カレント データベース カテゴリ (Access オプション)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

注: このタブのオプションはカレント (開いている) データベースにのみ適用されます。

[アプリケーション オプション]

  • [アプリケーション タイトル]    データベースの名前を入力します。この名前はタイトル バーに表示されます。

  • [アプリケーション アイコン]    ビットマップ (.bmp) またはアイコン (.ico) ファイルの名前を入力します。この画像はタイトル バーに表示されます。[参照] をクリックすると表示される [アイコンの参照] ダイアログ ボックスでイメージ ファイルを選択します。

  • [フォームとレポートのアイコンとして使用する]    アプリケーション アイコンを選択した場合に、このオプションを選択すると、現在開いているデータベースのフォームおよびレポートの上にあるタブにアイコンが表示されます。ドキュメント タブを無効にすると、アイコンはどこにも表示されません。

  • [フォームの表示]    データベースを起動すると自動的に開くフォームを設定、変更、または削除します。フォームが開かないようにするには、[(なし)] を選択します。指定したオプションを有効にするには、カレント データベースを閉じてから再度開く必要があります。

  • [ステータス バーを表示する]    Access ワークスペース下部のステータス バーの表示と非表示を切り替えます。指定したオプションを有効にするには、カレント データベースを閉じてから再度開く必要があります。

  • 文書ウィンドウのオプション   

    • [ウィンドウを重ねて表示する]    Microsoft Office Access 2007 で複数の画面を開き、表示することができます。ナビゲーション ウィンドウを非表示に設定し、このオプションを選択すると、"クラシックな" 表示になります。指定したオプションを有効にするには、カレント データベースを閉じてから再度開く必要があります。

    • [タブ付きドキュメント]    シングル ドキュメント インターフェイスを使用して、一度に 1 つのオブジェクトのみを表示することができます。この設定は既定で選択されています。指定したオプションを有効にするには、カレント データベースを閉じてから再度開く必要があります。

  • [ドキュメント タブを表示する]    開いているデータベース オブジェクトの上部に表示されるタブの表示と非表示を切り替えます。このオプションを無効にしても、タブが非表示になるだけで、タブ付きオブジェクトが閉じたり、"クラシックな" 表示になったりするわけではありません。指定したオプションを有効にするには、カレント データベースを閉じてから再度開く必要があります。

  • [ショートカット キーを有効にする]    次のショートカット キーを有効または無効にします。

キー

結果

F11

ナビゲーション ウィンドウの表示と非表示を切り替えます。

Ctrl + G

Visual Basic エディタでイミディエイト ウィンドウを表示します。

Alt + F11

Visual Basic エディタを起動します。

Ctrl + Break

Office Access 2007 プロジェクトの操作中にこの組み合わせでキーを押すと、サーバーからのレコードの取得が中止されます。

  • 指定したオプションを有効にするには、カレント データベースを閉じてから再度開く必要があります。

  • [閉じるときに最適化する]    データベースを閉じるときに自動的にデータベースを最適化および修正します。指定したオプションを有効にするには、カレント データベースを閉じてから再度開く必要があります。

  • [ファイルを保存するときにファイルのプロパティから個人情報を削除する]    ファイルを保存するときに、ファイル プロパティから自動的に個人情報を削除します。指定したオプションを有効にするには、カレント データベースを閉じてから再度開く必要があります。

  • [フォーム上のコントロールに Windows のテーマを使用する]    フォームおよびレポートのコントロールに Windows のテーマを使用します。このオプションの設定は、標準のテーマ以外の Windows のテーマを使用する場合にのみ適用されます。

  • [このデータベースのレイアウト ビューを使用可能にする]    Access のステータス バーおよびオブジェクトのタブを右クリックすると表示されるショートカット メニューの [レイアウト ビュー] ボタンの表示と非表示を切り替えます。レイアウト ビューは、データベース オブジェクト単位で無効にできるため、このオプションを有効にしても、レイアウト ビューが常に有効であるとは限りません。

  • [データシート ビューで、テーブルのデザインを変更可能にする]    データシート ビューでの作業中にテーブルのデザイン変更を可能にします。

  • [数値フィールドの文字切れをチェックする]    このオプションを有効にすると、列の幅が小さいために値全体を表示できないときに、数値が "#####" と表示されます。このオプションを無効にすると、列内に値の一部のみが表示されます。

  • Picture プロパティの保存形式]   

    • [元の画像形式を保持する (ファイル サイズが小さくなります)]    このオプションを選択すると、画像が元の形式で保存されます。このオプションは、データベース サイズを縮小する必要がある場合に選択します。

    • [すべての画像データをビットマップに変換する (Access 2003 またはそれ以前のバージョンとの互換性があります)]    このオプションを選択すると、元のイメージ ファイルのコピーが Windows ビットマップ形式またはデバイスに依存しないビットマップ形式で作成されます。このオプションは、Office Access 2003 またはそれ以前のバージョンで作成されたデータベース内の画像を表示する必要がある場合に選択します。

[ナビゲーション]

