ガント チャートのバーの隣にタスク名を表示する

ガント チャートのバーの隣にタスク名を表示する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

読みやすくしやすく、見栄え、特にバーのみを表示する場合、グラフを作成できるガント チャートのバーの隣にタスク名を表示することで会議出席依頼やレポート、グラフの側面します。

ガント バーにタスク名を追加する

停止する必要はありません。 ほぼすべてのユーザー名、タスクのコストをタスクの期間などのガント バーの隣にプロジェクト情報を追加することができます。 上、下にある、またはでも、バーの内部のテキストを追加することができます。

この例では、ガント バーの右側にタスク名を追加するための手順を示します。

  1. ガント チャート] ビューにいるときに書式設定_gtバーのスタイルを選択します。

    ヒント: 手早く作業したい場合は、ガント チャート ビューのチャート部分の内部で右クリックし、[バーのスタイル] をクリックします。

  2. [バーのスタイル] ボックスで、 [テキスト] をクリックします。
    ガント バーに文字列を追加する

  3. のラベルが付いた行では、「名前」フィールドをクリックします。

    プロジェクト管理のヒント プロジェクト開始をどのくらい後にしても間に合うか確かめるには、終了日からスケジュールします。 散在ことがなくのガント バーに、わかりやすくするため、視覚的な魅力を追加するには、サマリー タスクにのみタスク名を追加します。

    フローは、クリエイティブなジュース、ここなによってその他の作業を行うことができますが、ガント バーの外観を向上させるためにします。

目的

方法

特定のバーにテキストを追加します。

単一の横棒をダブルクリックします。 ボックスには、バーのテキスト] タブをクリックして、ガント バーの近くに表示するテキストの種類を選びます。

必ずバーをダブルクリックしていない場合は配列を周囲のスペースでダイアログ ボックスは表示されません。

バーにカスタム テキストを追加します。

Project のフィールドではない独自のテキストを追加するには、Text1、Text2、text3 など、ユーザー設定のテキスト フィールドに入力します。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×