カーディナリティ表記 (IDEF1X、リレーショナル、クロウズ フット) を選択する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

この記事の内容

カーディナリティ表記を選択: IDEF1X、リレーショナル、クロウズ フット

IDEF1X、リレーショナル、クロウズ フット表記について

カーディナリティ表記 (IDEF1X、リレーショナル、クロウズ フット) を選択する

  1. [データベース] メニューの [オプション] をポイントして、[図面] をクリックします。

  2. IDEF1X またはリレーショナルの場合:

    • [全般] タブの [記号セット] で、[IDEF1X] または [リレーショナル] をクリックします。

  3. クロウズ フットの場合:

    • [リレーションシップ] タブの [表示] で、[クロウズ フット] チェック ボックスをオンにします。

  4. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

IDEF1X、リレーショナル、クロウズ フットの各表記法について

カーディナリティ (一対多など) を表現する方法には、さまざまな方法があります。[データベース モデル図] テンプレートには、最も一般的な表記法である IDEF1X およびリレーショナルの 2 種類の表記法用の図形が用意されています。新しいデータベース モデル図を開いた場合、既定ではリレーショナル表記法が選択されています。いずれの表記法も、テーブル図形およびリレーションシップ線の書式を変更することで、リレーションシップのプロパティを表現します。

これらの表記法だけでなく、このうちのいずれかと組み合わせてクロウズ フット表記法を使用することもできます。クロウズ フット表記法は、リレーションシップ線の端点のみを変更します。

IDEF1X 表記法

IDEF1X 表記法では、円 (塗りつぶし) はリレーションシップの外部キー側 (子テーブル) を表します。子テーブルに親テーブルが必要ない場合は、リレーションシップの親テーブル側は、塗りつぶされていないひし形になります。

非依存リレーションシップは破線で表され、依存リレーションシップは実線で表されます。

カーディナリティは、次のように表されます。

(空白)

1 対ゼロ以上

P

1 対 1 以上

Z

1 対ゼロまたは 1

"1"。

1 対 1 (ちょうど)

ダッシュで分けられた 2 つの数字

範囲

リレーショナル表記法

リレーショナル表記法では、実線の矢印の指す側が親テーブルを表します。

依存リレーションシップであるかどうかは、PK および FK が指定されている先頭行に外部キーがあるかどうかで示されます。

カーディナリティは、次のように表されます。

*

1 対ゼロ以上

1..*

1 対 1 以上

0..1

1 対ゼロまたは 1

"1"。

[1]

ダッシュで分けられた 2 つの数字

範囲

クロウズ フット表記法

クロウズ フット表記法では、リレーションシップのいずれかの側に指定できる標準の記号セットを使用して、親テーブルと選択肢を示します。

円 (塗りつぶしなし) とクロウズ フット

[0 またはそれ以上]

単一ハッチ記号とクロウズ フット

[1 またはそれ以上]

単一ハッチ記号と円 (塗りつぶしなし)

[0 または 1]

二重ハッチ記号

[1]

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×