  • [ナビゲーション ウィンドウを表示する]    ナビゲーション ウィンドウの表示と非表示を切り替えます。誤ってウィンドウを非表示にしてしまった場合は、F11 を押すと表示できます。Access では、既定でデータベース ウィンドウが表示されなくなりました。指定したオプションを有効にするには、カレント データベースを閉じてから再度開く必要があります。

  • [ナビゲーション オプション]    [ナビゲーション オプション] ダイアログ ボックスを表示します。このダイアログ ボックスは、ナビゲーション ウィンドウに表示されるカテゴリとグループを変更するときに使用します。

    詳細については、 [ナビゲーション オプション] ダイアログ ボックスを使用して、ナビゲーション ウィンドウの概要」を参照してください。

[リボンとツールバーのオプション]

  • [リボン名]    カスタムのリボン グループの名前を一覧から選択します。指定したオプションを有効にするには、カレント データベースを閉じてから再度開く必要があります。

    注: リボンは、Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスの一部です。

  • [ショートカット メニュー バー]    ショートカット メニューの既定のメニュー バーを設定または変更します。指定したオプションを有効にするには、カレント データベースを閉じてから再度開く必要があります。

  • すべてのメニューを許可します。   このチェック ボックスをオフにすると、既定のリボン上のすべてのタブは以外は、[ホーム] タブに表示されません。また、のみデータベースを閉じる終了アクセスコマンドを利用 Office ボタンの画像Microsoft Office ボタンをクリックするとします。

    注: 

    • 指定した設定を有効にするには、カレント データベースを閉じてから再度開く必要があります。

    • 既定のリボンとMicrosoft Office ボタン Office ボタンの画像 コマンドを一時的に復元するには、データベースを閉じて、SHIFT キーを押しながらデータベースを閉じてください。この方法を使用すると、データベースを開く、返しますし、[カレント データベース] [リボンとツールバーのオプション] で、[すべてのメニューを許可する] チェック ボックスを選択するのには、Access のオプション] ダイアログ ボックスで、既定のリボンとMicrosoft Office ボタン Office ボタンの画像 コマンドを完全に復元できます。

      注: 

  • [既定のショートカット メニュー]    ナビゲーション ウィンドウのデータベース オブジェクトおよびフォームまたはレポートのコントロールを右クリックすると表示されるショートカット (ポップアップ) メニューの表示と非表示を切り替えます。指定したオプションを有効にするには、カレント データベースを閉じてから再度開く必要があります。

[名前の自動修正オプション]

  • [名前の自動修正情報をトラックする]    名前のエラーを修正するのに必要な情報が保存されます。ただし、[名前の自動修正を行う] を選択するまで、エラーは修正されません。指定したオプションを有効にするには、カレント データベースを閉じてから再度開く必要があります。

  • [名前の自動修正を行う]    名前のエラーが検出されるたびに修正されます。[名前の自動修正情報をトラックする] を選択したときにこのオプションを選択しなければ、このオプションを選択するまでエラー データが保存されます。指定したオプションを有効にするには、カレント データベースを閉じてから再度開く必要があります。

  • [名前の自動修正の変更を記録する]    名前のエラーを修正することによりデータベースに加えられた変更を記録します。データは "AutoCorrect.log" という名前のテーブルに保存されます。指定したオプションを有効にするには、カレント データベースを閉じてから再度開く必要があります。

[フィルタ ルックアップ オプション: <データベース名> データベース]

このセクションのオプションは、次の機能を制御します。

  • [フォーム フィルタ] ウィンドウに表示される任意のフィールドの値リストのサイズ

  • 現在開いているデータベース内のインデックス フィールドまたは非インデックス フィールドの値および外部ファイル内のリンク テーブルの値を表示できるかどうか

  • [フォーム フィルタ] を使用するときにフォーム内のコントロールに値リストを表示するかどうか

選択するオプションが多ければ多いほど、より多くの種類の値がフィルタ操作において使用されます。これらのオプションは、現在開いているデータベースにのみ適用されます。

  • リスト内の値を表示します。   

    • [ローカル インデックス フィールド]    [フォーム フィルタ] ウィンドウに表示される値リストにローカル インデックス フィールドの値を表示します。指定したオプションを有効にするには、カレント データベースを閉じてから再度開く必要があります。

    • [ローカル非インデックス フィールド]    [フォーム フィルタ] ウィンドウに表示される値リストにローカル非インデックス フィールドの値を表示します。指定したオプションを有効にするには、カレント データベースを閉じてから再度開く必要があります。

    • [ODBC フィールド]    ODBC 接続を使用してリンクしたテーブルの値を表示します。指定したオプションを有効にするには、カレント データベースを閉じてから再度開く必要があります。

  • [レコード数が次の値を超えるときは、リストを表示しない]    [フォーム フィルタ] での操作に使用する値リストを作成するときに読み取る最大レコード数を入力します。リストを完成させるのに必要なレコードの数がここで指定する数を超える場合、値リストは表示されません。フィールドにインデックスが設定されていない場合でも、すべての値リストには固有の値のみが表示されます。既定値は 1000 です。指定したオプションを有効にするには、カレント データベースを閉じてから再度開く必要があります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×