カテゴリ ページとカタログ アイテム ページを SharePoint の用語に割り当てる

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

始める前に

カテゴリ ページとカタログ アイテム ページを割り当てる前に、次の点を確認する必要があります。

カテゴリ ページとカタログ アイテム ページを用語に割り当てる

カテゴリ ページを用語に割り当てると、指定したページは用語の子にも割り当てられます。

重要:  カテゴリ ページとカタログ アイテム ページを用語に割り当てるのは、用語セットがカタログ コンテンツ用のタグ付け用語セットとして使われる場合に限定してください。

  1. 設定 [サイトの設定] の代わりになる小さな [設定] ギア からは、サイトの設定を選択します。

  2. [サイトの設定] ページの [サイトの管理] セクションで、[用語ストアの管理] をクリックします。

  3. [用語ストアの管理ツール] ページの [分類用語ストア] セクションで、カテゴリ ページとカタログ アイテム ページを割り当てる用語を選びます。

  4. [用語駆動型ページ] のタブを選びます。

  5. カテゴリ ページを用語に割り当てるには、[ターゲット ページの設定] セクションで、[この用語のターゲット ページを変更する] チェック ボックスをオンにして、割り当てるカテゴリ ページの URL を入力します。 または、[参照] をクリックして、用語に割り当てるカテゴリ ページを選ぶこともできます。

  6. カテゴリ ページを用語の子に割り当てるには、[この用語の子のターゲット ページを変更する] チェック ボックスをオンにして、割り当てるカテゴリ ページの URL を入力します。 または、[参照] をクリックして、用語の子に割り当てるカテゴリ ページを選ぶこともできます。

  7. 現在の用語でタグ付けされているカタログ アイテムのカタログ アイテム ページを割り当てるには、[このカテゴリのカタログ アイテム ページを変更する] チェック ボックスをオンにして、割り当てるカタログ アイテム ページの URL を入力します。 または、[参照] をクリックして、用語でタグ付けされているカタログ アイテムに割り当てるカタログ アイテム ページを選ぶこともできます。

  8. 現在の用語の子でタグ付けされているカタログ アイテムのカタログ アイテム ページを割り当てるには、[このカテゴリの子のカタログ アイテム ページを変更する] チェック ボックスをオンにして、割り当てるカタログ アイテム ページの URL を入力します。 または、[参照] をクリックして、割り当てるカタログ アイテム ページを選ぶこともできます。

ページの先頭へ

カテゴリ ページとカタログ アイテム ページについて

カテゴリ ページとカタログ アイテム ページは、サイトで一貫した方法でカタログ コンテンツを表示できるページ レイアウトです。 この 2 つのページを使うと、サイトで一貫した方法で表示するコンテンツごとに数多くのページを作成する必要がなくなります。

たとえば、電子デバイスを販売する Web サイトを運営しているとします。 MP3 プレーヤーのカテゴリを表示するページのレイアウト構造は、カメラのカテゴリを表示するページのレイアウト構造と一貫性を持っている必要があります。 したがって、MP3 プレーヤーのカテゴリを表示するページとカメラのカテゴリを表示するページを個別に作成する代わりに、1 つのカテゴリ ページを作成して、両方の製品グループのコンテンツを表示できます。

次に、1 つのカテゴリ ページを使って 2 つの異なる製品カテゴリを表示する方法の例を示します。

カテゴリ ページの例

同様に、MP3 プレーヤーの詳細を表示するページのレイアウト構造は、カメラの詳細を表示するページのレイアウト構造と一貫性を持っている必要があります。 アイテムごとに 1 つのページを作成する代わりに、カタログ アイテム ページを作成して、各アイテムのコンテンツを表示できます。

次に、1 つのカタログ アイテム ページを使って 2 つの異なる製品を表示する方法の例を示します。

カタログ アイテム ページの例

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×