ガント チャートにデータ ファイルからのフィールドのマップについて

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

ガント チャートの対応するフィールドをデータ ファイルからのフィールドにマップします。

列のマッピング

データ ファイル、Microsoft Office Visio プロジェクト スケジュールの用語でフィールド名の形式に対応するフィールドの名前のフィールド名が表示されます。

注: 次のフィールドが必要な: タスク番号 (必須では、このフィールドは表示されません図面で)、タスク名、開始日と終了日] または期間。

マッピングを変更します。

[列のマッピングで選択したフィールド名を割り当てる] ダイアログ ボックスを開きます。

列のプレビュー

最初の数行、データ ファイルのプレビューが表示されます。フィールド名と異なる場合は、見出しのバーで、列 [プレビュー ] ボックスのかっこで囲まれた対応付けられている列の名前が表示されます。

最初の行には、列見出しが含まれています。

選択されている場合は、データ ファイルの最初の行にデータの各列の見出しが含まれていることを指定します。

チェック ボックスが選択されていない場合、またはデータ ファイルに列見出しがない場合は、列 1、列 2] など、列見出しが表示されます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×