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×