ガント チャートのバーの隣にタスク名を表示する

ガント チャートのバーの隣にタスク名を表示する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ガント チャートのバーの横にタスク名を表示すると、特に会議または報告書でチャートのバー部分だけを表示したい場合などに、チャートを読みやすくし、引き立てることができるようになります。

ガント バーにタスク名を追加する

しかし、これだけではありません。ガント バーの横には、作業者名、タスクのコスト、タスクの期間など、プロジェクトに関するどのような情報でも追加できます。バーの上下、バーの内部にでもテキストを追加できます。

この例では、ガント バーの右側にタスク名を追加するための手順を示します。

  1. ガント チャート ビューで [書式]、[バーのスタイル] の順にクリックします。

    [バーのスタイル] の画像

    ヒント: 手早く作業したい場合は、ガント チャート ビューのチャート部分の内部で右クリックし、[バーのスタイル] をクリックします。

  2. [バーのスタイル] ダイアログ ボックスの [テキスト] タブをクリックします。
    ガント バーに文字列を追加する

  3. [] とラベルの付いた行で、[名前] フィールドをクリックします。

    プロジェクト管理のヒント 見た目を損なうことなく、ガント バーをわかりやすく表示するには、サマリー タスクにのみタスク名を追加します。

    以下の方法を使用すると、ガント バーの見た目をより向上することができます。

目的

方法

特定のバーに文字列を追加する

バーをダブルクリックします。ボックス内で [バーの文字列] タブをクリックし、ガント バーの近くに表示するテキストの種類を選択します。

バーの周りにあるスペースではなく、バーをダブルクリックするようにしてください。そうしなければ、ダイアログ ボックスは表示されません。

バーにカスタム テキストを追加する

プロジェクト フィールドではない独自のテキストを追加するには、Text1、Text2、Text3 のようなカスタム テキスト フィールドを入力します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×