ガント チャートへのデータ ファイルに基づいたフィールドのマップについて

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

対応するガント チャート フィールドにデータ ファイルに基づいてフィールドをマップします。

列のマッピング

データ ファイル内にあるフィールド名、Microsoft Office Visio のプロジェクト スケジュールの用語に対応するフィールド名、およびフィールド名の書式が表示されます。

注: [タスク番号] (必須です。ただしこのフィールドは図面には表示されません)、[タスク名]、[開始日] の各フィールド、および [終了日] または [期間] のいずれかのフィールドが必要です。

マッピングを変更します。

[列のマップ(M)] で選択したフィールド名をマップするためのダイアログ ボックスが表示されます。

列のプレビュー

データ ファイルの最初の数行についてプレビューが表示されます。マップされた列の名前がフィールド名と異なる場合は、この名前が、[列のプレビュー] 領域の見出しバーにかっこで囲まれて表示されます。

最初の行には、列見出しが含まれています。

オンにすると、データ ファイルの最初の行にデータの各列の見出しが含まれることを意味します。

このチェック ボックスをオフにした場合、またはデータ ファイルに列見出しがない場合は、列見出しは "列 1"、"列 2"、のように表示されます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×